フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2018 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
「白人」への偏見を助長でマッ..
at 2018-03-19 09:28
性暴力の根絶に向けて 北海道..
at 2018-03-18 09:52
教育現場へ不当介入か 道教委..
at 2018-03-17 08:53
外国の模倣でない札幌らしい”..
at 2018-02-23 09:42
外見ばかりではなく意識の高さ..
at 2018-02-19 10:29
フランス女性から学びたいクリ..
at 2018-02-17 09:12
福島県大熊町の復興についての..
at 2017-12-15 18:03
こんな国際恋愛も…という話を..
at 2017-12-08 09:23
福島県大熊町の復興についての..
at 2017-10-24 20:00
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


タグ:原発 ( 110 ) タグの人気記事

アレバは日本で大儲け(カナール・アンシェネの記事より)

フランスの週刊紙『カナール・アンシェネ』の原発特集号(2011年10月)に掲載された記事です。
タイトルは、「Areva a de gros sushis」。
アレバは大きな寿司を手に入れた…といったところですが、フランス語の「souci(心配)」にひっかけてる?

アレバは親切である。
100万ユーロを緊急支援として赤十字に寄付した。毛布6870枚、防護マスク972000個、ポンプ10台、発電装置5台、コンプレッサー5台、そして、フルーツ缶詰1万個、ミネラルウォーター10万ボトル…。
福島原発事故の翌日、世界トップの原子力企業が、偉大なやり方を誇示し、それを全世界に知らしめた…。
しかし、それらは微々たるものである。
なぜなら、事故当日、福島第一原発4号機の停止作業をしていたアレバの18人の技術者は、地震の発生でウサギのようにあわてて逃げ出したからだ。
日本人が耐えていたのに、フランス人はいち早く引き上げた。
「帰国することになったので、彼らの任務期間が短縮された」とアレバグループの広報は正当化しようとする。
その一方で、アレバ社の約20人の海外赴任正社員の一部は、日本にとどまった。とにかく、我々は、福島第一原発にたまった汚染水の浄化計画に参加するために、フランスから専門家を現地に送った。
結局、原発施設にあふれている、人間が立ち入るのを阻止する非常に高い放射能汚染水の浄化のために、アレバは2ヶ月間、福島第一原発で作業を行った。
連帯の素晴らしい発展が、そこにはまだあるか? 
「そういうわけではない」と、ガイガーカウンターを手に、一時期滞在して活動した、日本を熟知している物理学者でACRO代表のダヴィッド・ボワレイは攻撃する。
「アレバが整備した処置によって、日本人は1リットル210円(1.83ユーロ)負担することになる。1トンは1000リットルで、処置すべき汚染水は12万トンあることを考えてみてください。一方にとっての不幸は一方にとっての幸運だということがわかる。この工場がフル回転で機能(この夏はそのケースではなかった)したら、アレバは合計で2億ユーロ以上を稼ぐことになる。連帯は寄付ではない」
フランスの原子力グループ・アレバが、世界4位の顧客である日本で操業して40年以上がたつ。日本は54基の原子炉を保有している(フランスとほぼ同数)。金の卵を産む鶏は、アレバに過去毎年6億5千万ユーロの売り上げをもたらしていた。
日本には、アンヌ・ローヴェルジョンによって設立されたグループが、あらゆる段階で存在する。原子炉サービス供給(メンテナンス、設備、エンジニアリング)、原発を運営する地方の電力会社の資本参加、平均出力の原子炉の建設のための強力(新興国によって盛んに行われている)。
アレバはまた、2つの製造施設を運営している。ひとつは、東海村に位置し、原子力燃料の設計、製造、開発、商品化を専門とし、三菱重工の2つの子会社との業務提携の成果である。もうひとつは、六ヶ所村で、使用済み核燃料の取り扱いにかかわる。この六ヶ所村は、このグループが世界に売って成功した唯一の工場である。
世界中のあちこちに、核廃棄物は原子炉の横に貯蔵してある。日本だけが、フランスのやり方に追随してきている。建築は日本製だが、操縦するのはアレバだ。工場のプランはこのグループによって売られ、日本人はフランス人から教育を受ける(そしてラ・アーグに研修させられる)。まったくの技術の移転であり、技術アシスタントと操縦契約の賜物である。
しかし、2008年に稼動開始予定の工場は、つねに動いているわけではない。その結果、日本人は再処理のために、ラ・アーグに向けて使用済み核廃棄物を船で運びつづけている。ここでもアレバが儲けている。なぜなら、フランス電力公社につづき、日本は使用済み核燃料の再処理において、2番目の顧客だからだ。
非常に収益性のいい市場は他にもある。アレバは、日本の16~18基の原子炉用に、MOX(プラトニウム8.5%と劣化ウラン91.5%を含む再処理燃料)の契約を電力会社8社(九州、四国、中部、中国、関西、東京、電源開発)と結んだ。MOX燃料は、この燃料製造の世界的リーダーであるマルクール(ガール県)のメロックス工場で製造されている。福島第一原発事故の4基の原子炉のうち、3号機(東京電力)は炉心がメルトダウンしたが、MOX燃料を使用していたため、プルトニウムとウランの汚染排出物が投げ捨てられた。
「自慢すべきものがある。日本の原子力発電所周辺の農地には、小さなフランス国旗とともにベクレルが存在する」と物理学者のレイモン・スネは皮肉る。
2008年4月、フランスのフランソワ・フィロン首相は、六ヶ所村の再処理工場を訪問した。2010年7月には、アレバの資本への3%参加を三菱重工グループ(2230万ユーロの売り上げ)に促す目的で東京を訪れた…。
そして、津波の3週間後、サルコジ大統領は、地元住民を励ますために、東京を往復し、次のように宣言した。「たったひとつのことに影響されて早まった選択をするべきときではない。冷静さが欠如している」
日本の電力会社はMOXの輸入を延期するなか、三菱は、アレバとの資本提携の議論という同じく早まった選択を凍結するのか?
「福島第一原発事故は、アレバと日本の顧客とのビジネス上の合意を再疑問視するものではないが、契約は調整する方向だ」とグループの広報担当者は過小評価する。「我々の顧客は、我々を信頼している。アレバは日本の顧客に、彼らが必要とする核燃料サイクルの全体的なサービスを供給し続けると理解している」
しかし、75%の施設が停止しており、核燃料の必要性は明らかに減少している。


[PR]
by k_nikoniko | 2013-11-03 08:46 | 原発・核

ドキュメンタリー映画「霧の向こう Yonaoshi 3.11」

ケイコ・クルディ監督のドキュメンタリー映画「霧の向こう Yonaoshi3.11」を観る。ウェブ・ドキュメンタリー(というのがフランスで流行っているらしい)を1時間半にまとめた作品。
ストーリーテリングというか、ロングインタビューが中心なので、ウェブ・ドキュメンタリーのほうが見ごたえあるかも。
ディスカッションは興味深かった。印象に残ったのは、「原発は事故直後、ハリウッド映画のような深刻さだったのに、いまではコジラみたいなB級映画みたいになっている。これではいけない」というクレディ監督の言葉。
確かに最近はギャグタッチな出来事が多く、B級的な傾向がありますね。
だから、フランスで風刺の対象にされるのか…。...
ちゃんと考えよう。
f0016260_14212033.jpg

クルディ監督の話で、もうひとつ印象的だったのは、菅直人元首相のインタビューに関して。
「フランスの政治家だったら、ありえない。さすが日本だな、と思った」と。
インタビューで、「政治家を信じてはいけない。国民が自分で行動することが大切」と述べてます。私も驚き!





[PR]
by k_nikoniko | 2013-10-24 14:19 | 原発・核

正義の味方が汚染水を「ブロック」?!

汚染水を「ブロック」という言葉で、昔の怪獣テレビを思い出した。正義の味方は、ブロックやバリアで私たち人間を悪者から守ってくれるのだ。
ウルトラ兄弟やマグマ大使や鉄人28号やマジンガーZらが結集して、地球上の原発を根こそぎ持って行ってくれないかな。
でも、他の惑星を汚すわけにいかないから、彼らも困ってしまうだろう。
地上だったら、仮面ライダーやキカイダーやガッチャマンやヤッターマンが、原発ムラの悪い奴らをこてんぱんにやっつけてくれるだろうか。
なんてわけにはいかないですね。テレビのヒーローなど現実には存在しない。 私たち人間が地球を守るしかないのです。...
原発事故や放射能汚染がフィクションであれば、どんなにいいか…。



[PR]
by k_nikoniko | 2013-09-29 13:27 | 原発・核

柏崎刈羽原発ができるころ…

高校時代、新潟県で過ごした。高校は柏崎までは電車で1時間ぐらい。中越地震のときは避難所になった。
高校3年のある日、政治経済の授業(1時間めだったと思う)がはじまってすぐ、先生が、「僕はいま、柏崎の原発反対の座り込みから戻って来たばかり…」とやや興奮気味にしゃべりだした。
ノンポリ不真面目な高校生の私は、「なんだこの先生…」と冷ややかに見てた。「運動してる先生なんて、イヤかも」とも思った。
話の内容はほとんど覚えていないけど、「柏崎、原発、反対運動」はしっかりインプットされた。
その後、事故が起こるたびに、あのときを思い出し、無関心だったことを後悔する。



[PR]
by k_nikoniko | 2013-09-28 13:25 | 原発・核

亀戸中央公園で「さようなら原発」集会

本日、亀戸中央公園で「さようなら原発」集会。9000人が参加。
出店もにぎわい、お祭りっぽく楽しかったです。
大江健三郎さんのお話、回を重ねるごとに面白くなってます。
集会後は2コースに分かれてパレード。押上までのコースに同行。
商店街の人が沿道に出て、笑顔で会釈したり、「がんばって!」と声をかけてくださったり。...
いつもと違う、ほのぼの気持ちのいいデモでした。下町っていいね。
f0016260_13190386.jpg
f0016260_13191445.jpg
f0016260_13192258.jpg
f0016260_13193141.jpg

[PR]
by k_nikoniko | 2013-09-14 13:17 | デモ日記

福島の桃がうらめしい

福島から上京した知人と久しぶりに一杯。「事故がなかったら会わなかったね」としみじみ。知り合ってかれこれ2年ちょっと。被ばくや放射能を酒の肴にするのは、もう慣れっこになってしまった。
「夫も息子も、桃を食べて生きてるのか、というほど大好物だったけど、福島の桃が食べられなくなった」と彼女は寂しげな表情でぽつり。
2011年6月、初めて福島に行ったとき、紙袋をかけられた桃の小さな実を見て、切なかった。
桃は邪気を払う力があるといわれいるのに、福島の事故以来、桃がうらめしい。



[PR]
by k_nikoniko | 2013-09-02 10:05 | 原発・核

さようなら原発講演会

今日、日比谷公会堂で「さようなら原発講演会」に参加。盛りだくさんの内容でした。
落合恵子さん、「この会場を一歩出て、銀座でショッピングしている人に声をかけましょう」と閉会のあいさつ。
本当にそう思う。でも、そういう友人を、「デモに行こうよ」と誘えないでいる…。

f0016260_10000072.jpg


[PR]
by k_nikoniko | 2013-09-01 23:58 | 原発・核

フランスの脱線事故と放射性物質の輸送

フランスでは、放射性物質を国有鉄道で輸送している。
放射性物質を積んだ列車が事故を起こせば、原発のない場所がたちまち、チェルノブイリや福島第一のようになる。
いつどのルートで輸送されるのか、鉄道職員は直前まで知らされないそうだ。
被ばくも問題になっている。
鉄道職員の怒りはこちらで。

フランスの原子力から考える<放射性物質の輸送・放射性廃棄物>
[PR]
by k_nikoniko | 2013-07-14 08:22 | 原発・核

フランスのドキュメンタリー『フクシマ後の世界(仮邦題)』

今年3月にフランスで放映されたドキュメンタリー「フクシマ後の世界(仮邦題)」。
監督はワタナベ・ケンイチさん。
坂本龍一さん、菅直人さん、小熊英二さん、山本太郎さんなどのインタビュー、福島の方たちの証言、デモや昨年7月16日の集会の様子などを紹介。
1955年に東京・日比谷公園で開催された「原子力平和利用博覧会」の映像も。こんなの初めて観た。
日本語の部分も多いです。...
映像が美しく、それが悲しい。




[PR]
by k_nikoniko | 2013-06-12 22:40 | 原発・核

流山児★事務所の「アトミック☆ストリーム」

流山児★事務所の新作ミュージカル「アトミック☆ストリーム」を観た。
フクシマ事故から数十年後の日本、原発は99基建てられ、使用済み核廃棄物は月に運ばれ、脱原発派は希少生物となり、人々は放射能汚染など気にせず、何もなかったように暮らす。しかし……。
20年以上前の脚本を佃典彦さんが全面改稿し、中屋敷法仁さんが風刺たっぷりポップに演出した、小劇場の社会派ミュージカル。
脱原発の訴え方として、こういうのがいいね!
6月16日まで、座・高円寺にて。
f0016260_10271489.jpg

[PR]
by k_nikoniko | 2013-06-04 10:29 | カルチャー