フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2018 Kayoko Kimura
by k_nikoniko


タグ:マスコミ ( 1 ) タグの人気記事

フランスでメディアは信頼されていない

日本のメディアの信頼度は75%、と今日の朝刊に掲載されていました。
フランスの信頼度は5割ほど。フランス人は、既存のメディアをあまり信用していません。

カトリック系新聞ラクロワが昨年1月に行った「メディア信頼度」調査によると、新聞・雑誌で報道されるニュースについて、「事実を伝えている、ほぼ事実を伝えている」と答えたのは55%。「事実をゆがめている、事実ではないことを伝えている」が40%でした。

昨年11月、フランスのジャーナリストと話す機会があり、みんな口を揃えて、「マスメディアは信頼されていない」と嘆いていました。
フランスのメディアの状況は、日本とほとんどかわりません。
フランス人は、「フランスのメディアは最低・最悪だ」と言いますが、それよりもっと最低・最悪な国もある…と思う。

フランスは最悪の状況なのらしいのですが、そこから脱却しようと、新しいメディアを立ち上げる動きが加速していました。
私が会ったのも、そうした新しいメディアを設立した人たちで、経営的には苦労もあるとのことでしたが、とても楽しそうでした。
正直、うらやましかった。

既存の新聞・雑誌は明らかに売り上げを落としているのですが、「自分の知りたいこと、面白いものは読みたい」という人はたくさんいて、新しいメディアは、そうした人たちの支持を集めているようです。
そして、影響力のあるメディアに成長しているようなのです。

札幌という狭い範囲での話しですが、ここに暮らしていて不思議なことがあります。
さんざんマスコミを批判しておきながら、自分たちが取り上げられると、ものすごく喜ぶところ。
取り上げられ方はさておき、とにかく、大手メディアに出ることを誇りに感じているような。
市民活動家にもその傾向が見られて、唖然とさせられたりします。

フランス人は痛烈で、たとえ大手メディアであっても、「くだらない」とみなしたら、読まないし、観ないし、買わない。
メディアリテラシーのワークショップも頻繁に行われているようで、メディアをよく分析し、批判も具体的で説得力があります。

フランスの「新しいメディア」に刺激を受けて、ちょっと明るい気持ちだったのですが、最近はまた悲観的。
日本ではまだしばらく、何の変化も起きないだろうなぁ。

以下、フランスのメディア信頼度について。

More
[PR]
by k_nikoniko | 2011-01-23 13:36 | メディア