フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2018 Kayoko Kimura
by k_nikoniko


「黄色いベスト」高齢者介護施設の組合が賃上げを求め政府に警告

フランスの高齢者介護士の組合は要求の回答がなければストを打つ、と政府に警告しました。
邦訳が届いたので、アップします。

「一触即発の状態」に対して緊急措置を取るよう、介護士組合が合同で政府に警告した。

高齢者介護士合同組合連合(CFDT, CFE-CGC, CFTC, CGT, FA, FO, FSU, Solidaires, UFAS, UNS)および高齢者介護責任者管理協会は、「国家から無視された」と12月20日の記者会見で訴えた。全国7300の老人ホームで働く介護士を束ねる組合代表が大統領に接見要請をしたが拒否されたという。

「2017年10月からマクロン氏に3通の手紙を出した。11月28日、大統領府の名前で回答が来たが、『状況に注意している。協議中だ』とだけ書いてあった」。昨年5月末になされた未曾有のデモの後、2019年から2020年にかけて3億6千万ユーロの追加予算を与えるという発表があった。およそ10の組合組織は、この措置を不十分だとし、数千人の雇用を創出するとともに、即時賃上げの「緊急措置」を要求した。

「1月初めから集会を重ね、関係者の要求を整理し、その結果を1月31日に大統領府に通告する」と組合代表は述べる。具体的な回答がなければ、ストライキを打つと脅す。フランス全国の老人ホーム関係者(介護士と所長)の3分の1が行った昨年12月30日のストから数えてちょうど1年の節目に当たる日を、大統領の回答期限日に設定した。

昨年のストライキから約1年経ったが、状況は変わっていない。彼らの怒りも衰えない。「我々は倫理的問題に苦しんでいる。このような悪い条件で働かされる中、老人への暴力をどうしたら避けられると言うのか」と問いかける。結果、病欠する介護士数の急激な上昇、半分以上で代替が利かない状況、見捨てられたという抜き差し難い感情が職場を支配する。40パーセントの老人ホームは医師不在の状態に置かれていると言う。


by k_nikoniko | 2018-12-21 09:17 | フランス
「黄色いベスト」警官の怒りを鎮... >>