フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2018 Kayoko Kimura
by k_nikoniko


サッカー狂のイギリス人たち

f0016260_19595992.jpg今日のイギリス人は、夜8時に始まるスウェーデン戦に備えてスケジュールを組んでいたようです。
前回の試合は17時スタートだったため、午後3時にはすでにラッシュアワーになり、地下鉄の職員もテレビを観たいのか、地下鉄の本数もぐっと少なくなっていたそうです。
もちろん21日も、サッカー中継を観戦するために仕事を早めに切り上げた人が多かったようです。
f0016260_1959118.jpg19時ごろに地下鉄に乗ったら、人々が小走りで帰路に向かっていました。
夕方のパブはあふれるほどの人で、ビール片手にすでに準備OKな状態。
f0016260_1958579.jpgイギリスは1位通過をしましたが、試合内容には満足できなかったらしく、友人は「ディフェンスが悪すぎる」と超不機嫌。声をかけるのも遠慮してしまうぐらいの剣幕でした。
イギリス人はサッカーの話になると真剣そのもので、「そこまで熱くならなくても……」とこちらが引いてしまうほどです。
サポーターの目は肥えていて、文句を言いたくなるのもわかります。
サッカー解説はお国柄が表れるのですが、イギリスの場合は、本格的な分析型。
背広とネクタイ姿の真面目なおじ様たちが、政治討論会でもしているかのごとく議論します。
それに比べ、フランスはかなりくだけていて、ナメた感じ。
イギリスに来たら、なんとなくイングランドを応援してしまいましたが、実のところ、23日のフランス戦のほうが心配です。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-06-21 20:03 | サッカー
<< 接客業はロンドンの勝ち ユーロスターに乗って >>