フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2018 Kayoko Kimura
by k_nikoniko


フランス女性が選ぶW杯イケメン・チーム

エルの2006年6月5日号で、女性ジャーナリストが選んだイケメン選手が発表されました。
11選手とベンイチ入り4人が紹介されています。見事ベンチ入りした日本選手は、中澤佑二選手でした。

メンバー
アンリ(フランス):理由は、「あだ名がアナコンダだから? 蛇が好きだから? 控え室で他の選手にコンプレックスを与えるから……」だって。
カカ(ブラジル):ソフトな髪と白い歯が女心をくすぐる。でも、子供たちは彼の苗字(カカ・幼児言葉で便のこと)で笑うけど。
エインセ(アルゼンチン)
トッティ(イタリア)
バラック(ドイツ):昼ドラ「サンタ・バーバラ」のクルーズに似てるから
ジダン(フランス)
ファン・ニステルローイ(オランダ):ピレス(フランス)に似てる、いや、JFケネディJrっぽいから
ドログバ(コートジボワール)
モリエンテス(スペイン)
オーエン(イングランド)
チェフ(チェコ)

ベンチ
ベッカム(イングランド)
ドラソー(フランス):出場すると警告が多いので、ベンチにいたほうがよい
中澤佑二(日本):「カワイイ」けど、髪型がいつも安定しない
マルケス(メキシコ)

ロナウジーニョが落ちた理由は、“歯並び”に問題があるからだそうです。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-06-09 18:31 | サッカー
<< 男と女の溝は広がるばかり パリからの報告・初日 >>