フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2018 Kayoko Kimura
by k_nikoniko


フランス科学者4人の「原発を擁護する理由」

2011年7月22日のメディアパルトの記事です。

善悪二元論で反対派をたたくのではなく、脱原発派と原発推進派の本質的な議論を展開するのを目的に、今回はフランスの原発推進派4人をインタビューしています。

インタビューした相手は有名な研究者ですが、原子力産業の経営陣といった原子力勢力ではなく、フランス電力公社やアレバの代弁者でもありません。ただ、職歴からもわかるように、原子力業界となんらかの関係を持っています。

カトリーヌ・セザルスキー:世界的に著名な天文物理学者、フランス科学アカデミーのメンバー。2009年よりエネルギー長官。原子力エネルギー庁(CEA)で天文物理と物質科学管理の責任者。現在のポストでは決定権は持たないが、政府のアドバイザーとしての機能を果している。

セバスチャン・バリバール:パリ高級師範学校の統計物理研究所に所属するフランス国立科学研究センターの研究所所長。科学アカデミーのメンバー。温暖化ガス排出減少に向けた原子力開発を推進する「Sauvons le climat」加入。

エドゥアール・ブレザン:物理学者、技術者。1963~1989年は原子力エネルギー庁勤務。1986~1991年は高等師範学校の物理部門の責任者。フランス国立化学研究センター理事長の後、科学アカデミー理事長。科学アカデミーでは、フクシマ第一原発事故担当責任者。

クリスチャン・シモン:化学者。ピエール&マリー・キュリー大学学部助教授。次世代原子炉に使用する「溶解塩」に関する研究をしている。この「溶解塩」は太陽熱集熱器やバッテリーの電解液のようにも使用できる。

1.なぜ原子力エネルギーはいまでも必要か

セバスチャン・バリバール:世界的な地球温暖化の現状では、二酸化炭素を排出しないエネルギーを見出さなければならない。地理的地域によって状況は異なるが、先進国では、太陽や風力エネルギーが原子力に取って代わる可能性はない思う。電力は大量に貯蓄できない。脱原発のドイツの選択は、ガスと石炭の消費を増やすことになるだろう。ドイツ政府はつい最近それを告白した。すべての原発を無炭素エネルギーに代えるのは、恐るべき挑戦ともいえ、10年の間に実現するとは思わない。ドイツはフランスより1人当りの二酸化炭素排出量が1.5~2倍多く(2007年でフランスの6トン/㎥に対し、ドイツは9.6トン/㎥)、さらに悪化するだろう。

エドゥアール・ブレザン:経済学者は、エネルギーの需要が2050年には2倍になると言っている。同時に、2050年までに、地球の温度を2℃以上上昇させないという目標を達成するには、世界で温暖化ガスの排出量を半分にしなければならない。排出量を半分にして消費が2倍になるというのは、恐ろしい方程式だ! 目標達成のためにはあらゆるエネルギーが必要になる。再生可能エネルギーはもちろんだが、原子力も必要だ。

カトリーヌ・セザルスキー:天文物理学と同じく、私は地球を全体として見ており、世界規模で未来を非常に重要視している。各地の気候変動の正確な影響を予測することはできなくとも、二酸化炭素排出を減らすことが最も重要だと考える。石油の時代はもうすぐ終わる。いつか? それは代替エネルギーの発展の仕方による。現在の速度でいけば、「低価格の」石油は25~30年後に終了する。石炭の埋蔵量は莫大だが、それを使用すると二酸化炭素の大量の排出を伴う。石油とガスの地政学的緊張と、気候温暖化の事実から、化石燃料以外の資源を探す必要性が問題になってくる。太陽熱、風力、バイオマス、海洋エネルギーなど、いろいろ期待できるが、どんな場合でも、原発を止めることはできないと思う。そうするのは適当ではない。ノルウェーとオーストリアは、水力発電で多く生産する可能性があり、隣国との送電も活発だ。これらの国では原子力がなくてもよい(しかし、オーストリアは原発を有する隣国から電力の一部を購入している)。フランスの状況は同じではない。フランスは長い間、最も望ましい方法で、水力発電を運営してきた。原発はその後、火力とバランスを保ちながら、成果を上げてきた。

2.原発施設はどこにでも建設していいのか

エドゥアール・ブレザン:どこでもいいのではなく、政治的に安定している国に建設すべきである。2010年にフランス政府がやろうとしていたが、カダフィの統治するリビアに原発施設を売ってはいけない。それから、エンジニアや技術者の教育が行き届いた企業の存在する国でもあるべきだ。これらの条件が満たされたときに、原発の稼動が優位になる。ドイツとイタリアはこの選択権を手放すという失敗を犯したと思う。

セバスチャン・バリバール:原発は先進国と、中国やインド、ブラジルのような新興国に向いている。それらの国は、必要な技術レベルを有し、安全性の問題に協力できる。こうした条件により、化石燃料は発展途上の国々が活用するよう保存できる。

カトリーヌ・セザルスキー:原発は世界規模の二酸化炭素の問題を解決しない。それぞれの国が、自身の資源と工業発展に応じてエネルギーの選択をする。山岳地帯の国(スイス、ノルウェー、チリ、オーストリア)は水力発電が重要な位置を占める。太陽光線が強い(「サンベルト」)の国々は、太陽熱集熱器などを最大限に活用できるかもしれない。中国の電力需要は非常に多く、あらゆる方面で重大な発達をしている。アメリカは、エネルギーの独立を確実にするために最も安価な方法を選ぶだろう。それが天然ガスである危険性がある。アメリカでは、無炭素エネルギーでなくてはならないという意識があまり強くない。



3.地球規模の現象である気候の脅威は、いくつかの国、地域で発展しただけの原発に、有利な決定的議論として、どのように利用されるのか? 

カトリーヌ・セザルスキー:気候変動の議論は、エネルギーの節約や無炭素エネルギーを研究するうえで重要だ。無炭素エネルギーについては、各国が知識や資源に応じて適切な解決策を探求している。フランスでは、原発がその有効な答えである。我々は原子力にすべてを頼っているのではない。気候変動の最悪の危機を避けるという、国際エネルギー機関の「450ppm」シナリオは、40%を無炭素エネルギーで供給すると予測している。バイオマスが40%、原子力が30%、水力発電が9%、その他の再生可能エネルギーが21%である。フランスでは、2020年までに23%を再生可能エネルギーにしなければならない。そのシナリオがどうであれ、フランスでは、原発での電力生産量の割合を現在より減少させる方針に向いそうだ。とはいえ、たくさんの道が存在し、実際に何によって電力を生産できるのかは明言できない。

4.エネルギーの節約と再生可能エネルギーで原発全部を代替できるか?

カトリーヌ・セザルスキー:消費量を劇的に減少できるのは確かだ。現在の消費量は、以前の予測を下回っており、我々はすでに節約を実行している。産業界は多大な努力をしている。しかし、エネルギーの節約ですべての原発を止めることはできない。

セバスチャン・バリバール:エネルギーの節約は欠かせないと思う。昔の暮らしの優れた断熱計画には賛成だ。しかし、この方法は限りがある。エネルギーの節約に変わるものとして、原発施設の随時停止を計画する「ネガワット」の描くシナリオは、ユートピアのように思える。原発は危険がないわけではない。なしですますほうがいいと思うが、戦時中のエネルギー消費量にまで下げる以外は不可能だと思う。さらに、エネルギーの節約以外にも、炭素排出量減少のためのあらゆる手段を追求し、「二酸化炭素の節約」をしなければならない。電気を利用した公共交通(電車、路面電車など)を発達させなければならない。

クリスチャン・シモン:原子力はつねに再生可能エネルギーと相反すべきなのか? 原子力を保持しながら再生可能エネルギーを発達させることができる。原発推進派の大多数が、もっと適した代替エネルギーがたくさんあることを考えている。すべての車を電気で走らせようとしても、ダンプカーやトラクター、飛行機をみても、同様に製造すのは不可能だ。原子力を利用しない交通手段がつねに存在している。燃料を気化するバイオマスへの加工は重要な役割を果たす。その一方で、再生可能エネルギーはフランスの安心した電力消費には不十分だ。

5.欧州型加圧原子炉の失敗にみるように、工事がどんどん長引いているが、それでも、新規原発施設の建設は気候変動の緊急性に応えることができるのか?

クリスチャン・シモン:私の知る限り、欧州型加圧原子炉の建設の遅れは、技術的障害が理由ではない。フランスは15-20年間新しい原子炉を造っていなかった。この遅れは、建設にかかわる規制と労働権が進化したことに起因する。建築業界の規制はより厳しくなった。管理システムが増えたのが、欧州型加圧原子炉の遅れに関係しており、原子力技術の問題ではない。とにかく、再生可能エネルギーは原子力よりも先には進まない! 欧州型加圧原子炉の建設より、ソーラーシステムの屋根のほうが早く設置できるが、原子炉と同じ量を生産するにはいくつの屋根が必要だろう? しかし、原発を選択する第一の動機は、二酸化炭素の排出を減らすことではない。他の解決策がないというだけである。その解決策が気候を正常な方向に導くと見出したのである。

6.人的な総合的結末は言うまでもなく、チェルノブイリやフクシマのような事故の経済的損失は莫大である。それが原発の危険性を受け入れることのできないとして十分ではないのか?

エドゥアール・ブレザン:事故が100km圏内を使用不可能にしてしまうとしたら、それは非常に高くつく。それがフランスで起きないとは言わない。しかし、危険性は低い、と私は感じている。フランスでは、日本の3.11ほど悲劇的な自然災害はない。日本でえ、原発事故の大惨事の原因は津波であり、地震ではない。我々の国では、アメリカでもそうだが、長い間、大規模な事故もなく稼動している。あらゆる産業にはリスクがつきものだ。火力発電では年間1万人が亡くなっている。フランスの原子力安全は機能しており、周辺環境への放射性物質の漏れに備えている。こうした条件下で、市民、人間、父親などとして、私は原発の危険性を引き受ける準備ができている。

7.原発は民間企業が運営するべきか?

セバスチャン・バリバール:公共の領域を増やすべきだ。福島第一原発の事故は、予想以上に安全性が重要であることを示した。安全性は優先のなかでも最優先になった。つねに安全が保証されていたはずだが、福島のケースはそうではなかった。優先するということは、利益を上げることではない。それゆえ、原子力エネルギーの運営は公共サービスにしなければならない。民間企業に託すことはできない。アブダビに「安価な」韓国の原発施設を売るという経済競争は、問題を提起する。原子力の安全性の問題は世界規模になっている。

8.限られた結果の事故でさえ、原発企業へは重大な影響をもたらすだろう。アメリカでは、スリーマイルス事故後、原発施設を再建していない。原子力は、経済的な不確かさを非常に多く内包しているのではないか?

カトリーヌ・セザルスキー:こうした信用のなさは、原子力に限られたものではない。地球規模で、状況は大きく推移し、非常に変化している。石油価格もまた、大高騰するだろう。原子力に関しては、費用の監査が最近会計検査院で確認された。どういう結果にいたったのか見てみよう。フランスは現在、原子力に多大な投資をし、儲けもある。原発反対者のなかには、解体費用が含まれていないと抗議する人もいる。実際に予測され、会計検査院はそれが十分であると言うことができるだろう。フランスは素晴らしい評価、他国に販売できるほど優秀な原子力産業のノウハウを発達させてきた。ガスはロシアに頼っており、石油は地政学的に不安定な国に頼っている。フランスがエネルギーで独立できるのは、原子力があるからだ。それを捨ててしまうのは、もったいない。非常に変化の激しいエネルギー情勢のなか、フランスは強い意思と多大な成功とともに原子力を進めてきたのであり、長期的な一貫した計画を備えている。

9.フランス原子力庁が、「第4世代」と言われる原子炉計画の研究をしているのはなぜか?

セバスチャン・バリバール:原子炉の第1世代は現在使用されていない。第2世代の原子炉は現在も稼動しているが、使用済みウランの80%を消費するため、これ以上先に進むことはできないだろう。第3世代は、欧州型加圧原子炉で、第2世代より確実だが、同じようにウランを消費する。第4次世代は、ウランの使用可能なエネルギーすべてを使うこと、原子炉が生産した高レベル放射性廃棄物のほとんどすべてを燃料に変換することを目的の一つにしている。この第4次世代へ移らなければ、数世紀の将来はない。たくさんの方法があるが、フランスで最も進んでいるのが、熱交換器としてナトリウムを使用する高速増殖炉で、1998年にリオネル・ジョスパン(社会党)とドミニク・ヴォワネ(緑の党)との合意の問題で閉鎖したスーパーフェニックスがそれである。この問題に関して、社会党は緑の党を人質にした。これは経済と技術における失敗だった。現在、フランス原子力庁は、新しいプロトタイプ高速炉Astridを開発中で、これは同じ原則に基づいているが、安全性の向上を目指している。問題は、高温になったときに原子炉の出力をどのように変えるかにある。欧州型原子炉の場合、高温になったとき、原子炉は遅くなる。チェルノブイリで起きたのとは逆に、暴走することはない。高速増殖炉は、安全性の課題では優性だが、あらゆる状況で、重大な事故に際し、原子炉の暴走を確かに回避できるだろうか? いろいろあるなかで、それがAstridを研究しなければならない点である。安全性での利益が示されたときだけ、原子炉を開発することができる、と私は考えている。現時点においては、第4世代原子炉の安全性に関しては疑問であり、この疑惑を開発が進みすぎないうちに晴らしてほしいと思う。

カトリーヌ・セザルスキー:安全性の問題が解決されれば、高速増殖炉は原子炉で生産されたプルトニウムを再利用できるだろう。何もしなければウランは枯渇していく。第4世代原子炉があれば、何千年もの間、燃料を保存しておくことができる。これは、フランスがエネルギーの分野で独立を保つための強力な要素となる。

10.原子力を放棄しないという意思は、人間精神の創造を問題にする考え方、危険を伴っていても科学者が発明を放棄するのを嫌うという考え方に関係していないか?

エドゥアール・ブレザン:原子力と放射能に負っているという、全体を考えなければならない。医療現場では多く適用され、重要である。化学や生物学での放射性同位元素の活用は、科学の発展の本質である。放射線なしでは地球の歴史を何も知ることができない。しかし、産業レベルでの核分裂の使用は、「罪から生まれる」事実の苦悩をつねに持ち合わせている。マンハッタン計画を伴う第二次世界大戦と爆弾競争の文脈は、民間原子力から生じる研究を加速した。原子力は広島と長崎の傷を持ち、今日の民間原子力が完全に軍事分野と分離しているにもかかわらず、それが意識にとどまっている。2011年は、アーネスト・ラザフォードが原子核を発見して100年の年である。ベクレルの偉業、放射線を発見したピエール&マリー・キュリーの偉業があって、世界中の理解のなかで、本質に基づいた進化があり、人類に役立つときに必要不可欠となる。


[PR]
by k_nikoniko | 2011-07-26 13:35 | 原発・核
<< セクハラDSK事件「メードと経済人」 原子力と民主主義 >>