フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2018 Kayoko Kimura
by k_nikoniko


「慰安婦」無視の司法記者クラブで感じたこと

今日、はじめて司法記者クラブの記者会見に参加した。
変な雰囲気。まぁ、それはいいとして。

悲しかったのは、元「慰安婦」のイ・ヨンスさんが記者会見終了直前に最後の訴えをしたとき、前席にいた二人の女性記者同士が何か話だし、聞いていなかったこと。
この娘たち(という表現しかできない、悪いけど)は、イ・ヨンスさんがわざわざ韓国から来た被害者だということをわかっていないのだろうか?
あまりにも失礼。話を聞いてからおしゃべりすればいいのに。

「慰安婦」問題が持ち上がったとき、今日いた記者のほとんどは子どもだったと思われる。
この問題が棚上げされつづけている結果が、こういう若者にさせているのだと、ものすごく憤りを感じた。

この記者たちの親の世代でもある私たちにも責任があると痛感。
怒ると暑い。が怒る。

[PR]
by k_nikoniko | 2014-07-25 23:40 | メディア
<< 沢田研二さんライブで署名活動 日韓会談文書・全面開示請求第3次訴訟 >>