フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2018 Kayoko Kimura
by k_nikoniko


パリで開催の国際武器見本市

昨夜は、東京・恵比寿の日仏会館で「福島原子力災害のあとさき」というイベントがあった。
フランス人なりに、“福島に心を寄せている”のだろうけど、おととい福島の知人から「パリで開催の国際武器見本市」のメールが届いたので、釈然としない気持ち。
原発と核兵器を持ち続けるフランスは、間接的ではあっても、福島の加害者であることを自覚しているのだろうか。
フランスもまた、原子力で人権を侵害しているという、その責任について、どう感じてるのだろう。
何も考えてなさそうで、腹が立つ。


[PR]
by k_nikoniko | 2014-06-14 00:35 | フランス
<< 戦争中に美容などとは… 戦争をさせない全国署名 >>