フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2018 Kayoko Kimura
by k_nikoniko


中央アフリカからの留学生

中央アフリカから札幌の大学に留学している女性とお茶をする。
会うのは2回目。
国情の悪化で、家族は国外に脱出。
家は壊され、略奪され、何も残ってないという。
学業を終えて戻る国は、もはや中央アフリカではなく。
家族の移り住んだ国で労働ビザを取得し、新しい生活をはじめなくてはならない。
なんだかんだ言って、日本は呑気だな、と思ってしまった。
現在の中央アフリカの大統領は女性。彼女は息子2人を持つシングルマザー。
日本の大学教授は男性ばかり、と驚いていた。
「アフリカ支援」なんて上から目線の日本だけど、“女性の社会進出”については、こちらが学びたいぐらいである。
先進国なのに、日本は時代錯誤で恥ずかしい。


[PR]
by k_nikoniko | 2014-03-29 21:31 | ひとりごと
<< フランスが約20の原発を廃炉に 変わりゆく札幌 >>