人気ブログランキング |

フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2018 Kayoko Kimura
by k_nikoniko


ステファン・エセルの『憤れ!』

映画「怒れ! 憤れ! ―ステファン・エセルの遺言-」の試写会に行きました。
しんどかった。
ヨーロッパのデモや太陽燦々な風景など映像は暗くないのだけど、重苦しい。
移民がテーマなので、日本人にはややなじみが薄いかも。

ステファン・エセルが亡くなったのを知りませんでした。
2011年秋に「Indignez-vous」を購入。
心に残ったのは、「社会保障」と「メディアの独立」についての文章。
「社会保障は働くことができない状況にある全ての人を支えるために作られた……社会保障は、経済的、社会的、文化的権利を満たす基本である……」「真の民主主義を実現するには独立したメディアが不可欠」...
同じ2011年秋、ステファン・エセルは共著で「希望の道(Le chemin de l'espérance)」を刊行。この本では、脱原発について語ってます。
f0016260_19475561.png

by k_nikoniko | 2014-02-26 19:45 | 原発・核
<< 1年半ぶりの福島 被ばくは児童虐待だ! >>