フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2018 Kayoko Kimura
by k_nikoniko


NO! 核のゴミ

本日、「NO! 核のゴミ 高レベル放射性廃棄物の最終処分を考える東京集会」が開催され、「深地層研究センター」がある北海道幌延町から、平和運動フォーラム幌延現地監視委員会の本田さんと、核廃棄物施設誘致に反対する道北連絡会の久世薫嗣さんが現地報告を行いました。
北海道以外の人の98%が、幌延町に核廃棄物地下貯蔵施設の研究センターがあることを知らないと聞き、驚いてしまった。
酪農を営む久世さんは、交付金について触れ、「この地域の基幹産業は農業。農業からさまざまな仕事が生まれる。牛を飼えば餌を供給する人や牛の爪を切る削蹄師、トラクターを使えば修理する人、牛乳を搾ればそれを加工する人。こうして日本の産業はなりたってきた」と。
こうした人間らしい生活を奪うのが原発。
都会の生活を便利にするために。

f0016260_18100242.jpg


[PR]
by k_nikoniko | 2014-02-03 18:08 | 原発・核
<< 都知事選の脱原発候補統一を呼び... 選挙に行こうね >>