フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2018 Kayoko Kimura
by k_nikoniko


脱原発都知事を実現する会

20日午後、「脱原発都知事を実現する会」が記者会見を行い、都知事選での細川護熙氏の支持を表明した。「苦渋の選択」と説明。
夜は、「さようなら原発1000万人署名市民の会」の実行委員会。いつもとかわらない参加者だった。つまり、宇都宮さん陣営と細川さん支援側の両者が集まる。会議の後は新年会。
選挙では立場が分かれても、脱原発運動が分裂したわけではない。
ただ、このままでは票が分れるのは避けられず。
「実現する会」は、今後も統一化に向けて交渉をつづけるという。...
告示日までわすかだが、何とか折り合いがつくことを期待する。
個人的には、「選挙は勝たなければ意味がない」と思っています。辛いけど。
f0016260_17511377.png

[PR]
by k_nikoniko | 2014-01-20 17:49 | 社会問題
<< 海外で出会った人々:スリランカの若者 外国語が苦手なのは日本人だけじ... >>