フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2018 Kayoko Kimura
by k_nikoniko


デモ日記:フランス・アビニョンでの脱原発全国集会(2012年3月9日)

柏崎刈羽も再稼働申請とは…。
昨年の衆院選の後、脱原発運動をしているフランス人から、「日本人はなぜ原発推進の政府を選ぶのか? 福島の犠牲者への裏切りではないか? 私たちにはさっぱりわからないから説明してほしい」とメールが届いた。
いまだにちゃんと説明できないでいる…。

福島原発事故から1年後を迎える2012年3月9日、フランスの原発銀座地帯アビニョンで、脱原発全国集会が開催されました。
原発立地で反対運動をされている方や放射性物質を輸送する国鉄労働者、核廃棄物処理場建設に反対する人など、フランス各地からパネリストが集まりました。
集会の会場はアビニョン市役所。19時にはじまり、終了したのは夜中0時過ぎでした。
写真は、集会がはじまる前の市役所前での抗議行動です。

f0016260_14583384.jpg

f0016260_14584766.jpg

f0016260_1459187.jpg

翌日3月10日は、若者を中心に、「フクシマデー」を開催。
討論会、ドキュメンタリー上映、演劇など、1日中、原発問題について語り合いました。
そして、3月11日、アビニョンとリヨンを結ぶ「人間の鎖」が行われました。
私は午前中にアビニョンを発たなければならなかったので、準備だけ見学。
出発点となる広場で撮影した自転車です。
f0016260_1521855.jpg

「人間の鎖」の様子は、ビデオでご覧ください。
フランスの原子力から考える<脱原発デモ>
[PR]
by k_nikoniko | 2013-09-27 07:48 | デモ日記
<< 柏崎刈羽原発ができるころ… 昔の人の手書きの日本語が読めない… >>