フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2018 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
「白人」への偏見を助長でマッ..
at 2018-03-19 09:28
性暴力の根絶に向けて 北海道..
at 2018-03-18 09:52
教育現場へ不当介入か 道教委..
at 2018-03-17 08:53
外国の模倣でない札幌らしい”..
at 2018-02-23 09:42
外見ばかりではなく意識の高さ..
at 2018-02-19 10:29
フランス女性から学びたいクリ..
at 2018-02-17 09:12
福島県大熊町の復興についての..
at 2017-12-15 18:03
こんな国際恋愛も…という話を..
at 2017-12-08 09:23
福島県大熊町の復興についての..
at 2017-10-24 20:00
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


「健康に害はない」を信じられないわけ

放射線に汚染された食品、「健康に害はない」そうだ。
本当だろうか。
フランスの放射線調査団体は、警告の声明を発表した。
この声明には、事細かに、放射能汚染食品の注意が書かれている。
野菜は「洗うだけではだめ」という。表面についたホコリとはわけが違うのだから。
対策についても少し触れている。なるほど、と思う。
日本語でも、信憑性があって具体的な情報が知りたい。

「健康に害はない」にこしたことはないが、もしウソだったら、命にかかわる問題だけに、誰が責任をとるのだろう?
もしウソだったら、「安心です」という言葉を信じた人が病気になったとき、そう言いつづけた人たちは責任をとってくれるのだろうか?

医師が患者に「大丈夫です」と言うときは、誤診もあるかもしれないけど、とりあえずはそれを信じる。
間違っていたら、医師が責任をとるはずだ。言った張本人だし、専門家なのだから、それが当然といえる。

でも、今回の放射線汚染については、まったく責任の所在がわからない。
これまでの公害や薬害問題から予測すると、誰も責任をとりそうもない。
だから、「安心です」と言われても、全然信じられない。
[PR]
by k_nikoniko | 2011-03-21 23:57 | 原発・核
<< リビアとパレスチナの空爆、原発... 食品の放射能汚染にフランスの団... >>