フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2018 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
「白人」への偏見を助長でマッ..
at 2018-03-19 09:28
性暴力の根絶に向けて 北海道..
at 2018-03-18 09:52
教育現場へ不当介入か 道教委..
at 2018-03-17 08:53
外国の模倣でない札幌らしい”..
at 2018-02-23 09:42
外見ばかりではなく意識の高さ..
at 2018-02-19 10:29
フランス女性から学びたいクリ..
at 2018-02-17 09:12
福島県大熊町の復興についての..
at 2017-12-15 18:03
こんな国際恋愛も…という話を..
at 2017-12-08 09:23
福島県大熊町の復興についての..
at 2017-10-24 20:00
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


国際結婚の悲劇

今日は裁判の傍聴。
妻を殺害したネパール人の判決だった。こういう事件は胸が痛くなる。

離婚を迫る妻に激昂し、殺害。生後6ヶ月の長女の遺体を近くの川に流し、さらに、店舗兼自宅を放火。
殺人、死体遺棄、放火の罪で、27歳のネパール人が懲役15年を言い渡された。
求刑は懲役23年だったが、事件の背景に言語の壁や意識や習慣の違いによる感情の行き違いがあった、と裁判長は指摘した。

この事件の背景からさまざまな問題が見えてくる。

被告はひどく顔色が悪かった。日本語はまったく話さず、妻の家族のほうも最後まで見なかった。

事件が起きたのは、北海道倶知安町。
オーストラリア人スキー客が急増し、セレブなコンドミニアムが建ち並び、国際リゾート化している地域だ。
先日、ここを見学してきたばかりなので、その華やかが、かえってこの事件を悲しくさせる。
ネパール人と妻はカレー店を経営していたが、この町に住む私の知人は、その店の存在を知らなかったそうだ。
外国人は多い町だが、そのほとんどがオーストラリア人で、外国人コミュニティには入れなかったのだろう。
オーストラリア人とネパール人に対する日本人の見方も、同じではなかったかもしれない。

二人の結婚までの経緯は知らないが、言葉が通じず、お互いの文化や習慣を理解できていないうえでの関係は、障害もたくさんあるだろうと想像できる。
愛があれば乗り越えられる、といった次元ではないときもあるはずだ。
「結婚」の概念も、それぞれ異なったのかもしれない。
男性がそもそもどんな人柄だったのか、コミュニケーションが十分にできない関係では、なかなかわからない。もともと暴力的だったのか、追いつめられて豹変したのか。
日本人同士でも、それを知るのが難しいかったりするのだから。

国際的、というのは、単に外国人と話して、友だちになるだけではない。
こうした悲劇が起きない、共生できる社会を作ることにもあると思う。
[PR]
by k_nikoniko | 2009-03-11 20:37 | 男と女
<< BBCラジオで定額給付金のニュース 黒星スタートでした >>