フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


タグ:育児 ( 6 ) タグの人気記事

フランス女性もうらやむスウェーデンの育児対策

ヨーロッパで最も育児政策が充実しているのはスウェーデン、というのは、フランスでもたびたび語られる。
1999年の女性誌では、「スウェーデンの政策をフランスに導入できるか?」と問いつつ、スウェーデンの育児政策を取材して記事が掲載された。

スウェーデンには行ったことがないためよくわからないが、サッカーのサポーターのかなり無礼な態度に接し、唖然としたことがある。
レディファーストの習慣はあまりないのかも?
男女同権だから、といわれれば、納得できないわけでもない。

以下、フランスの記事の翻訳です。

先月、スウェーデン出張のため空港へ向かっているとき、先方の秘書から携帯に電話が入った。会議のキャンセルしたいという社長から申し出だ。社長の子供が熱を出して学校を早退することになったが、妻は仕事を抜けられない。仕事中の妻に代わって、父親である自分が面倒をみなければならない、と言うのだ。
フランス人にしてみれば、「超現実主義者」といえるが、スウェーデンでは違う。民主主義と男女平等が結びつき、男女の権力と責任が分担されている国スウェーデンでは、25年前からこういうことが珍しくないのだ。

国会の44%、市町村議会の41%、県議会の48%が女性で、20の大臣のうち11人が女性であり、政党のほとんどが男女同数であるスウェーデンは、世界で最も男性社会ではない国である。
スウェーデンでは、25~55歳の女性の80%が働いている。
1995年までは、アイルランドの次にヨーロッパで出産率が高かった。このところの不景気のため、1990年の2.1人から1.5に減少した。
女性が仕事と家庭の両立が、スウェーデン政府の優先目的であり、国家予算も明確だ。スウェーデンの法律は、働く母親のためにあるのだ。
スウェーデンでは、子供1人につき年間60日間の有給休暇(給与の80%を支給)が認められている。男性も、子供の病気の場合、会社を休む(年間平均7日)。
育児休暇はほぼ完璧だ。給与の80%支給が11ヶ月あり、子供が8歳になるまで分割して休みをとることができる。カップルの仕事の状況に合わせて、休暇を取得する自由がある。
唯一決められているのは、有給休暇の60日間のうち、30日を父親、30日を母親がとらなければならないことである。スウェーデン人の多くが、11ヶ月の育児休暇を取得している。
政府の奨励もあり、男性も次第に育児休暇をとるようになっている。1998年には、30%の男性が1ヶ月から半年の育児休暇をとった。

保守党の若い女性議員は、「育児政策のおかげで、少しずつ考え方が変わった。女性は、仕事か子供かの選択をもはやする必要はない」と言う。
4歳と2歳の子供を持つ33歳の彼女は、完璧なモデルといえる。政治の世界に入る以前、男性社会の本拠地ともいえる海軍の長官だった。それでも、二人の子供を出産し、キャリアを犠牲にすることなく、出産休暇を利用した。
議員に選出されたとき、同じく海軍に勤務していた夫は、朝7時30から15時30のパートタイム勤務を選んだ。そうすれば、子供を迎えに行き、夕飯の世話ができるからだ。

広告デザイン会社を経営している35歳の女性は、11歳、4歳、2歳の3人の子供を持つ。第一子のときは出産休暇を11ヶ月とったが、後の二人の子供は、広告代理店の社員である夫と育児を分担した。二人でやりくりを続けている。週2回、夫は15時30に退社するので、彼女は夜遅くまで仕事をすることができる。

スウェーデン人は、他のヨーロッパ人よりも仕事と育児をうまく両立しているのだろうか?
ストックホルムに住むフランス人によると、ストレスが少ないという。
「この国は子供に優しい。家庭生活が社会と結ばれている。8時~17時という就業時間は、学校の授業時間に合わせてある。19時には、すべてのスウェーデン人が家族一緒に夕飯をとる。ベビーシッターを雇う人は少ない。この国では特に、母親というイメージが満足感を与えるものとみなされている。家庭生活が社会生活に完全に一致しているのだ。レストランでは、ビジネスランチをしている男性のすぐ横で、子供をベビーカーに乗せた女性が食事をしている。パリの有名レストランではありえない話だ」

スウェーデンは完璧なのだろうか?
いやそうでもない。「もっとよくなるはず」とスウェーデンの女性は要求している。男性はワイシャツのアイロンをかけるようになったが、民間企業の責任あるポストについているのは男性である。男性は女性より平均で15~20%給料が高い。
「組織は男性社会のままだ。その結果、大半の社長は重要なポストに男性を選ぶ。一方、女性の多くは、弾圧を恐れて地位を要求しない」とある女性は言う。

実際、80%の働く女性は、パートタイムで働き、伝統的な職種にとどまっている。
知っての通り、スウェーデンはヨーロッパで最も税金が高い。3/4の勤務時間であれば、フルタイムより課税の面で有利だ。
無料の幼稚園は存在しない。1~6歳の子供は託児所に入るが、その費用は、国家が約70%を負担し、残りは収入に応じて決められる。
つまり、収入が少ないほうが税金や託児所の費用が少なくなるのである。

重要なポストにつくスウェーデン人であっても、他のヨーロッパ諸国に比べて時代遅れのところもある。ベビーシッターや家政婦(政府から何の援助もない黒人が多い)を雇うのは、スウェーデン社会ではよく見られない。
また、「排除的な」スウェーデンでは、企業が多忙なエリート管理職に加担するケースもみられる。ベビーシッターや家政婦の料金を、労働者が負担するよう、契約の際に交渉することも可能だ。男女の社員に、育児休暇の補助金の80%の加算を求める企業もある。

フランス人の目からすると、次のように見える。
将来母親になる可能性のある女性は、企業にとって心配の種であり、その代償としてお金を徴収されている。
若い母親に対し、育児休暇後に同じポストと同じ給料で復職させないなどという、法を守らない雇用者に気をつけなければならない。
「問題をはらんだ防御策だ。最近、管理職の女性のひとりが、1年間の休暇後に電話をかけてきた。『来週仕事に復帰する』と。彼女の代理で働いていた人は、その女性と同様に有能なのだが、私には選択の余地がない」


[PR]
by k_nikoniko | 2016-11-27 10:15 | ジェンダー

妻が専業主婦って平均的な夫婦?

厚生労働省は、世代別の厚生年金の将来受給額見通しを公表しました。
20代の夫婦の場合、37万円ほどの年金になるそうです。
気になるのは、「モデル世帯」が、“平均的な収入の夫が40年勤め、同年齢の妻が専業主婦”であることです。
なんだかオカシイ。
今の世の中、専業主婦であんのんと暮らしていられる人は少ないのではないかと思います。
それに、現在の60代の「モデル世帯」をそのまま若い世代にあてはめるのは、夢も希望もなくなってしまいます。
これが「モデル世帯」というのなら、育児対策は失策、男女雇用均等は実現せず、男女の賃金格差も変わらない。
と、言われているようなものです。

以前、現在の55歳と20年後の55歳の使用できるお金は、1年間で100万円の減額になる、という新聞記事を読みましたが、そのときのモデルも、「35歳男性・妻が専業主婦・大卒・大企業勤務」でした。
単なる比較なのかもしれませんが、35歳で専業主婦の妻を持つ男性は、もはや平均的なモデルにならないのではないでしょうか?
手元にある資料では、男性の独身者は、35~39歳で25%ほど、30~34歳なら約50%。
30~39歳の女性の就業率は60%以上で、就業希望者を加えると、約75%。
既婚女性の就業割合は5割を超えています。

今後、少子化政策が功を奏し、男女が平等に働ける社会になり、35歳の男性が30歳の仕事を持つ女性と結婚した場合、差額の100万円は軽くカバーできるような気もします。
かなりアバウトな計算ですが。
そうすれば、中年になっても、夫婦の収入でけっこう楽しく暮らせそう。
自由に使えるお金は減っても、育児の喜びを得て、子供からも愛され、妻も仕事で気晴らしができ、遊ぶ余力も十分あり。。。という暮らしのほうが、幸せかもしれません。

これからも日本はあまり変わらないのでしょうか。
20年前に男女雇用均等法が施行されましたが、最近の調査で、女性の総合職は3%。やはり、大きな変化はないともいえます。
数十年後も専業主婦が「モデル世帯」なら、若者たちがかわいそう。
[PR]
by k_nikoniko | 2007-05-05 22:32 | 男と女

少子化と中絶と代理出産と赤ちゃんポスト

少子化に歯止めがきかない一方で、中絶の数は世界でもトップクラス。
そして、代理出産してまでも血のつながった子どもを望む人がいる一方で、赤ちゃんポストに子どもを託す人もいる。
この国の出産や子育てに対する考え方は、一貫性がないような気がする。
子どもに興味のない女性、何が何でも血のつながった子が欲しい女性、無知のまま遊んでいるうちに妊娠した女性、経済的などの理由から泣く泣く子を手放す女性。
こうした女性たちを一堂に集めたら、出産や子育てについて、どんな話しをするのだろう。
同じ日本人にもかかわらず、全く理解し合えないかもしれない。
出産や子育ては個人的な問題ともいえるけれど、大枠としての方向性みたいなものはないのだろうか?
たとえば、「命は尊い」といえば、ほとんどすべての人がうなずくような。
「出産や子育ては○○」といった、大多数の人が納得できる共通認識というのはないのだろうか?

たとえば、フランスでは、子どもを育てる価値として、「自分が大人になる」といった言い方をよくする。
このような表現は日本で聞いたことがない。
「子育てには、”自分が大人になる”という素晴らしい価値がある」となれば、より人間的に大きくなるために子育てしようか、という気になるかもしれない。
出産そのものより子育てに重きを置いたら、血にこだわって苦しむ必要もないかもしれない。
フランスは代理出産禁止だが、養子縁組はかなり盛んだ。
軽率な中絶も、遊んだはずみの妊娠も、大人として失格との自覚が生まれるかもしれない。

「子どもは苦手だから欲しくない」という人がいても不思議ではない。
フランス人なら、「子育ては価値があるのよ!」と議論になりそうだが、「子育ての良さがわからないし、価値はあるの?」という日本人は多そうだ。

日本人の「出産や子育て」のイメージはどんなものだろう?
子どもはかわいい、愛する人の子どもが欲しい、結婚したら普通のこと、家族を作りたい、とかかな?
「子どもはかわいい」というのはわかるが、子育てはそんな楽しいことばかりではないだろう。
「愛する人の子どもが欲しい」というのはあるだろうが、「結婚したら子どもができるのは普通」といった考え方は、昔ながらの家族の形に執着している気がする。

子どもが欲しくなったら事実婚から結婚に切り替える、というのはフランではよくある話だが、その場合、家族を作りたくなったから結婚する、のであり、結婚したら子どものいる家族が普通、というのとは違う。

日本の伝統的な「出産や子育ては○○」(たとえば、”女性として当然の喜び”とか)は、現代社会に生きる女性に適合しているとは必ずしもいえない。
だからといって、説得力のある新たな価値観はないし、共有もしていない。

この国の少子化政策は、経済的な理由が中心のように思えてならない。
つまり、高齢者を支える人や労働者を増やすための政策。
一方で、代理出産は、血統をつなぐ、女性であれば出産の喜びを味わうのは当然、といった個人的な理由で語られることが多い。

同じ出産や育児でも、それぞれがバラバラに進んでいくので、結局、チグハグのまま解決できないなのではないかと思う。
[PR]
by k_nikoniko | 2007-04-28 23:57 | 男と女

フランスの真似をして少子化対策といっても

日本の少子化対策は、フランスを参考にするらしい。
フランスでは、90年代なかばに出生率が最低に落ち込んだといいますが、当時、「出生率をアップさせよう」と躍起になっていたのか記憶はありません。
それよりも、「子どもを育てられる社会にするには何が必要か」が問われていた気がします。
日本とフランスの大きな違いは、男女の力関係と結婚や子どもに対する考え方です。
出生率が低下してい当時のフランスではすでに、子どもを持つ女性が働くのは普通でした。
女性の発言権はそれなりにあったし、「男性学」について議論が盛んでした。
事実婚が一般化していて、結婚との差がほとんどありませんでした。
男性は家事に参加していたし、ベビーシッターもよく利用されていました。
日本にはこうした土台がないため、フランスの真似をして資金投入したからといって同様の結果になるとは限らないのでは?

以前にも書きましたが、90年代なかごろ、女性誌(マリークレールだと思う)に「女性を愛する企業」という記事が掲載されました。

記事は次のようなリードではじまります。

アイロン係りや家政婦、託児所、スポーツジム、勤務時間の調整。女性に理解を示す企業がある。女性を十分に愛する企業は、女性を雇用し、教育し、昇進させる。今回の調査で、考えていたより多くの企業がそうしていることがわかった。女性が二重生活(訳注:仕事と家事)の危機と重圧のなかでも仕事にしがみつき、やる気があるのに報われないことを、こうした企業は理解しているともいえる。
[PR]
by k_nikoniko | 2007-04-18 12:24 | 男と女

仕事と家庭の両立に悩むフランス女性

育児政策の好例として、最近よくフランスが紹介されます。
彼女たちは、本当に育児政策に満足しているのでしょうか?
1999年に雑誌エルが行った調査結果を見る限り、そんなことはないようです。
ただ、あれから7年たち、状況は改善しているともいえます。出生率は順調に増加しているからです。

<あなたにとって、仕事と家庭の両立は?>
            合計    子持ち働く女性   子なし働く女性
とても難しい      13%       14%        12%
かなり難しい      47%       53%        42%
それほど難しくない   23%       22%        24%
全く難しくない     17%       11%        22%

仕事と子供の両立において、働く女性が直面する問題は?(2つ選択)>
               合計   子持ち働く女性  子なし働く女性
子供を預ける場所がない    46%     45%       47%
子を持つ女性への上司の理解  38%     37%       40%
子供を預けるための資金    38%     37%       39%
パートナーが家事を分担しない 22%     20%       23%
母親への社会の寛容さの欠如  20%     22%       19%
無回答             2%      3%       2%

<子供を預ける方法として、働く女性を援助するために優先すべきことは?>
               合計   子持ち働く女性  子なし働く女性
補助金や税金面での援助     55%      57%      52%
企業が託児所を創設する援助   40%      37%      43%
共同託児所の数を増やす     38%      36%      40%
共同託児所の機能を柔軟化する 29%      30%      29%
無回答            2%       2%       2%

<働く環境として、子供と仕事を両立させるために優先すべき援助とは?>
                  合計 子持ち働く女性 子なし働く女性
35時間労働内での就業時間の改善   55%   54%      56%
第一子の出産休暇の延長        36%    40%      34%
子供の病気休暇の日数増加      31%    33%      28%
仕事の仕方を変化させる
(30~40歳は少なく、その後は多く)  28%   25%      31%
男性のパートタイム労働の発達    10%    8%      12%
父親の育児休暇の延長        9%     7%      2%
無回答                1%     1%      2%

More
[PR]
by k_nikoniko | 2006-01-27 13:30 | ジェンダー

育児の天才は仕事もできる?

イギリスでも、男性が育児休暇をとりにくい環境だといいます。「男性も育児に協力的な紳士の国」というわけではないようです。
それでも、かなり前の話しですが、ブレア首相は就任中に息子が生まれ、公務の時間を削減して育児に取り組みました。
日本人にとっては、イギリスでさえ隣の芝生といえます。日本の父親が育児に費やす時間は1日平均17分で、非常に少ないと海外の新聞で指摘されたこともありました。
スウェーデンでは育児休暇取得者に出世の道が開かれているそうです。育児経験者は優れた企業人になる資格があるとのこと。だとしたら、「有能な企業人は、育児も立派にこなすことができる」という逆説は成立しないでしょうか。バリバリ働く日本のパパたちは、実は育児上手なのかもしれません。
相次ぐ青少年の悲惨な事件のたびに、家庭環境がクローズアップされますが、いつも話題になるのは母親と子供のかかわりです。父親の存在はいつも薄いですね。
育児は、仕事の達成に値する貴重な経験といえないでしょうか。
胸を張って育児休暇をとることのできる社会には、子供の悲痛な叫びの代わりに、笑顔があふれるのではないかと思います。

育児経験者に出世の道(2000年)

[PR]
by k_nikoniko | 2005-12-15 17:39 | 男と女