フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
南スーダンPKO派遣差し止め..
at 2017-03-03 11:39
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-02-24 11:36
約126万人が義務教育未終了
at 2017-02-16 13:11
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


タグ:性犯罪 ( 6 ) タグの人気記事

「道新のセクハラ対応を民事提訴」記事掲載のお知らせ

先週26日発売の『週刊金曜日』アンテナに、「社内のセクハラ被害で自殺 『道新』の対応を民事提訴」を書きました。

f0016260_08445836.jpg
先週8月22日の民事提訴には、北海道のテレビ局5社、新聞社(『北海道新聞』以外)、通信社が取材にきていましたが、テレビの報道はなし、共同通信が配信した記事を産経新聞が掲載、朝日新聞が独自記事を掲載しました。

いつもはセクハラ事件を大きく取り上げるマスコミも、同じ業界内のセクハラ問題になると、自己規制がかかるのか、口をつぐむ傾向にあります。

ネットで読める記事としては、こちらがよく書けています。
道新「セクハラ自殺」問題が法廷の場へ 問われる人権への姿勢


[PR]
by k_nikoniko | 2016-08-30 08:55 | ジェンダー

北海道新聞社のセクハラ事件

北海道新聞函館支社で起きたセクハラ事件に関して、2015年12月9日に『The Japan Times』に掲載された記事です。

Sexual harassment at bōnenkai, inept handling, a suicide
忘年会でのセクハラ、不適切な対応、自殺
職場での女性の権利が守られていないという日本の現実を示す事件

忘年会シーズンがやってきた。多くの労働者にとって、年末の飲み会シーズンは、羽を伸ばし、過ぎ去った12か月のあれこれを喜んだり憐れんだりする歓迎すべき時期である。しかし、一部の女性たちにとっては、酒の勢いで羽目を外し、酔っぱらった男性たちに囲まれ、セクハラが増える恐れがあり、悩ましい時期でもある。

昨年(訳注:2014年)12月8日の『北海道新聞』(以下、『道新』)函館支社の総務グループの忘年会で、40歳の同社嘱託看護師の女性が、営業部総務担当次長と同部員からセクハラを受けたという。2か月後の2月21日未明、その女性は自宅の火災による一酸化炭素中毒で亡くなった。彼女は亡くなる前日、『道新』の無神経で冷淡な対応を批判する告発資料を、北海道内の新聞およびテレビ局8社を含む13の機関に郵送していた。

焼け残った彼女の自宅の物置からは、「葬式はやらないで下さい」とだけ記した手書きのメモが見つかった。女性の遺族は、セクハラと会社の不適切な対応が原因で娘が自殺したと信じて疑わない。

More
[PR]
by k_nikoniko | 2016-08-27 07:55 | 掲載記事(2011~)

17年前の連続幼児殺害事件

フランスの幼児性虐待問題について何度か書きましたが、日本でおぞましい事件が起きていたことをすっかり忘れていました。

念のためインターネット調べたところ、昨日の判決については報道されていませんでしたが、フランスの新聞ルモンドには、事件が発覚した当時(1989年8月20日「ポルノ制作と日本の空想犯罪」 海部新首相は、8月18日金曜日、日本中を震撼させた連続幼児殺害事件に関する捜査を開始した。この悲劇的な犯罪事件で、日本のメディアでの詳細な報道によると、世論は混乱している。東京の郊外で父親の経営する企業で働いている宮崎勤は、先週すでに6歳の少女を殺し、バラバラに切断して各地に埋めたと自白しているが、他にも3人の少女を殺害したことを認めた……)と、死刑判決が下された1997年4月18日に、この事件の記事が掲載されていました。

現在も同様な犯罪が絶えませんが、今ターゲットとなりうる子供たちの親の多くが、あの犯人と年齢が近いのではないでしょうか。
この事件が起きた当時、「オタク」という言葉が流行し、犯人とその異常性ばかりに注目されました。私も犯人と同世代で、とにかく残虐な犯罪に怒りを覚え、気味悪がっていた記憶があります。それでいて、犠牲者の女の子の気持ちや親御さんの無念さを察するほど大人ではなかったような気もします。
それから17年、結局、いかに子供を守るか、なぜ犯人のような人物が育ってしまうのかを真剣に考えないまま、子を持つ年齢になり、最近の痛ましい事件に憤慨したり、嘆いたりしているのです。もしかしたら、この世代が大人になりきれていないので、子供たちを守りきれないでいるのかもしれません。
日本で連続幼児殺害事件が起きたのは、1988~89年にかけてです。アメリカのミーガンちゃん事件は1994年、ベルギーの幼児虐待事件は1996年。
日本の対策は遅れ、ミーガン法をはじめとして、他の欧米諸国を参考にしようとしています。その間、殺害にまでいたらなくても、どれだけの子供たちが犠牲になったのでしょう。

昨日はニュースが多く、それほど大きく取り上げられませんでしたが、個人的には、株の問題よりもこちらのほうが重大で、あらためてこの事件について考えさせられました。


[PR]
by k_nikoniko | 2006-01-18 21:43 | 社会問題

子供を守るフランスの取り組み

日本に帰国する際、「幼児性虐待」に関するフランスの雑誌の記事を持ち帰りました。
どういうわけでしょう。日本で役に立つと直感が働いたのかもしれません。
96年にベルギーで起きた幼児性虐待事件以降、フランスではこの問題がしつこいほどマスコミで取り上げられました。
私が目を通していた数種類の女性誌でも、ほぼ毎号、「子供をいかに守るか」の記事が掲載されました。学校での防止教育、小児愛者のインタビューなど、あらゆる角度から議論されていたのです。
皮肉なことに、いやな事件が続いている日本で、これらの記事がかなり参考になります。
それにしても、フランスでは10年前のことです。
悪い例を参考に、日本はこの問題について考える時間がたっぷりあったともいえます。
フランスをはじめとする海外での取り組みを研究し、対策を練っていれば、多くの子供が犠牲にならなかったかもしれません。
海外から学ぶべきことは、“きれいごと”ばかりではないと思います。
[PR]
by k_nikoniko | 2005-12-19 02:15 | 男と女

大人は子供に性虐待を語らない?

女の子が犠牲になる事件が続いています。
通学路の安全を確保する施策がとられていますが、「危険な人物とその行為」について子供に伝えることには抵抗があるようです。
フランスの幼児虐待対策法では、子供に教えることを重視していますが、日本は語りたがりません。
特に、父親は娘に起こりうる現実に目を背けがちなのではないでしょうか。
以前、フランスの子供が描いたメルヘンチックな性教育絵本を見せたとき、ある男性が、「できれば子供には見せたくないよね」と言いました。
どのように幼児虐待から身を守るかについて、父親は娘に教えたくないのでしょうか。
そういう話しを避けるのは、自分が恥ずかしかったり、子供にはまだ早すぎると考えるからだと思います。
大人の視点から。
言い換えれば、大人のエゴから。
でも、現実には、幼い子供が犠牲になっています。
大人が無言でいる間に。
恥ずかしいこと、苦手なことでも、大切な人を守るために勇気を出してやるのが、大人の責任です。
[PR]
by k_nikoniko | 2005-12-14 11:39 | 男と女

性犯罪防止、私たちにできること

幼児性犯罪といった事件が起きるたびに考えてしまいます。
女性として何ができるのでしょうか。
同級生として、友人として、姉や妹として、母親として。
「こういう男性が生まれないようにどうしたらいいか?」と。
でも、被害者の心情は想像できても、加害者については行き詰ってしまいます。
正直、女性の理解の域を超えています。
たとえば、性犯罪の場合は女性にも非があると言われることが多いのですが、その反省すべき点について、「男をそそるような格好はひかえて」「身の守り方を考えて」と、女性に対しての忠告はできますが、犯人となりうる男性には何を言うべきか浮かびません。
男性なら少しは理解できるのではないでしょうか?
同性であれば、女性とは違うアドバイスができそうですが。
同級生として、友人として、兄や弟として、父親として。
「こういう男性が出現しないよう、同じ男としてどうしたらいいか?」といった男性の声が聞いてみたいと思っています。
[PR]
by k_nikoniko | 2005-12-14 11:03 | ジェンダー