フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
こんな国際恋愛も…という話を..
at 2017-12-08 09:23
福島県大熊町の復興についての..
at 2017-10-24 20:00
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


タグ:性暴力 ( 5 ) タグの人気記事

北海道新聞セクハラ疑惑の民事裁判初日

本日11月4日10時より、函館地方裁判所で傍聴。
北海道新聞函館支社のセクハラ疑惑の民亊裁判の初日だった。

当時、同支社の嘱託看護師だった女性が同社男性社員2人からセクハラ行為を受け、同社が適切な対応をしなかったなどを理由に自殺したとして、遺族が訴えている。

セクハラ事件はとても難しい。

まず、わいせつな行為は、人が見ていないところ、人がいても見ていないとき、に行われる。
そのため、目撃証言がなかなか得られない。
加害者とされる側は当然、「目撃者がいないのに、そんな事実は認められない」と言い張る。

そして、酒の席での無礼講はある程度許される、と考える人が多い。
男性だけでなく、女性も、酔っぱらうと、超えていい境界線のハードルが下がる。
酔った勢いでのボディタッチは、する側もされる側も、それを見ている側も、「このぐらいOKじゃん、酔ってるし~」みたいな雰囲気になったりする。
”笑ってがまんしている”女性に、酔っぱらってハイになっている周囲は気づかない。

たとえ目撃者がいたとしても、なかなか名乗り出ない。
面倒なことに首を突っ込みたくない、からだ。
それほど仲のいい人でもないのに、自分を犠牲にしてまで、助けたいとは思わない。
これまた、理解の範囲内の心理。

最悪だが、よくあるのは、何がセクハラ(女性が嫌がる行為、発言)なのか、男性はわかっていない。
自分の行為や発言が、相手を傷つけていると気づかない。
男性が多い職場で、かつ、そこで働く女性は野心や出世欲が強い職場の人は特に、デリカシーに欠け、女性の微妙な心理がわからない。

私もその種の仕事を長くやっているので、そうした行為、発言にときどき出くわす。
いちいち気にしていたら、仕事にならない。
女性の心理など、なよなよしたこと言うな、みたいな。
だから、やりすごしてきた。が、大きな間違いだった。
やりすごしてきたから、いまだにこうした行為や発言がつづいているのだ、と。

セクハラや性暴力の被害者が亡くなっている場合、「死人に口なし」をいいことに、相手側は好きなだけ自分の弁護ができる。
現世で辱められ、命を断ってもまだ、蹂躙される。
どれだけ悔しいか。

今朝の函館は気温3度。11月にしては早すぎる冬の寒さ。
そしてもうすぐ、今年もまた、忘年会の季節がやってくる。
彼女がセクハラを受けたとされるのは、2年前の12月、忘年会でのことだった。

関連記事はこちらです。
社内のセクハラ被害で自殺 『道新』の対応を民事提訴(『週刊金曜日』2016年8月26日号)
問われる『道新』の企業責任(『週刊金曜日』2016年3月18日号)
形骸化した「男女雇用機会均等法」実効性の実態(『週刊金曜日』2015年12月25日号)
Sexual harassment at bōnenkai, inept handling, a suicide(『The Japan Times』2015年12月9日 邦訳)


[PR]
by k_nikoniko | 2016-11-04 23:10 | ジェンダー

紛争時の性暴力の問題と「慰安婦」

今日8月14日は、韓国の金学順さんが旧日本軍の「慰安婦」被害者として、はじめて名乗り出た日です。
1991年、あれから25年も経ちました。

日本での「慰安婦」問題の取り上げ方について、政府に対してもマスコミに対しても、ものすごく嫌悪感を抱きます。
「女性の人権」という視点が欠けているからです。

以下、昨年2015年3月5日に『The Japan Times』に寄稿した記事です。

紛争時の性暴力撲滅の闘いを弱体化させる「慰安婦」への姿勢

 それにしても、なぜ日本では、紛争時の性暴力の問題と「慰安婦」を結びつけて考える人が少ないのだろうか?
 その理由のひとつは、「慰安婦」問題が単に韓国と日本の外交問題として扱われる傾向にあるからだ。実際には、「慰安婦」はアジア全域で募られたのであり、アジア大陸だけでなく、世界各地で、女性の人権や正義にかかわる多くの人々を苦境に追い詰めている問題だ。しかし、いまだに男社会の日本では、国家主義者の言い分をフィルターにかけたり、基本的人権や女性の権利の問題に目を向けたりするのが難しいようだ。



全文はこちら。



More
[PR]
by k_nikoniko | 2016-08-14 11:46 | 戦争

性暴力の根絶に向けて(週刊金曜日)

『週刊金曜日』(2010年10月1日)「金曜アンテナ」に掲載された記事です。
性暴力の根絶に向けて 北海道でシンポジウム

[PR]
by k_nikoniko | 2015-05-13 09:52 | 掲載記事(2000~2010)

「死を待つ少女たちと彼女たちを救う男性」イヴ・エンスラー

戦争の性暴力は日本に限ったことではない。
というのは、ウソではないでしょう。
世界中の紛争地で、多くの少女や女性たちが性暴力の犠牲になっています。
だからといって、日本もやっていいわけがありません。
日本がその慣例を容認するなんてもってのほか。
そんな悪癖は徹底的に撲滅すべきです。
日本が「慰安婦」問題と真摯に向き合い、犯した過ちを謝罪することは、同時に、世界中の戦争による性暴力の被害者の救済にもつながります。
日本が深く反省し、二度とこのような被害者を生まないように訴えるのもまた、価値ある国際貢献だと思います。
経済援助だけが国際貢献ではありません。
残忍な性暴力をなくすために、なによりも戦争をなくすために行動する日本だとしたら、それほど誇らしいことはないでしょう。

「死を待つ少女たちと彼女たちを救う男性」イヴ・エンスラー

毎年数えきれないほどの女性たちがひどい性暴力を受けているコンゴでは、デニス・ムクウェジ産婦人科医が彼女たちの傷ついた体と心を癒している。イヴ・エンスラーはその医師を訪ね、恐怖に震えながらも希望を見出した。

私は地獄から戻ってきたばかりだ。なんとかして、コンゴ民主共和国で目にし、耳にしたことを伝える方法がないか頭を悩ませている。あなたに途中でさえぎられることなく、ページをとばさせることなく、過剰に動揺させることなく、これらの残虐な話を伝える方法はあるのだろうか?

兵士のグループにレイプされた9歳の少女の話や、ライフルの一撃で内部が吹きとんで排泄のコントロールができなくなってしまった女性の話を、どのようにあなたに語ったらいいのだろう?

この旅は私にとっての始まりだった。2006年12月にニューヨークでデニス・ムクウェジ医師と知り合って話す機会があり、そのとき彼は、ブカヴのパンジィ病院で女性を救済する仕事について話してくれた。私の耳障りなフランス語と彼のつたない英語でのやりとりのはじまり。彼の充血した目には静かなる苦悶が見え、その目の充血の原因は、彼が目撃した残虐なシーンであるかのように思えた。

話をしているとき、この医師に会うために世界を半周しようという強い気持ちがわきおこった。この素晴らしい男性は、狂った民兵が裂いた女性の体を縫い合わせているのだ。

彼が救った患者の話しからはじめよう。顔のない、一般的な、戦争でレイプされた女性たちは、名前と想い出と夢を持つ女性の名前、アルフォンシーヌかナディーヌと名のる。

私のそばで話を聞き、心を開き、私が遠いブカヴのパンジィ病院で座っていたときのような怒りと吐き気を感じてもらえるか、あなたに聞いてみたい。

コンゴに行く前の10年間、私は女性や少女に対する暴力を撲滅する世界的な運動V-day(訳注:http://v10.vday.org/)で働いていた。ボスニア、アフガニスタン、ハイチといった、戦争の武器として性暴力が用いられている国々の、世界中の性暴力センターを訪問した。しかし、コンゴで行われているほど、惨く、恐ろしく、完璧な性的拷問、女性をズタズタにしているところはいまだかつて経験したことはない。これを女性抹殺と呼んでも言い過ぎではないだろう。コンゴの女性の将来は深刻な危機状態にあるといえる。

この旅で学んだのは、悲しみとやるせなさを抱え、女性の体をズタズタにする男性がいること、その一方で、同じく悲しみとやるせなさを抱え、自分の人生を癒しと救いにささげる男性がいるということだった。どのような理由で、女性をズタズタにする男性になるのか、癒し救う男性になるのか、私にはわからない。ただ、わかっているのは、立派な男性はより多くのことを創り出していくということである。立派な男性は、女性の痛みに共感し、彼女たちのために闘い、彼女たちを守るよう、他の男性たちに示唆することができる。立派な男性は、レイプされた女性たちのコミュニティーで信頼を得ることができ、そうすることで、人間としての誠実さを保ち続けることができる。

ムクウェジ医師は私を6時30分に迎えに来た。青々とした清らかな朝である。パンジィ病院のあるコンゴ東部は、広大な肥沃の地である。まるで野菜が育つ音が聞こえるかのようだ。バナナの木、そして漫画のようなカラーの鳥たち。メタンを十分に含んだ水をたたえるキヴ湖は、サブサハラに電力を供給するのに良い位置にあるのだが、その河岸にあるブカヴ市は、常時電気が使えるわけではない。これがコンゴの問題である。地球上のどこよりも豊富な天然資源を有しているのに、人口の8割は1日1ドル以下の生活をしている。思ったより雨がたくさん降るが、何百万もの人がきれいな飲み水にありつけない。この土地は地理的に肥沃であっても、人口の約1/3が飢えている。

道路らしき道をドライブしている間、医師は、子どもの頃と比べてどれだけここが変化したかを話してくれた。60年代、ブカヴの住民は5万人だった。平穏な場所だった。湖でスピードボートを楽しむ裕福な人もいた。山にはゴリラがいた。現在、少なくとも100万人のコンゴ難民がいて、1996年に発生した紛争以来、郊外を略奪している多くの武装グループから逃れるために、難民のほとんどが都市部に住んでいる。独裁者モブツ・セセ・セコを打倒しようと内戦がはじまり、すぐに“アフリカ”の第一次大戦となった。オブザーバーはそう呼んでいる。この混乱に乗じて、隣国から兵士が参戦した。軍隊のアジェンダはさまざまだ。多くは、あふれるほどの鉱物に恵まれた地域を支配下に入れるために戦っている。手に入るものはなんでも略奪しようというのもいる。

しかし、現在のコンゴで何が起こっているかを理解するには、1996年以前にまでさかのぼらなければならない。この国は、120年以上も拷問されつづけている。1885~1908年にコンゴを統治したベルギー王国のレオポルド2世の時代にはじまり、人口の約半分である1000万人もの人が惨殺された。虐殺と植民地主義の暴力的な結果により、コンゴの人々の精神状態は深刻なインパクトを与えられたのである。2003年の和平合意および近年の選挙にもかかわらず、武装グループはコンゴの東半分を脅かしつづけている。紛争を通し、第二次世界大戦後のいずれの紛争での死者よりも多い400万人近くの人が命を失っている。そして、数え切れないほどの女性や少女がレイプされている。

ブカヴでは、朝早くから夜遅くまで、紛争から逃れようとする人々が歩いている。彼らは、トマトを売ったり買ったりするために、もしくは、赤ん坊のためのバナナを手に入れるために、ひたすら歩く。それは不安を抱え飢えている人間の残忍な川である。「人々は1日3度の食事をしたものだ」とムクウェジ医師は言う。「今は1日1回でも食事ができたらラッキーだよ」

(原文は英語ですが、出典は不明。2008年夏以前に書かれたものです)
[PR]
by k_nikoniko | 2013-07-04 23:46 | 社会問題

沖縄の米軍性暴力と戦時中の『慰安婦』問題

今年たまたま、アジア女性資料センターの英文機関誌『Voices from Japan』(3月発行)の編集を手伝いました。
テーマは、「沖縄の米軍性暴力と戦時中の『慰安婦』問題」です。
こうした問題、実のところ海外ではあまり知られていないと思います。
今回の一件、橋本氏が発言したから騒動になったともいえ、そうじゃなければ無関心という、この国全体の“国際感覚のなさ”も反省すべきではないでしょうか。

f0016260_19020311.jpg


[PR]
by k_nikoniko | 2013-05-16 19:00 | 歴史