フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


タグ:少子化 ( 15 ) タグの人気記事

フランス結婚は減少しても少子化に歯止めの理由

フランス国立人口問題研究所(INED)のシンポジウム(2000年)資料から、Henri LERIDON(国立人口問題研究所ディレクター)「家族:崩壊と継続」の一部抜粋です。

家族における進化は2つある。
ひとつは、少子高齢化で、家族構成は再編成されている。
少子化で、兄弟姉妹、従兄弟、義兄弟の数は減ったが、両親、祖父母、曾祖母は減らない。二人の両親、四人の祖父母、八人の曾祖母は変わらないままである。
しかも、高齢化で、これらの縦の関係は延長しているともいえる。
子供たちにとって、同世代の横の関係は縮小しているが、縦の関係は拡大しているのである。

もうひとつは結婚の衰退で、70年代からその現象ははじまっている。
1945年生まれの女性の92%、男性の88%が50歳以前に結婚をしているが、1967年生まれになると、女性の71%、男性の65%が50歳以前に結婚し、30~35%が未婚という計算になる。
この未婚率の高さは、結婚制度が成立して以来、前例のない数字である。

離婚は増加し、1980年には結婚したカップルの3分の1が離婚している。
婚外子も増加し、1997年の出生数のうち、40%が結婚していないカップルから産まれた子供である。
これらもまた、結婚制度が成立して以来初めての現象である。
25歳以下の子供を持つ片親家族も増加している。そのうち、母子家庭が圧倒的で、85%を占める。

ただし、結婚の減少が、独身者の増加とはならない。
結婚以外の方法で、男女関係を築く、新しいカップル生活が生まれているのである。
カップルで生活する人のうち、同居から始めた人は、1968年の15%から、1988年の90%に上昇している。
1994年の調査によると、20~49歳の男性の51%が「既婚」、20%が「同居」、8%が「安定した恋人がいる」、21%が「恋人がいない」という結果になった。
男性の場合、同居の多い年齢は、25~29歳で33%。30歳以降は、結婚が5割を越す。
女性の場合、20~49歳の女性の56%が「既婚」で、18%が「同居」、8%が「安定した恋人がいる」、18%が「恋人がいない」。

同居と結婚の関係をみると、同居が5年続いているのは48%、籍を入れたカップルが30%、22%が崩壊。
10年前に同居を始めたカップルの場合、47%が結婚し、21%が同居を維持している。
20~49歳の男性で同居の経験がないのは21%。
同居相手の数は、63.8%が1人の相手、2人以上相手が変わったのは14.6%。
女性は、同居未経験者は14.6%、1人と同居が72.5%、2人以上が12.9%。

もうひとつの特徴として、カップルになった段階では、子供が介入してこないことがあげられる。
パートナーとの時間を最も重視し、二人の生活を楽しもうとする。
そして、子供を持つと決心した段階で、結婚へと移行するケースが多い。
ただし、子育ては物質的な問題だけでなく、カップルの関係維持の点においても難しい。
それが、子供を作るのをためらう理由になっている。


[PR]
by k_nikoniko | 2016-11-28 09:42 | 男と女

おんな子どもの事件だから?

先日の裁判、検事は若い女性二人だった。
事件が軽く扱われているような気がしつつも、“若い女性”というだけで“軽く扱う”と思ってしまうのだから、私も固定観念に縛られているみたい。
とはいえ、おんな子どもの事件だから軽く扱ったのかも、とうがった見方もできなくもなく。
毎日のように虐待された幼児が殺害され、10代の少年が犯罪者になっている。
出産率の増加作戦よりも、子どもの命が奪われない方法、少年少女が道をはずさないで生きる方法を真剣に考えたほうが、少子化対策としては効率が良いかもしれないのに。
[PR]
by k_nikoniko | 2007-05-18 00:59 | ひとりごと

妻が専業主婦って平均的な夫婦?

厚生労働省は、世代別の厚生年金の将来受給額見通しを公表しました。
20代の夫婦の場合、37万円ほどの年金になるそうです。
気になるのは、「モデル世帯」が、“平均的な収入の夫が40年勤め、同年齢の妻が専業主婦”であることです。
なんだかオカシイ。
今の世の中、専業主婦であんのんと暮らしていられる人は少ないのではないかと思います。
それに、現在の60代の「モデル世帯」をそのまま若い世代にあてはめるのは、夢も希望もなくなってしまいます。
これが「モデル世帯」というのなら、育児対策は失策、男女雇用均等は実現せず、男女の賃金格差も変わらない。
と、言われているようなものです。

以前、現在の55歳と20年後の55歳の使用できるお金は、1年間で100万円の減額になる、という新聞記事を読みましたが、そのときのモデルも、「35歳男性・妻が専業主婦・大卒・大企業勤務」でした。
単なる比較なのかもしれませんが、35歳で専業主婦の妻を持つ男性は、もはや平均的なモデルにならないのではないでしょうか?
手元にある資料では、男性の独身者は、35~39歳で25%ほど、30~34歳なら約50%。
30~39歳の女性の就業率は60%以上で、就業希望者を加えると、約75%。
既婚女性の就業割合は5割を超えています。

今後、少子化政策が功を奏し、男女が平等に働ける社会になり、35歳の男性が30歳の仕事を持つ女性と結婚した場合、差額の100万円は軽くカバーできるような気もします。
かなりアバウトな計算ですが。
そうすれば、中年になっても、夫婦の収入でけっこう楽しく暮らせそう。
自由に使えるお金は減っても、育児の喜びを得て、子供からも愛され、妻も仕事で気晴らしができ、遊ぶ余力も十分あり。。。という暮らしのほうが、幸せかもしれません。

これからも日本はあまり変わらないのでしょうか。
20年前に男女雇用均等法が施行されましたが、最近の調査で、女性の総合職は3%。やはり、大きな変化はないともいえます。
数十年後も専業主婦が「モデル世帯」なら、若者たちがかわいそう。
[PR]
by k_nikoniko | 2007-05-05 22:32 | 男と女

少子化と中絶と代理出産と赤ちゃんポスト

少子化に歯止めがきかない一方で、中絶の数は世界でもトップクラス。
そして、代理出産してまでも血のつながった子どもを望む人がいる一方で、赤ちゃんポストに子どもを託す人もいる。
この国の出産や子育てに対する考え方は、一貫性がないような気がする。
子どもに興味のない女性、何が何でも血のつながった子が欲しい女性、無知のまま遊んでいるうちに妊娠した女性、経済的などの理由から泣く泣く子を手放す女性。
こうした女性たちを一堂に集めたら、出産や子育てについて、どんな話しをするのだろう。
同じ日本人にもかかわらず、全く理解し合えないかもしれない。
出産や子育ては個人的な問題ともいえるけれど、大枠としての方向性みたいなものはないのだろうか?
たとえば、「命は尊い」といえば、ほとんどすべての人がうなずくような。
「出産や子育ては○○」といった、大多数の人が納得できる共通認識というのはないのだろうか?

たとえば、フランスでは、子どもを育てる価値として、「自分が大人になる」といった言い方をよくする。
このような表現は日本で聞いたことがない。
「子育てには、”自分が大人になる”という素晴らしい価値がある」となれば、より人間的に大きくなるために子育てしようか、という気になるかもしれない。
出産そのものより子育てに重きを置いたら、血にこだわって苦しむ必要もないかもしれない。
フランスは代理出産禁止だが、養子縁組はかなり盛んだ。
軽率な中絶も、遊んだはずみの妊娠も、大人として失格との自覚が生まれるかもしれない。

「子どもは苦手だから欲しくない」という人がいても不思議ではない。
フランス人なら、「子育ては価値があるのよ!」と議論になりそうだが、「子育ての良さがわからないし、価値はあるの?」という日本人は多そうだ。

日本人の「出産や子育て」のイメージはどんなものだろう?
子どもはかわいい、愛する人の子どもが欲しい、結婚したら普通のこと、家族を作りたい、とかかな?
「子どもはかわいい」というのはわかるが、子育てはそんな楽しいことばかりではないだろう。
「愛する人の子どもが欲しい」というのはあるだろうが、「結婚したら子どもができるのは普通」といった考え方は、昔ながらの家族の形に執着している気がする。

子どもが欲しくなったら事実婚から結婚に切り替える、というのはフランではよくある話だが、その場合、家族を作りたくなったから結婚する、のであり、結婚したら子どものいる家族が普通、というのとは違う。

日本の伝統的な「出産や子育ては○○」(たとえば、”女性として当然の喜び”とか)は、現代社会に生きる女性に適合しているとは必ずしもいえない。
だからといって、説得力のある新たな価値観はないし、共有もしていない。

この国の少子化政策は、経済的な理由が中心のように思えてならない。
つまり、高齢者を支える人や労働者を増やすための政策。
一方で、代理出産は、血統をつなぐ、女性であれば出産の喜びを味わうのは当然、といった個人的な理由で語られることが多い。

同じ出産や育児でも、それぞれがバラバラに進んでいくので、結局、チグハグのまま解決できないなのではないかと思う。
[PR]
by k_nikoniko | 2007-04-28 23:57 | 男と女

フランスの真似をして少子化対策といっても

日本の少子化対策は、フランスを参考にするらしい。
フランスでは、90年代なかばに出生率が最低に落ち込んだといいますが、当時、「出生率をアップさせよう」と躍起になっていたのか記憶はありません。
それよりも、「子どもを育てられる社会にするには何が必要か」が問われていた気がします。
日本とフランスの大きな違いは、男女の力関係と結婚や子どもに対する考え方です。
出生率が低下してい当時のフランスではすでに、子どもを持つ女性が働くのは普通でした。
女性の発言権はそれなりにあったし、「男性学」について議論が盛んでした。
事実婚が一般化していて、結婚との差がほとんどありませんでした。
男性は家事に参加していたし、ベビーシッターもよく利用されていました。
日本にはこうした土台がないため、フランスの真似をして資金投入したからといって同様の結果になるとは限らないのでは?

以前にも書きましたが、90年代なかごろ、女性誌(マリークレールだと思う)に「女性を愛する企業」という記事が掲載されました。

記事は次のようなリードではじまります。

アイロン係りや家政婦、託児所、スポーツジム、勤務時間の調整。女性に理解を示す企業がある。女性を十分に愛する企業は、女性を雇用し、教育し、昇進させる。今回の調査で、考えていたより多くの企業がそうしていることがわかった。女性が二重生活(訳注:仕事と家事)の危機と重圧のなかでも仕事にしがみつき、やる気があるのに報われないことを、こうした企業は理解しているともいえる。
[PR]
by k_nikoniko | 2007-04-18 12:24 | 男と女

独身でも子持ちのフランス男

寺島しのぶさんの結婚相手(フランス人)に子どもがいると判明し、レポーターが騒いでいた。
でも、40近いフランス男性で、子どもがいない人のほうが珍しいともいえる。
断言はできないけれど、かなりの確率で子持ちではないだろうか。
だからといって、既婚者でもなく独身。結婚暦がないケースも多い。
フランスでは(というか、イギリスや他の西欧先進国はどこも)、独身=子どもはいない、と考えないほうがいい。
30代の男性は子供がいるかもしれない、と覚悟して(?)いたほうが無難だ。
フランスでも、母親が子どもを育てる割合が高い。
しかし、週末やバカンスは、父親と過ごすことになっている。
別れた場合、両親で子どもの世話をしなければならない法律があるからだ。
なので、子連れでデートするのも普通だ。
自分は子どもを産んだり育てたりした経験がなくても、突然母親の役割が回ってくる。
そういうことが、フランスではほとんど問題にならない。
だから、自分が子どもを産んで育てることも、それほど苦にならないのかな、と推測する。
子どもの扱いに慣れているからだ。
女性に置き換えても、同じである。独身だが子持ち、という女性がたくさんいる。
知り合いのフランス人の男性は、好きになる女性がいつも子持ちで、その子どもたちと必ず仲良くなる。
彼自身の子どもはいないのだが、一緒に過ごした子どもは大勢いる。
フランスの出生率が注目されているが、こうした“しなやかな精神構造”も大きな要因ではないかと思う。
[PR]
by k_nikoniko | 2007-03-11 19:28 | 男と女

ヨーロッパでは家族が話題

先月1ヶ月間で、イギリスやフランスのメディアで“家族”が何度か特集されました。
「家族とは何か?」「新しい家族」といった、家族の価値を見直す内容がほとんどです。
フランスのある週刊誌でも家族特集をしていて、ローマのL’Espresso紙のフランス語訳が掲載されました。
そのなかに、日本を含む11カ国の出生率が載っていたのですが、日本(1.33人)より出生率が高いのは、フランス(1.88人)、アイルランド(1.97人)、イギリス(1.64人)、アメリカ(2.01人)です。後の6カ国は、ドイツ(1.31人)、スペイン(1.26人)、イタリア(1.26人)、ポーランド(1.24人)、チェコ(1.17人)、ロシア(1.32人)。
フランスで出生率が上がった理由は、フランスに移民してきた人たちが子沢山だから、という意見もあります。出生率のいいイギリスやアメリカも移民が多いので、それが影響しているのかもしれません。アイルランドはカトリックの教えで、中絶や避妊に否定的だからとも考えられます。
日本では、「出生率の低下」で、世の中終わってしまったかのように大騒ぎしていますが、他の先進国と比べて、特別ひどいわけではないのです。
少子化対策について、ヨーロッパ14カ国の3万人に聞いたところ、望んでいることは国によって違ったそうです。
西ヨーロッパでは、「経済的な援助と労働時間の改善を組み合わせた対策」が重要だとみています。
中央および東ヨーロッパでは、「安定した雇用と家庭生活の両立」が求められています。
子供が欲しくないというドイツ人やオランダ人は、「少子化対策の効果が不確かで、信用できない」と答えたそうです。
日本の場合、経済的援助が優先されていますが、格差社会となった今では、安定した雇用により力を入れるべきなのではないでしょうか。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-08-07 10:38 | 男と女

フランス出生率のからくり

出生率が下がる一方の日本では、フランスの出生率アップがたびたび話題になっています。
そこで、数人のフランス人に出生率についてたずねてみたところ、返ってくるのは、「フランス人が子供を産んでいるわけではない」という答え。
フランスの出生率を上げているのは、子沢山の伝統を持つ国から移住する人々が増えたおかげだという声も少なくありません。
それは大いにありえるので、フランスの出生率アップ情報を鵜呑みにするのは、短絡的かもしれません。
とにかく、日本は出生率にこだわりすぎるます。
そもそも、出生率など競うものでもないでしょうに。
フランス人が子供を産んでいないにしろ、フランスの育児対策が成功しているのは確かです。
養育費や託児所、その他、子供を育てる環境は着実に向上しています。
私の記憶が間違っていなければ、育児対策は、出生率を上げる目的というより、女性の社会進出に伴う変化に対応するためだったと思います。
もちろん、その根底には“出生率を上げる”のが目標だったのですが、それを前面に押し出してアピールしていたようには思いませんでした。
今の日本は、毎日毎日「出生率」という言葉を聞かされ、競争を強いられているかのようです。
出生率を上げたい理由は、労働人口、年金支払い者、高齢者を支える層を増やしたいだけ、とも受けとれます。
フランスで出生率が上がったのは、数合わせのための育児対策をしたからではなく、人々の要求に応えた結果なのだと思います。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-06-17 18:50 | 男と女

家族作りのモチベーション

恋愛、結婚、離婚といったフランスの記事のほとんどに、「不安の多い現代社会では、カップル生活を心のよりどころにしようとしている」とか、「カップル生活をしながら自己実現を目指す時代」という表現が出てきますが、こうした考え方は日本にないように思います。
「カップル生活に夢や希望を抱きすぎる」とフランスでよく指摘されるのですが、二人で暮らし、家庭を作り、子供を産んで育てることに、彼らは強いあこがれを持っているらしいのです。フランス人が描くカップル生活は“愛のある暮らし”でなければならず、かなり理想が高いともいえます。
それゆえ、恋愛もカップル生活(結婚を含む)も離婚も、つねに本気モードです。
フランスに限らず、ヨーロッパの多くの国で、“家族”の価値が高まっている印象を受けます。
一方、日本の場合、不安な社会でなるべく安泰を手に入れる方法としては、結婚せずに親元に同居するか、生活レベルを落とさない独身生活が好まれます。
結婚しない理由や出産しない理由も、「自分の生活を犠牲にしたくないから」といった類が上位を占めていると聞きます。
二人で暮らし、家庭を作り、子供を産んで育てることへのモチベーションが、日本人は少し曖昧です。
精神的な意味で、日本人はカップル生活への夢や理想が希薄であるような気もします。
それでいて、結婚式はこうしたい、新居のインテリアはああしたい、といった物質的な要求においては、いきなり夢見がちになるのが日本人です。セレブ・カップルにあこがれるのは、彼らの精神的なつながりに共感してというより、カップルとしての表面的な格好良さがうらやましいだけのように見えます。
それとは反対に、カップルの日常生活に関して、フランス人は現実的といえます。
たぶん50年代ぐらいまでは、両国の結婚観にそれほどの差はなかったのかもしれません。でも、ここ数十年で、全く違う方向に進んでいるのではないか、と思うことがあります。
どちらが正しい道かはわかりませんが、出生率の結果がひとつの答えと考えられなくもありません。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-04-18 00:25 | 男と女

出生率アップと子供の危険度

ロンドンの友人のメールによると、子供の問題について、「イギリス国民総パラノイアになっている」そうです。
他人の子供の頭をなでたり、写真を撮ったりしてはいけなくなったとか。
程度にもよるのですが、訴えられる恐れがあるので、細心の注意が必要なのだということです。
虐待、性犯罪、差別、暴力と、子供を取り巻く環境はますます悪化しています。
日本では、フランスの出生率が上昇していることを紹介する記事が多くなりました。
確かに、日本に比べて、フランスの育児政策は手厚いといえるでしょう。
でも、出生率のアップと比例して、というより、それ以上のスピードで、子供が危険にさらされる率も高くなっているのは事実です。
そのような状況でも、子供を産んで育てたい人は増えているともいえます。
出生した子供の数で比較するのはわかりやすいともいえますが、本質が見えてこないというか。
「出生率アップ=育児政策の強化」とは単純に言えない、さまざまな別の要因があるのではないかと思うのです。
それが何なのかを探らないと、日本で応用できないような気がします。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-04-03 00:06 | 男と女