フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
南スーダンPKO派遣差し止め..
at 2017-03-03 11:39
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-02-24 11:36
約126万人が義務教育未終了
at 2017-02-16 13:11
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


タグ:子育て ( 4 ) タグの人気記事

イクメンも気軽に集うパリの子ども専用カフェ

2010年11月のある土曜日、パリ19区にあるカフェゾイド(Cafézoide)に行ってみました。
f0016260_2324865.jpg
ここは、8年前にオープンしたフランス初の子ども専用カフェ。
遊んで、笑って、学べるカフェです。
非営利団体が運営し、プロの教育者(音楽やダンスのインストラクターなど)とボランティアが子どもたちに遊び場を提供しています。
土曜日ということもあり、カフェは子どもたちと親でいっぱい。
驚いたのは、父親「フランスのイクメン」が多いこと。
まあ、育児するパパはフランスではすでに定着しているのですが。
f0016260_2331581.jpg
カフェゾイドは、年会費(子ども6ユーロ、大人10ユーロ)と、子どもひとり1回2ユーロの利用料(お金がない子どもは無料)で、1日中遊ぶことができます(昼食もしくは飲み物付)。
ただし、親の食事代は別で4~5ユーロ。
1階はカフェ、2階は広々したスペースになっていて、音楽やお絵かきなどを教えてもらえます。
f0016260_234863.jpg
f0016260_2343183.jpg
カフェに集まってくる子どもたちは、国籍も文化もさまざま。
代表のアンヌ=マリーさんは、「ここには暴力はありません。あらゆる国籍、あらゆる文化の子がやってきて、みんなで遊びます。私たちはすべての子どもたちを受け入れます。すべての子どもたちが私たちの子どもなのです」と語ります。
f0016260_2383593.jpg
食事はランチのみで、メニューは野菜中心のスローフード。
農業支援をしている非営利団体AMAPから野菜を購入しています。
f0016260_2332931.jpg
f0016260_2335031.jpg
日本の「子育てサロン」と大きく違うのが、パパの人数が多いこと。
アンヌ=マリーさんは、「ママとパパの人数は同じぐらい。カフェなので、男性も居心地がいいようです。子どもたちと自由に楽しく過ごしてますよ」と笑う。
f0016260_2391029.jpg
また、カフェゾイドは、毎月最終金曜日に、このようなカフェをオープンしたい人向けに、運営方法などを教えています。
いまでは、フランスに子ども専用カフェがいくつかあるそうです。
家族の変容、教育崩壊、貧富の格差など、フランスの子どもを取り巻く環境は厳しく、こうしたカフェの存在は、子どもたちにも親にも必要なのだと感じました。
[PR]
by k_nikoniko | 2013-11-14 08:55 | 男と女

子どもの楽園はどこに

子どもはどの国で生まれるのが幸せか? 本人には選択の余地がないわりに、その後の人生に多少なりとも影響する問題といえる。
以前、妊娠した友人が興味深い手紙を送ってきたことがある。日本では妊婦がお産について学ぶ教室が開かれており、そこに通う“将来の母親”たちは、えらく気合が入っているという。お腹の中にいるうちから、わが子の人生設計を立ててしまっている親がいるというのだ。子どもが誕生したら、どこの幼稚園、そしてどこの小学校、と、特に東京など首都圏に住む親は忙しい。子どもの意思など考える余裕もない人もいるらしい。
子どものほうも、塾やおけいこ事で毎日大変。こちらもまた、自分が何をしたいのか考える時間などなさそうだ。この世に生まれ落ちた瞬間から受験戦争に巻き込まれてしまうのは、日本人に生まれた宿命なのだろうか。
それでは、フランスはどうだろう。子どもを持ったからといって、“母”としての役割だけを果たす女性は少ない。あくまで“女”であることを忘れないフランス女性は、そこだめ子どもの人生を独り占めしない。父親もしかり。ただし、男、女を捨てないということは、ヘタをすれば子どもを犠牲にする場合もあるのだが…。
受験で暗記したことは、忘れるのも早い。日本人は、考えること、意見を述べることに慣れていないために、外国生活で苦労した人も多いはずだ。
まだ経験がないので大きなことは言えないが、未来の子供のために、何が彼らにとって幸せかを考えたいと思う。
パリの美術館、博物館では、親子連れの家族をよく見かける。幼児期からアートに触れる機会が多い彼らは幸せだ。緑が豊富で自然にも恵まれている。こうした環境が、大人にも子どもにも心の余裕を与えているのだろう。
子育てはとてもクリエイティブな仕事だと思う。まずは我々大人が“センス”を磨かなければならないのかもしれない。

『Boulevard』 1995年7/8月号
[PR]
by k_nikoniko | 2013-08-28 08:48 | メディア掲載記事(1991~1999)

子を持つ働く女性の苦労・フランスの場合

10年以上前にフランスの雑誌に掲載された「仕事と家庭の両立」に関する記事の抜粋です。

「家族は働く母親を責めないが、仕事の世界では違う」
モデルや女優、有名人が出産を自慢しても、広告が子供を誉めそやしても、子供に関する雑誌やテレビ、書籍がブームになっても、職場においては母親だということがタブー視される。
30年以上前から、女性が産むか産まないかを決定できるようになった。つまり、母親になるには、信念と熱意が必要とされ、身を捧げなければならない約束になったともいえる。
ある精神科医はこう語る。
「女性が母親になるというのは、文明的な作業にもかかわらず、周囲の人はほとんど支援しようとしない。診察にやって来る女性患者たちから毎日聞かされるのは、母親でいることの難しさと現実社会における孤独に関してだ」
出産および育児休暇、男性中心の企業体質が、女性を不利にしている。
母親でいることは、つねにエネルギーが必要とされる。妊娠中に大きなお腹で地下鉄に乗ったり、子供を連れて公共の交通機関を利用したり、ベビーカーで歩道を占領したり、ベビーシッターが急用で子供を仕事場に連れて行かなければならないなど、並々ならぬパワーが必要なのだ。
「社会は子供を必要としているが、女性が子供を産むための環境整備に関しては、あらゆる反対をしている」と政治学者は語る。
多くの女性が3人目の子供を望んでいるにもかかわらず、ほとんどが自制している。負担が大きすぎるし、複雑すぎるからだ。人口統計学的に残念だ。
しかし、時代は変わった。もはやあきらめたり文句を言う時代ではない。明白である不平等な状況、経済的および社会的な問題を解決しようと、女性たちはいたるところで公然と立ち上がっている。抵抗し、行動を起こし、警鐘を鳴らしている。
「女性が子供を持つことは、社会にとって有益である。なぜなら、仕事と家庭の両立を実現するには、共同体の支援が必要であるという事実を正当化するからだ」とエコノミストは言う。
「将来、母親を援助する空間が構築されるだろう。女性は中絶や避妊の自由を手に入れたが、それだけでなく、自由に出産するために最適な環境を手に入れなければならない。科学の進歩により、人間の出産が、人工的な生産にとって変わる恐れがある。科学的な人間の生産に将来おちいるのを阻止するための最後の砦が、母性本能だろう」と精神科医は言う。
母性の再認識に関して長年取り組んでいる歴史学者は、「母性を再考する最良の方法について自問している。というのも、母性を再考することはまた、父親の役目を考えることでもあるからだ。さらに、子供に対する関心についても考えることになる」
「経済的な視点から、女性の労働力は経済活動の重要なファクターである。女性は、国益という点で、もっと主張するべきだ」とエコノミストは言う。
行動すべきとはいうが、女性たちは主張しているのだろうか?
女性たちは夢を追うというより、先見の明を持っている。家事の分担はありえないとわかっているのだ。
しかし、女性たちは、政府の無関心な姿勢に絶望したりしない。なぜなら、女性も国民であり、その割合は多く、しかも、子供たちはこの国の未来だからである。
女性たちは、もはや男性社会に我慢するのではなく、働きやすい環境を作るために、明確で実用的な方法を主張しているのだ。
まずなによりも、政府側から全体的な政策の意図を示す必要ある。「専業主婦をモデルとした家族政策ではなく、現在の女性が求める家族政策であるべき」とエコノミストは言う。
企業の給料格差がなくなれば、カップルの収入が同等になり、男性も家事を分担するようになるだろう。社会に圧力をかけるには、特に母親たちが動き、強力なネットワークやグループを作らなければならない。
「母親の責任は、家庭内だけでなく、社会においても発達すべきである」と歴史学者は語る。女性たちがもっと国に働きかけ、どのような変革が必要なのか考えるべきだ。
経済的な利益や人口統計学だけでなく、エネルギーや優しさといった面で、母親は社会に貢献している。「母性愛を養うことは、より人間的なつながりを築くことであり、人と人との関係を示す好例となる」と精神科医は断言した。
「母性の束縛からの解放」のために戦うときである。「女性解放は、母親の解放を考慮に入れなければ失敗といえる」と、イギリスのフェミニストが主張している。

仕事と家庭の両立に悩むフランス女性


[PR]
by k_nikoniko | 2006-01-29 08:48 | ジェンダー

フランスの家族手当

フランス女性の世論調査のなかで、「この20年で最も改善されたこと」の回答として、「出産のための医療費補助、教育補助金、労働時間の減少」が目立った。
そこで、フランスの子育て補助について、「現代フランス情報辞典」(大修館書店)の数字を紹介。2003年刊行なので、その当時の状況として参考まで。
1ユーロ=138円で計算(端数切捨て)。

<福祉手当 (月額)>
家族手当:子供2人 約15000円、子供3人 約35000円、子供4人 約54000円、子供が一人増えるごとに 約20000円
乳幼児手当ておよび養子手当て:約23000円
養育親手当て:完全離職の場合 約67000円、50%復職 約45000円、50~80%復職 約35000円
公認ベビーシッター雇用援助手当て:3歳以下の子供 約19000円~約29000円、3~6歳の子供 約10000円~約15000円

<休暇>
週労働時間は35時間(週5日働くとして、1日7時間)
残業したとしても、週44時間が限度(つまり、超過は9時間までが限度で、週5日労働だと1日1.8時間まで)
フランスの年平均労働時間は1656時間(1997年)で、単純計算すると、20日×12ヶ月として、一日約6.9時間労働
年次有給休暇:5週間
その他の休暇:養子縁組休暇、出産休暇、育児休暇、珊瑚休暇、家族所用休暇
父親出産休暇:2002年より、14日間を生後4ヶ月以内にとる

<教育費>
義務教育は無償、大学まで学費がかからないことになっている
大学も国立で、学費は安い
学用品(教科書も含む)は実費:新学期に必要な金額(2002年)は、幼稚園 約7000円、小学一年生 約15000円、4・5年生 約23000円、中学一年生 約44000円、中学3年生 約46000円
生活困窮家庭には、約35000円の新学期手当てを支給
給食費の負担は、一食500円前後
下宿の場合、住宅手当を支給:パリ 約25000円、地方 約20000円

ただ、国民の負担も大きく、消費税(一般税率)は19.6%。
所得税は、200万~330万円ほどの年収の場合で31%。一般社会保障負担税は収入の7.5%。


[PR]
by k_nikoniko | 2005-12-12 07:51 | フランス