フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


タグ:子ども ( 6 ) タグの人気記事

子どもたちに笑顔を パレスチナでの取り組み3

マジダさんのセンターについて、今回が最終回です。
彼女は100円ショップで、子どもたちのために、イラスト入りのメモ帳や面白い形の消しゴムなどを選んでいました。文房具だけでなく、知恵の輪といったゲーム類もいくつか購入していたのが印象的です。

子どもたちをいかに楽しませるか。
そのためには、大人が大人としての役目を果たさなくてはなりません。
マジダさんのセンターでは、指導員やボランティア、母親の育成、そして地域の人々の意識改革にも力を注いでいるそうです。

以下、彼女の話を紹介します。

指導員やボランティアを育成するにあたり、2つの大きな障害が存在します。
ひとつは、大人も精神的な問題を抱えていることです。
スタッフのトラウマについて、ガザにある唯一の精神ケア専門施設に相談したところ、「うちのスタッフも同じ問題を抱えているので、そちらのケアはできない」と言われました。
もうひとつは、外部との接触が難しいことです。
外国のボランティアや専門家を呼びたいのですが、イスラエルの許可がおりません。
迷路の中のウサギのように、ただ走り回っているように感じることもありますが、できる範囲で、指導員やボランティアの能力開発のための特別プログラムも実施しています。
年度初めに、指導員とボランティアは2ヶ月の研修を受けます。テーマは、人権、子どもの権利、教育方法、芸術などです。教育に関しては、学校教育とは異なる“学び”の考え方、従来とは違う教育について学習します。
週の最終日にフリーディスカッションと評価を行い、指導員やボランティアが意見を述べます。その結果により、さらに別の研修を行います。
また、3ヶ月に3日ほどリフレッシュデーを設け、外部から講師を呼んで、指導員たちに新しい教育法やワークショップの方法を学びます。子どもたちの成長は非常に早いため、指導員はそれに対応できなければなりません。
母親たちへの教育も大切です。
月に2回ほど母親たちを集め、センターでどのようなことをしているか説明します。
それと同時に、子どもたちが家でどのように過ごしているか教えてもらいます。
こうした取り組みは、パレスチナでは斬新です。
センターの活動を継続させるには、親や地域社会の理解が不可欠なのです。

センターの建築には、フランス政府が補助金を出したのですが、建設に関わるのは地元の人に限定することを条件にしました。備品なども地元のものを優先しています。
ガザで購入できる物品は少ないのですが、地元経済に貢献したいと考えています。
ハマスが政権を獲得した2006年は、非常に厳しい年でした。
国際社会の批判を受け、その結果、子どもの教育に打撃を受けました。
無償で配布されていた教科書さえ不足し、私たちの活動予算の大部分が、義務教育の学費、靴や通学服といった緊急支援に向けられました。
食糧が不足しているときに、私たちの活動だけにエネルギーを注ぐことはできないので、社会状況を考慮してはいます。
とはいえ、私たちの活動は、緊急支援を主旨としているわけではなく、コミュニティー開発というか、子どもたちを通じて地域社会に力をつけ、地域を底上げし、建設していくことにあります。

2007年4月26日15時20分投稿


[PR]
by k_nikoniko | 2015-06-17 08:57 | 戦争

子どもたちに笑顔を パレスチナでの取り組み2

マジダさんのセンターでは、多様な活動を行い、失敗したケースもいろいろあったそうです。
そのなかで、「子ども議会」は成功している良い例だといいます。
f0016260_17320247.jpg
子ども議会は1993年にはじまりました。
そのきっかけとなったのは、子供たちのケンカだったそうです。
ケンカした子どもたちが自分たちで解決法を見出すにはどうしたらいいか?
マジダさんはじめ大人たちもどうすべきかわからず、手探りで「子ども議会」を作ったといいます。
子どもたち自身が、「子ども議会」を生み出し、維持しているのです。

センターの「子ども議会」はとても民主的です。
この話しを聞いていて感じたのは、「子ども議会」は民主主義の西側諸国から見習った制度なのかどうか、ということです。
西欧諸国は「イスラムの民主化」を謳っていますが、イスラム社会には民主主義的な側面が全くないのでしょうか?
西欧文化の民主主義を押し付けても成功しないのではないか?
そんな疑問をマジダさんにぶつけてみました。
すると、次のような答えが返ってきました。
子ども議会は、イスラムの伝統や文化に基づいています。
議会に最も近いイスラムの伝統的なやり方に、シューラという仕組みがあります。
シューラとは、みんなが一致したリーダーを選び、リーダーがものごとを決めていく方法で、子ども議会も全員でリーダーを決めます。
ただ、シューラはコーランに基づいており、女性の参加を限定していますが、センターでは自分たちの決めたルールにより決定し、女の子も積極的に参加できます。
西欧諸国はイスラムの民主化を目指していますが、私たちにしてみれば、西欧がシューラのアイデアを参考にしたのではないかと思っています。
英国議会の歴史は長いのですが、英国議員には階級があり、ある議員が演説している間、下級の議員も立たなければなりません。
でも、子ども議会は平等で、ひとりが立って話し、座ってから次の人が立って発言します。

西欧がシューラのアイデアを参考にしたのではないか。
その例として、マジダさんは、米国からのある申し出について教えてくれました。
2003年に米国の支援団体から、子ども議会の向上のために16万ドル(約2000万円)援助すると提案されたといいます。
子ども議会にかかる費用は年間500~700ドル(10万円以下)ほどなので、資金の一部をセンターの増築、備品や教材の購入といった別の目的に使いたいと伝えたところ、“援助資金は子ども議会だけに限る”と言われたそうです。
子ども議会に携わっているボランティアの月給を600ドルにし、交通費や携帯電話などの経費を支払えばいい、と米国側は交渉してきたのです。
センターでは、指導員でさえ月給は450ドルほど。あまりにも法外な金額なので、申し出を断ったといいます。
「子ども議会」はパレスチナ人が考えてはじめたのですが、米国がそれに便乗し、お金の力を借りて、「イスラムの民主化」を推進しているともいえます。
何だかいやらしいです。

さて、子ども議会について、マジダさんの話を紹介します。



More
[PR]
by k_nikoniko | 2015-06-16 09:01 | 戦争

子どもたちに笑顔を パレスチナでの取り組み1

紛争がつづくパレスチナでは、子どもたちが希望をなくし、学校にもいけず、遊び場もない状態で暮らしています。
子どもたちの心の傷をどう癒すか。
昨年(2006年)来日したマジダさんが所属するCFTAの取り組みは、大変興味深いものでした。

マジダさんの住むハンユニスはガザの南部に位置し、人口は15万ほど。ガザに比べて発展に遅れた地区です。
教育システムの整備が不十分で、義務教育を終えた子どもたちは進学先がありません。
行き場のない子どもたちは、幅1メートルほどの狭い道で遊んでいます。
子どもの数は増加しており、人口の過半数が15歳以下です。
一世帯の子どもの数は平均5~7人で、ほとんどが2間ほどの住居に暮らしているそうです。

子どもたちは自由に走り回る場所がありません。
そこで、子どもたちに安全に遊ぶ空間を提供する施設ナワールセンターが作られました。
ガザでも貧しい地域にある唯一の子どものための施設で、6~12歳の子どもを受け入れています。
スタッフは、マジダさんを含めて4人で、残りはボランティア。資金も備品も十分とはいえません。
当初の計画では定員80~120人だったのですが、600人の子どもを受け入れています。

以下は、マジダさんのお話。



More
[PR]
by k_nikoniko | 2015-06-15 07:38 | 戦争

イクメンも気軽に集うパリの子ども専用カフェ

2010年11月のある土曜日、パリ19区にあるカフェゾイド(Cafézoide)に行ってみました。
f0016260_2324865.jpg
ここは、8年前にオープンしたフランス初の子ども専用カフェ。
遊んで、笑って、学べるカフェです。
非営利団体が運営し、プロの教育者(音楽やダンスのインストラクターなど)とボランティアが子どもたちに遊び場を提供しています。
土曜日ということもあり、カフェは子どもたちと親でいっぱい。
驚いたのは、父親「フランスのイクメン」が多いこと。
まあ、育児するパパはフランスではすでに定着しているのですが。
f0016260_2331581.jpg
カフェゾイドは、年会費(子ども6ユーロ、大人10ユーロ)と、子どもひとり1回2ユーロの利用料(お金がない子どもは無料)で、1日中遊ぶことができます(昼食もしくは飲み物付)。
ただし、親の食事代は別で4~5ユーロ。
1階はカフェ、2階は広々したスペースになっていて、音楽やお絵かきなどを教えてもらえます。
f0016260_234863.jpg
f0016260_2343183.jpg
カフェに集まってくる子どもたちは、国籍も文化もさまざま。
代表のアンヌ=マリーさんは、「ここには暴力はありません。あらゆる国籍、あらゆる文化の子がやってきて、みんなで遊びます。私たちはすべての子どもたちを受け入れます。すべての子どもたちが私たちの子どもなのです」と語ります。
f0016260_2383593.jpg
食事はランチのみで、メニューは野菜中心のスローフード。
農業支援をしている非営利団体AMAPから野菜を購入しています。
f0016260_2332931.jpg
f0016260_2335031.jpg
日本の「子育てサロン」と大きく違うのが、パパの人数が多いこと。
アンヌ=マリーさんは、「ママとパパの人数は同じぐらい。カフェなので、男性も居心地がいいようです。子どもたちと自由に楽しく過ごしてますよ」と笑う。
f0016260_2391029.jpg
また、カフェゾイドは、毎月最終金曜日に、このようなカフェをオープンしたい人向けに、運営方法などを教えています。
いまでは、フランスに子ども専用カフェがいくつかあるそうです。
家族の変容、教育崩壊、貧富の格差など、フランスの子どもを取り巻く環境は厳しく、こうしたカフェの存在は、子どもたちにも親にも必要なのだと感じました。
[PR]
by k_nikoniko | 2013-11-14 08:55 | 男と女

事故直後の福島の女性たちの訴え

2011年6月に福島に行こうと決めたのは、福島の母親たちのお話を聞いたからでした。
東京で集会に参加し、福島からの3人のお母さんの訴えを聞きました。
福島の方々がどのような思いで日々暮らしているのか、その実状を直接耳にするのははじめてでした。
不思議なほど、福島からの声は、私たちに届きません。
メモもとらなかったので、うら覚えですが、お母さんたちのお話の一部を紹介します。

福島第一原発のある町が出身で、父親は東電の下請会社の社員だった。
原発の恐ろしさは、子どもの頃から知っていたが、反対運動には参加してこなかった。
結婚して福島県伊達市で暮らしはじめる。
原発からは50キロ離れているので、何かあったら逃げられるだろうとたかをくくっていた。
事故が起きたときは、周囲の人が驚くほど、子どもたちに完全装備させ、学校に通わせた。
まわりのお母さん、お父さんたちにも、原発の危険性を訴えたが、冷たい反応をする人もいた。
テレビに出演などしたため、無視されることもあった。
PTAの役員をやっている責任から、自分だけ逃げるようで、避難を決意するのをためらったが、最終的に札幌へ避難することにした。

福島市在住で、子どもは今年高校に進学。
希望する進学校に合格した息子を尊重し、福島にとどまる決意をする。
福島原発の電気が東京で使われていることも知らなかったし、原発についてはほとんど関心がなかった。
最初は御用学者の「安全」という言葉を信じていたが、学校の対応などの疑問から、自分で勉強をはじめ、さまざまな事実に気づいた。
この事故で、はじめて、市や県に問い合わせたり、直接職員にかけあったりした。
「子どもの20ミリシーベルト問題」では、文科省にまで出向いた。
福島県では、県産の農産物の安全性を謳い、東京などにも売り込んでいるが、福島産のものは食べないでほしい。
「息子が年下の女性と結婚するとしたら、今、学校給食を食べている世代かなぁ」と想像したら、給食に汚染された食品が使われるのではないかと心配になり、調べはじめた。
これまで何も知らなかったことを反省している。
今後も福島にとどまり、自治体を動かす力になりたいと思っている。

事故が起きた当初、御用学者の言葉を信じ、放射能の危険性には無頓着だった。
心配する知り合いに、「大丈夫だよ」となぐさめるのが私の役目だった。
インターネットの情報もいろいろで、真実がわかなかった。
子どもを守らなければ、と自らさまざまなツールを駆使し、正しい情報を収集していった。
自分で調べた結果、避難すべきだと決意した。
まわりの親たちにも説得しているが、多くがまだ安全だと信じている。
どうしていいのか、迷っている親たちもたくさんいる。
子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」には、「本当は安全じゃないんですよね?」と電話で聞いてくるお母さんが増えた。
そういう親に、できるだけ真実を伝えたいと思っている。
私には、子ども以外、失うものは何もない。
だから、放射能も怖くないし、国や自治体、東電も怖くない。
一筋縄ではいかないけれど、子どもたち、その孫、そしてその孫のために闘うしかない。
子どもたちは、「外で遊びたい」とも言わない。その聞き分けの良さが、かえって不安だ。
この反動がどのように爆発するのか、精神的なストレスを心配している。
[PR]
by k_nikoniko | 2013-09-15 09:06 | 原発・核

保養と移動教室の拡充を求める院内集会と市民会議

10月19日、「復興予算を被災者へ! 福島の子どもたちに笑顔を -保養と移動教室の拡充を求める院内集会-」が、参議院議員会館で行われました。

まず、伊達市で取り組んでいる移動教室が紹介されました。
こうした移動教室の申し入れは、広島などからかなり早い段階にされていたのですが、なかなか進んでいないようです。
いただいた資料によると、伊達市内の21の小学校のうち、参加校は9校。受け入れ人数の制限もあり、大規模校は対象外だったとのこと。

つづいて、福島からの参加者が報告し、郡山市立中学校3年生の横田優(すぐる)さんが、次のように訴えました。

3.11以降、原発事故が起きて、生活がガラッと変わったのですが、変わった生活の中で、自分たちが
いままでどおりの生活をしようとしてもできない。そんな現状というのは、とてもストレスというか不安というか。
日々抱えているストレスを少しでもなくすために、移動教室であったり、保養プログラムが充実していったらと思います。
僕も去年、今年と2年続けて北海道に保養プログラムに参加させていただきました。北海道ではマスクをつけずに、当たり前の生活をしますし、草原に大の字に寝転んだりもできました。放射能のストレスを感じずに過ごしたというのは、自分のなかでも大きかった。
自分の経験をふまえると、ストレスから、福島から逃げる、というのは、僕も含めて、福島の子どもたちに本当に必要であり、大切であるんじゃないかな、と思います。
それが平等に与えられているか、というと、そういうわけでもなく、ひとりひとり情報の入手経路が違い、新聞からだけ、携帯からだけしか情報を手に入れられない、というように格差が生まれると思います。
その格差を少しでも埋めるには、行政の協力が必要だと思います。時間を公平に与えるのは、行政の協力があってこそ、と僕は考えていて、福島県の子ども全員を救う、守るためには、行政の協力がなくてはならないんじゃないかな、と思っています。
子どもたちの負担も少なく、のびのびと生活していくためには、学校単位での移動教室というのが、重要になっていくのではないかと思います。
これからも、保養プログラムが継続されて、移動教室が、伊達市だけでなく、浜通り、中通り、そして会津地方、県内全域で実施されることが、福島の未来、しいては日本の未来につながっていくのではないかと思います。ぜひ、そういった面を考えていただければ、というのが、福島の中学生から、子どもからの声です。

集会に引き続き、被災者支援法の中身を考える市民会議が、ワークショップ形式で行われました。
私が参加したグループでは、避難での支援のなかで必要なこと、として、「国民の理解」「交通費」「教育」「保養」などについて、意見を出し合いました。
いろいろ話しているうちに、あまりにも問題が大きすぎて、どこからどうはじめていいのか…、といまさらながらの印象です。
1年半以上がたち、問題は広がるばかりです。
f0016260_11183040.jpg

[PR]
by k_nikoniko | 2012-10-23 11:18 | 原発・核