フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


タグ:北海道 ( 68 ) タグの人気記事

ピースウォーク or デモ行進?

1ヵ月前の昨日、札幌でピースウォークが行われた。
札幌の繁華街が”騒然”となり、テレビでも放映された日である。
先日、ある人に、「あれはピースウォークだったんですか? G8反対のデモだったんですか? あの日以来、マスコミは”G8に反対するデモ行進”と報道しているけど、最初からその目的だったんですか?」と聞かれた。
ピースウォークのもともとの意図は、私にはわからない。
平和的に歩こうと思っていた人たち(歩行者天国だから、というわけではないので、それぞれそれなりの理由があったのだろうけど)と、G8に強く反対する人たちがごちゃ混ぜになってしまった、ということだろうか。
(追記:資料整理をしていたら、ピースウォークのプログラムが出てきました。「ピースウォークは、平和を求めるスローガンやデコレーションなどで、参加者それぞれが市民に対して意見を表明し、参加している人々との連帯と交流をはかるものです。…中略… G8サミットそのものに反対する人や、G8サミットに建設的意見を提言して盛り込ませようとする人など、G8に対して様々な意見の異なる人々が参加しています」とのことです)
ただ、海外から参加した人たちの多くは、”G8反対”を訴えるのが目的だった。
歩きながら道路いっぱいに広がろうとした(というか、実際に広がった)若者たちは、フランスのCNT(全国労働者連合)のメンバーで、あきらかに”反G8”だったはず。
話はそれるが、人の言うことを全く聞かないフランスの若者を久々に見て、笑ってしまった。この程度の奔放ぶりなら、まだカワイイほう。と思ってしまったが、日本でこれをやると、ものすごい自分勝手に見えるから不思議である。

集会のときに何人かの外国人と話したが、フランス人とバスク人は次のように語っていた。

ソフィーさん
私はフランスのFSU(教員組合を組織する統一組合連盟)という労働組合の一員です。今日の集会に参加したのは、この組合からは私ひとりです。
フランスにはたくさんの団体があり、労働者だけでなく一般の人々もまた、長い間、G8の責任とは何か、8つの大国が世界の政治を牛耳るべきか、といったG8サミットについての議論が繰り返されてきました。G8の時期には、労働組合やさまざまな社会運動が集会を開いています。フランスでは、小さな村でさえ、人々が参加する組織だったデモを行うようになっています。フランスでは、G8諸国によって政治的に支配されるのを拒否して、議論や会議、デモが行われています。
フランスに比べて、札幌の参加者は少ないですが、これを受け入れるしかないでしょう。
G8に異議を唱える運動としては、たとえば、昨年のドイツでのサミットでは、たくさんの人が集まりました。そのときには、フランスでも、たくさんの人がデモをしました。
そうですね、これはまた、たぶん、結集力の低下を表しているともいえますね。特にヨーロッパでは、ここ数年、団結することが難しくなっています。日本の状況は知りませんが、私の知り合いの話しによると、団結するのがより困難なのではないでしょうか。
結集力が大きく低下している国では、ストライキやデモをすることがより難しくなっています。
それに、ヨーロッパ人や南米の人にとって、日本はとても遠いですしね。

ホスさん。
私はESK(スペインのバスク地方の労働組合)の代表として札幌に来ました。
世界中でG8に対する抗議が存在しています。日本にも大きな団体や、労働組合といったさまざまな団体があり、こうした運動が起こっています。世界各地で行われている運動で、それぞれの経験を分かち合い、議論をして、結集することが大切です。そうすることで、強いインパクトを与えることができます。私は、ここに参加し、みなさんとG8に対抗してデモ行進をすることに大変意味があると思っています。

彼らは明らかにやる気満々で参加していたのである。
ところが、こうした動きに抵抗を感じている日本人は少なくない。
”アンチ”か”アンチではない”か。
G8が終わった後、こうした議論が、あちらこちらで起こっている。
「私は反G8のつもりはなかったけど、今回知り合った外国人に、”ここに参加していること自体、反G8ってことでしょ”と指摘されてしまった」と言っていた人がいた。
たぶん、札幌・北海道に集まってきた外国人は、大小の開きはあったとしても、何かしらG8に異議がある人だったと思う。
それに対し、日本人はそういうわけではなかった、というか。
いろいろ話を聞いていると、日本人は”反対”を表明するのにものすごい神経を使うんだなぁ、ということがわかった。
反対意見を言えない雰囲気(特に学校)のなかで育ったのだから、しかたがないともいえるけど。
しかし、”反対”することで社会的地位が危うくなる(つまり、仕事がなくなる)、と心配している人が多く、実際危うくなるのだろうから、それは大問題だと思う。

自分はどうかというと、途中から、G8のどこがどういけないのか、なぜ反対みたいなことを言っているのか、よくわからなくなってきた、というのが本音。
その理由は、G8自体についての勉強が足りなかったのと、国際社会の動きをきちんと理解していなかったのと、世界の人々の声を聞くことを怠っていたのと、などなど。
終わってから気づいたことのほうが多くて、いろいろ反省している。
ひとつだけはっきり言えるのは、G8のほとんどが西欧諸国で構成されていて、西欧の価値観を全世界に押しつけようとしている点はまったく賛成できない。
[PR]
by k_nikoniko | 2008-08-06 16:13 | 社会問題

G8で何をしたかというと

G8サミットが終わったとたん、恐ろしい数の警官がサーっといなくなった。
今となっては、いったいあれは何だったんだろう、という感じがしないでもない。
それでいいわけはないんだけど。

G8にかかわった、と書いたが、具体的に何をしていたかというと、市民メディア記者として取材をしていた。
市民メディアは、マスコミではなかなか報道されない市民の声を伝えるメディアで、主にインターネットで情報を発信している。
今回は、そうした市民メディアのためのプレスセンター(市民メディアセンター)が札幌に3ヶ所開設され、そこに国内外の市民メディア関係者が集まった。登録数300人だったかな?

私が主に書いていたのは、「日刊ベリタ」というインターネット新聞。
ちなみに、購読料は月1000円(+消費税)です。
G8関連の記事はこちら。よろしければご覧ください。
[PR]
by k_nikoniko | 2008-07-30 08:48 | 社会問題

さて、ターニングポイント

気づいたら、7月ももう終わろうとしている。
北海道で開催されたG8サミットにかかわり、あまりにも慌しい日々だった。
出会いもたくさんあり、会話もたくさんあり、考えることもたくさんあり、イラだったり笑ったりすることもたくさんあった。
私としては、ひとつの達成感を得たというか。
G8をターニングポイントにしようと思っていたので、その意味では、何かが終わり、何かがはじまった気がする。
G8にこだわったのには訳がある。
1)その前年から市民運動に足を踏み入れ、自分の身の置き場がよくわからず、納得できないでいたから
2)8カ国のうち3カ国に住んだことがあり、海外での経験は何だったのか、そして、日本の北海道の札幌に住むとはどういうことなのか、自分に問いかけてみたかったから
3)これを機会に、もう一度方向性を立て直したかったから
それゆえ、昨年秋以来、どんなことがあってもG8にこだわりつづけてみたのだ。
1)も2)も3)も、私なりに答えが出たように思う。具体的な答えは、また今度書くつもり。

ところで、ターニングポイントにふさわしく、このところ人間関係が大きく変わりつつある。
ここ3ヶ月ほどで、本当に多くの人と知り合い、グァンと違う方向に導かれている感じだ。
自然の流れで。たぶん。だから、そっちに身を任せてみようと思う。
出会う人もいれば、せっかく知り合ったのに、去っていく友人たちもいる。
昨日から今日にかけて、札幌を去るふたりに会った。
ひとりはドイツ青年。彼には無理やり大量の翻訳を頼み、たくさん助けてもらった。
ドイツ人はちょっと苦手だったけど、仕事でもないのに期日通りに仕上げてくれた彼に会ったので、考え方を変えることにした。
「いろいろ勉強になりました」と言ってくれてうれしかった。
私のほうこそ、ドイツのさまざまな制度や仕組み、若者の考え方を教えてもらった。
ドイツならいつか行けるかなぁ、とまた会えることを空想したりして。
もうひとりはモロッコからの研究生。東京で就職が決まり、明日旅立つ。
久しぶりにモロッコの話をして、また行きたくなってしまった。
昨日のことのようだけど、以前訪れてからもう10年も経っている。
彼は仕事が決まって生き生きしていた。
札幌で働き口が見つかれば一番良かったのだが、それがかなわず。
北海道の不景気はいつまでつづくのだろう、とため息がでる。
さらに、国際都市・札幌が実現するのは、もう少し先かなぁ、とも思う。
今回のG8を見てても。

さて、ターニングポイントでも、変わらないものもある。
ずっと連絡を取り合っている遠方の友人とか。
半年ぶりにイラクの友人にメールをしたら、すぐに返事が来た。
「バスラは暑い、電気の事情が悪くて大変」とのことだが、彼女は元気に暮らしているらしい。

何となくケジメがついたようで、これからが楽しみになっている。
ブログももう少しマメに書こう。。。
[PR]
by k_nikoniko | 2008-07-29 23:03 | ひとりごと

フランスのノーマルさと闇、そしてG8

インターネット・ラジオのフランス・アンフォを聴いている。
数日前から、フランスではデモやストが続いているようだ。
漁港では漁師が船で港をブロックしてストをしている。
パリでは約17万人が、年金対策に反対するデモ行進を行い、まだ混乱している様子。
G8を前にした札幌・北海道より、フランス市民たちはずっと盛り上がっている。
などと思っていたら、若者のネット心中のニュースが入った。
森の中に駐車していた車の中で、3人の若者が発見されたという。
日本だけじゃないんだ、知らなかった。
日本の問題、地域の問題が世界につながっている。
それをあらためて実感した。
G8まで40日あまり。
私たちの声を世界に届け、世界の問題を共有するためにG8を利用したい。
この機会を無駄にするのは、とてもとてももったいないと思う。
[PR]
by k_nikoniko | 2008-05-24 23:21 | フランス

普通の人

路上生活者のインタビュー記事を書くことになり、3人の方からお話しをうかがった。
過去の話などしたくないだろうなぁ、との心配をよそに、みなさん気軽に語ってくださった。あまりにも正直に話すので、どの部分を発表していいか、はずすべきかの取捨選択に悩んでしまう。人を傷つけるような文章など書きたくないし。
顔なじみゆえ、それぞれの人生を聞いてしまったら、ちょっと複雑な気持ちにもなる。
今日は3人目の方とコーヒーを飲みながら話した。
無口な人かと思ったら、意外におしゃべりで、楽しく過ごした。
帰り道、久しぶりに心が静まり、すっきりした気分になっていた。
このところ、「人道的なことをしてます」みたいな傲慢さが身についてしまったからかもしれない。
会う人の大半がその関係者で、やっぱり「人道的なことをしてます」タイプになってしまいがちだ。
もちろん、本当に立派な人もいるけれど、エリート意識が見え隠れする人もいて、そんななかにいると、イラついたり、ヘコんだりすることが多い。
久々に、普通の人に戻った気がした。
普通の人の感覚を失ったら、ただの自己満足でしかなくなってしまうよね。

3月15日売りの「ビッグイシュー」に書いてます。
もしよろしかったら、みなさんの町の販売員からご購入ください。
[PR]
by k_nikoniko | 2008-03-18 17:45 | ひとりごと

寒いけど心は…

今日の札幌は寒い!
歩くたびにキュッキュと雪が音を立てる日は、めちゃくちゃ寒い。
部屋に戻って、ストーブをつけて、お酒を飲んだら、やっと体が温まった。
ちなみに、灯油・ガス・電気代を節約するため、夜型から朝型にライフスタイルを変えた。
今年は(というか、冬だけは)規則正しい生活を心がけようと思う。
2008年もあっという間に過ぎていく。この9日間、邪念?と戦い、やっと落ち着いた。
いままで溜め込んでいたことを吐き出したら、とても楽になった。
追い求めていたものは、自分にふさわしいものではなかったみたい。
居心地のいい場所に戻り、心地いい人と過ごそう。もう背伸びはやめた。

サルコジ大統領の再婚話が、日本人にどのぐらい関係あるのだろうか。
と首をかしげながら、今朝のワイドショーを観ていたら、ひとつだけ、彼の言葉に感動してしまった。
「私も人間で、普通の人と同じように大切なこと、それは恋愛生活で…」とのコメント(正確ではないかも)。
生活において大切なこと、それは愛。
なんて言葉は、ここ日本では、恥ずかしくてなかなか言えない。
フランスにいたらサラリと言ってのけるのだろうけど、どっぷり日本人になった今となっては、非常に言いにくい。
でも、先日、Cちゃんと話していて、そんな感情がムクムクとわきあがってきた。
何のために平和を求めるか、何のために戦争に反対するか、何のために格差社会を憂うか。
市民運動の目的って何だろう、と話しているうちに、クリアになってきたのだ。
戦争のない平和で平等な社会になっても、難しい問題ばかりについて議論して、深刻なドキュメンタリー映画ばかり観て、ひとり寂しく生きるのなら、ちっとも楽しくない。
愛する人を理不尽な戦争で奪われたくないから、愛する人が生き生き働き評価されて欲しいから、平和で平等な社会になってほしい。
賢い人たちの理屈はもうどうでもよくなってしまった。
ただ単に、“愛し愛されて幸福になりたい”。だから、声を上げる。
というのは、わかりやすいし、多くの人が望んでいることではないかと思う。

漠然とした理想を求めるのではなく、「自分の愛する人」を「イラクのある女性(男性)の愛する人」と置き換えたら、感情移入もできるのではないだろうか。
今年はこんな風に、自分の目の高さで、社会を考えていきたい。
[PR]
by k_nikoniko | 2008-01-09 23:42 | ひとりごと

市民活動を市民の手に

参加していた市民団体の活動がひとまず休止となった日、これまで運動に縁が薄かった組で飲んだのですが、お酒がいいぐあいに回ってきたころ、外部から支援してくださったAさんが、「事務局は頭のいい人の集まりで、難しくてわかりにくかった」と言いだしました。
それを聞いたBさんは、「市民活動の敷居が高いと感じる訳はそれだ」と、喉のつかえがとれたようで、しばらくその話題で盛り上がりました。Bさんは、「そんなことも知らないの?」と言われたり、そんな視線を感じることがあり、ときどき肩身が狭かったそうです。
確かに、すべてとはいいませんが、市民活動は「頭のいい人の頭のいい人のための活動」になっているような気がしないでもありません。さらに言えば、「頭のいい人と行動することで自分もその気になって優越感に浸りたい人のための活動」でもあるというか。
私自身、この世界では常識とされている人物や事柄になじみが少なく、それでいて、「知らない」と言えなかったこともたびたびでした。
でも、こうした活動は、広く一般的な市民のためのものとはちょっと違います。市民と市民活動が乖離しているのです。
「政治を市民の手に取り戻そう」ではないけれど、「市民活動を市民の手に戻す」べきだと思います。
これは市民活動と違う道を歩いていた私の感想です。
この1年、「とっつきにくい市民活動の壁に風穴を通したい」と行動してきたのですが、風が吹いたのか、風が心地よかったのか、うっとうしかったのか、手ごたえはいまひとつわかりません。
私的には、新しい層を巻き込めなかったので失敗。
社会への関心の薄い人たちを振り向かせるにはどうすべきか。今はそれを考えています。
ところで、Bさんが口をついた、「オルタナティブな市民活動」というアイデアに心惹かれました。「難しくない、誰でも参加できる身近な市民活動があればいい」と。
”もうひとつの”市民活動。
暮らしのなかで矛盾を抱えながらも、声を出せないで苦しんでいる人たちには、最初の一歩としてのオルタナティブな市民活動が必要ともいえます。
もちろん、これまでの市民活動が培ってきた経験、豊富な知識、人脈は大変貴重で、短時間で手にいれられるものではありません。
そうした人たちに学びながら、一方で違うタイプの人たちの新鮮な発想や能力を取り入れ、協働で活動していけたらいいと思います。
それが受け入れられるのか、拒否されるのか。
長年活動にたずさわっている人たちはどう考えているのでしょう?
[PR]
by k_nikoniko | 2007-11-05 23:27 | 社会問題

ビッグイシュー札幌で今日から販売

f0016260_19174875.jpg今朝から、札幌でビッグイシューの販売がはじまりました。
昨日まであんなに暑くて天気がよかったのに、今日はあいにくの雨模様。
空までが札幌の不景気をあざ笑っているかのようで、腹が立ちましたが、自然現象に八つ当たりしてもしかたがない。
いまのところ、なんとか天気はもっています。
札幌ではまだ知名度がないため、「好調な売れ行き」とはいえないまでも、なかなかのすべりだしのようです。
なによりも、販売者が照れながらも晴れやかな表情なのがうれしいです。
夕方18時半まで販売している予定ですので、見かけましたら、ぜひご購入ください。
9月1日発売の最新号は、「ボノ(U2)」特集です!

札幌の販売場所は、4カ所です。
 札幌駅前通り・みずほ銀行前あたり
 大通り・西3丁目(駅前通り)あたり
 狸小路・4丁目入口あたり
 札幌駅前通り・日興コーディアル証券前、もしくは道庁近辺
[PR]
by k_nikoniko | 2007-09-03 13:43 | 社会問題

ビッグイシュー札幌上陸

9月3日から、札幌でもビッグイシューを買うことができます。
「ビッグイシュー」は英国ではじまった雑誌で、販売するのは路上生活者です。
この雑誌の売り上げが、彼らの社会復帰の資金になります。

英国で発売されたのは1991年9月11日。
この年の11月にロンドンに渡ったので、ビッグイシューのことは強く印象に残っています。
当時のイギリスは不況の真っ只中で、失業率は10%ほど。
暗い街の路上には、暗い表情の若者たちがたくさん座り込んでいました。
そんななか、一部のホームレスの人々は、「ビッグイシュー、ビッグイシュー」と独特の口調で、この雑誌を売っていました。
あの当時、ビッグイシューを抱えているのがステイタスといえるほど、カリスマ性のある雑誌でした。

バブルの日本から移り住んだので、あまりにも沈んだイギリスに失望し、陰鬱な気持ちになりがちでした。
でも、今考えると、どん底ともいえる雰囲気のなかで、イギリスはただ静止しているだけではなかったようです。
リサイクル容器や包装紙の使用、化粧品の動物実験反対、「ビッグイシュー」というホームレスの人々の支援、といった新しい試みがはじまっていました。
市民団体オックスファムは、ロンドンにいくつものショップを展開し、大規模なイベントを開催していました。

あの頃、語学学校でも、よく「ホームレス」の言葉が出ました。
忘れられないのが、「ホームレスは形容詞だから、ホームレス・ピープルが正しい」と何度も先生に指摘されたこと。
日本の新聞の記事に、“ホームレスが……”と書いてあり(しかも多用されていた)、とても気になってしまいました。
[PR]
by k_nikoniko | 2007-09-01 22:34 | 社会問題

えっ!日本の首相って

f0016260_10472815.jpg来年、北海道でG8(サミット)が開催されます。
毎日のようにG8関連のニュースを見聞きしますが、たぶん、北海道だけのことでしょう。
夏にパリに行ったとき、何人かに聞いたのですが、北海道でG8があることを知っている人はゼロでした。
それよりも、日本の首相が誰なのか、知っている人はほとんどいないかも。
7月8日、Solidaysというエイズ撲滅のイベントに行ったときのこと。
ちなみに、Solidays は3日間開催される大規模なイベントで、参加する市民団体は100以上。集客数は10万人を超えます。
このイベントで、反G8のブースを見つけました。
各国の首脳の顔を的に、矢を射るというコーナーです。
ブッシュ、ブレア、サルコジ…。8人の首脳のうち、6人の顔が並びます。
日本の首脳もあったのですが、なんと、小泉さんではないですか!
6月にドイツのハイリゲンダムでG8が終わったばかり。
なのに、お隣のフランスで、日本の首相が認知されていないのです。
この市民団体の人たちが気づいていないだけでしょうか?
この日はイベントの最終日だったので、もっと前に誰か指摘することもできたはず。
なかなか人気のコーナーで、次々と矢を射る人がいたのですが、日本の首相が違う人であることを、誰も気づかなかったようです。
これって、まずくないですか?
G8における日本の位置を思い知らされました。ただのお飾りというか、存在感なしです。
北海道をアピールするより、まずは日本の首相、日本の国際的役割を、世界の人々に訴えるべきではないでしょうか?
堂々と胸を張って発言できることがあれば、ですが。
[PR]
by k_nikoniko | 2007-08-30 10:49 | ひとりごと