フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


タグ:再稼働 ( 7 ) タグの人気記事

原発稼働ゼロでも電力需給は困らない

8月15日発売の『ビッグイシュー日本版』に、「原発稼働ゼロで、今夏の電力需給は間に合う。しかし、節電要請さえせず、原発依存で再稼働」を書きました。
認定NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)の研究報告「定着した原発ゼロの電力需給」をお読みください。

電力が足りているのに、どうして再稼働するんだ!
と、暑いのに怒り。
f0016260_14065875.jpg

[PR]
by k_nikoniko | 2016-08-17 14:07 | 原発・核

デモ日記:No Nukes Day(2013年10月13日)

昨日開催された再稼働反対の集会とデモ。
日中のデモだけ参加しました。
14時半ごろ、日比谷公園の霞門に到着したら、ものすごい人、人、人。
デモにまだはじまっていないのかと思ったら、出発を規制していて、ここで待たされていたのでした。
友人と合流しようにも、一歩も前に進まないので、待つこと30分。
先頭がスタートしてから1時間は経過しているらしく、不満をもらす人もいて、一時険悪なムードに。
f0016260_929817.jpg

コースの序盤は官庁街でしたが、休みで閑散としていて、ちょっとむなしい。
連休初日なので、銀座を堂々と歩いたほうが、目立ったのでは…。
f0016260_9312150.jpg

「デモを仕切るのって、けっこう難しいんだなぁ」と感じました。
久しぶりにデモに参加して、楽しかったけど。
[PR]
by k_nikoniko | 2013-10-14 09:33 | デモ日記

デモ日記:さようなら原発集会(2013年3月9日)

 東日本大震災および福島第一原発事故から2周年を迎え、3月9日に、東京・明治公園で「『さようなら原発1000万署名』市民の会」主催の「つながろうフクシマ!さようなら原発大集会」が開催されました。
f0016260_1738263.jpg

 第一部のリレートークでは、脱原発に取り組む団体の発言につづき、福島県葛尾村の小島力さんが「被災者救済を心から訴えます」と村民による集団訴訟について説明し、山口県祝島出身の花田恵美代さんは、祝島島民のメッセージを代読しました。
 そして各地から、茨城の東海原発から大石光伸さん、静岡の浜岡原発から伊藤実さんが現状を報告。青森の山田清彦さんは、「六カ所村再処理工場が事故を起こせば、東日本の広い範囲で人が住めなくなる」と語り、北海道の小野有五さんは泊原発について述べました。
福島からは、浪江町から避難した柴口正武さんが「私たちの願いは自宅で生活すること。そんな簡単なことがかなわぬ夢となってしまった」と避難者の窮状を訴え、双葉町の井戸川克隆前町長は東電と政府の対応の悪さを指摘しました。
 第二部は、女優の木内みどりさんの司会進行で、黙とうの後、鎌田慧さん、大江健三郎さん、落合恵子さん、澤地久枝さんの呼びかけ人4人がスピーチ。大江さんは「福島原発事故をなかったことにしようとする勢力と闘う。もう一つの原子炉も再稼動させないために働く、そして、今日のデモは完歩するよう努力する」と3つの決意を表明しました。
 また、作家の広瀬隆さんは上空に飛ぶヘリコプターで集会を空撮中継し、ネットで配信していることを紹介。そして、「原発を稼働させる方が多大な金がかかるということをマスコミはきちんと報道してほしい」と原発事故による恐怖の実態を指摘した後訴えました。
 集会のために来日した韓国の環境団体「韓国環境運動」の共同代表で「核なき世界のための共同行動」のチェ・ヨル代表が、韓国での脱原発の盛り上がりについて述べ、国際連帯を呼びかけました。
 最後に、福島から京都に避難している斎藤夕香さんが、「新しい人に伝えていかなければならない。私たちのことを忘れないで」と訴えました。そして、司会の木内さんが「ここにない人たちをどう動かしていくかが、私たちのやるべきこと」という言葉で集会は終了。
その後、2つのコースに分かれ、デモ行進に出発。「原発はいらない」「再稼働を許すな」などのシュプレヒコールで、沿道の人たちに脱原発を呼びかけました。
f0016260_17383047.jpg

f0016260_17384380.jpg

f0016260_17385466.jpg



『さようなら原発通信』 2号
[PR]
by k_nikoniko | 2013-10-13 10:34 | デモ日記

デモ日記:福島と札幌の金曜日抗議デモ

毎週金曜日に行われる首相官邸前抗議デモに呼応して、地方でも金曜の夜に脱原発デモが行われるようになりました。
札幌市では、道庁前で(2012年8月3日撮影)。
f0016260_15375557.jpg

福島市でもやっていました(2012年9月7日撮影)。
f0016260_15381245.jpg

[PR]
by k_nikoniko | 2013-10-07 08:26 | デモ日記

デモ日記:首相官邸前抗議デモ(2012年夏)

2012年の7月・8月は、けっこう首相官邸前デモに参加していました。

7月20日
f0016260_15291021.jpg

7月29日
f0016260_15295845.jpg

8月10日
f0016260_15331079.jpg

8月17日
f0016260_15334231.jpg

8月24日
f0016260_15342058.jpg

f0016260_15343380.jpg

[PR]
by k_nikoniko | 2013-10-02 08:08 | デモ日記

泊原発の報道が北海道から消えてしまった

8月18日に営業運転に移行した後、北海道では泊原発の報道がいっさいなくなってしまった。

地元紙の場合、泊原発3号機の報道は8月9日の朝刊からはじまった。
10日から13日までは記事が掲載され、14日はなし。
15日の夕刊から再開し、18日は切り抜いたら原型がなくなるぐらいのスペースが使われていた。
しかし、18日の夕刊以降、記事は1本もない。
福島の放射能についての記事はあっても、北海道の原発の話題はまったくない。
見逃しているとしたら、それぐらい小さな記事でしかなかったから。

テレビはあまり観ないけど、知っている範囲では報道されていない。

あまりにも見事(あからさま)に、示し合わせたかのようにいっせいに消えた。
自由意志からだろうか? それは考えにくい。
圧力がかかった、と疑わざるをえない。

福島原発事故の後、数人の福島県人とお話をした。
会話のなかに必ずといっていいほど出てくるのが、「情報はネットで調べた」という話。
「どうやって調べたんですか?」と聞いたら、「『チェルノブイリ』とか『放射能』とかの言葉で検索した。そういう活動にたずわっている人のブログを読んだりした」との答えが返ってきた。
「ネットで情報を調べた」というのは、声を上げたり、避難してきている人たちだ。
ある人は、「ネットをやる人とやらない人では、知っている情報量の差がものすごく大きい」と言う。
そしてみんな、「ネットで調べて真実を知ることができてよかった」と言う。
放射能との闘いという命がかかった問題だけに、ネットの情報に踊らされて、パニックになる人などほとんどいない。
みんな真剣に情報を収集し、知り合い同士で情報を交換し、勉強して考えて行動している。

北海道のマスメディアからいっせいに泊原発の報道が消えてしまった今、福島の方々がネットに頼らざるをえなかった状況は他人事ではなくなった。

というわけで、ネットで情報を探してみた。
「検査終了で運転再開を」 原発政策めぐり谷垣氏 (8月21日 産経新聞)
泊原発運転再開  もう「例外」は許されない (8月21日 徳島新聞 社説)
泊原発再開 安全対策は尽くされたか (8月21日 山陽新聞 社説)
泊3号営業運転 脱原発の方向性とは別問題だ (8月20日 愛媛新聞 社説)
泊原発2号機、26日から定期検査開始 (8月19日 読売新聞)
[泊原発再開] 住民の安心を最優先に (8月19日 南日本新聞 社説)
泊原発再開/安全性が保証できるのか (8月19日 神戸新聞 社説)
泊原発再開 安全と胸を張れるのか (8月19日 信濃毎日新聞 社説)
泊原発3号機再稼働~東京でも市民が要請書提出 (8月16日 OurPlanet-tv)
泊原発再稼働問題〜原子力安全委、安全チェックを保安院に丸投げ (8月11日 OurPlanet-tv)
北海道、泊原発の再開:科学的にはNO (8月10日 武田邦彦)


[PR]
by k_nikoniko | 2011-08-21 17:23 | 原発・核

海外メディアでも報道された泊原発再稼動の恥

泊原発3号機が営業運転に移行した。
あまりにも不名誉な全国初。言葉がない。

フランスのルモンド紙で、泊原発再稼動が報道された。
世界にも恥をさらす、本当に情けない。

日本で福島原発後初の再稼動
ルモンド紙電子版 2011年8月17日10時32分(現地時間、日本時間17時32分)

8月17日水曜日、3月11日の巨大地震および津波で起きた福島第一原発事故以来、はじめて、日本で1つの原子炉の再稼動が許可された。
北海道(北)に建設されている泊原発3号機が、”運転許可を交付され、16時間(フランスでは9時間)の営業運転を再開した”と事業者の北海道電力(Hepco)が発表した。高橋はるみ北海道知事は、4町村との話し合いを行い、原子炉の再稼動に”まったく異議がない”と北電側にたって宣言した。

日本の54原子炉のうち3分の4近くが、現在、メンテナンスか安全検査で停止している。地震や津波の危険性を理由に、より多くの日本人が再稼動の反対を表明している。

再生可能エネルギーへの依存に向けて

菅直人首相は、原発による電力供給を徐々に減らし、再生可能エネルギーに依存することに好意的であると述べている。しかし、経済産業省勢力は、政府による安全検査に合格したら原子炉の営業運転を再開することに賛成である。

北海道電力は、3月7日から3号機の調整運転中だったが、福島第一原発事故のため、営業運転へ公的には移行していなかった。経済産業省管轄の原子力安全・保安院は、最終テストは先週行ったと告げた。
[PR]
by k_nikoniko | 2011-08-17 19:54 | 原発・核