フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
南スーダンPKO派遣差し止め..
at 2017-03-03 11:39
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-02-24 11:36
約126万人が義務教育未終了
at 2017-02-16 13:11
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


タグ:メディア ( 14 ) タグの人気記事

BBCが雇用の多様性戦略で”白人の男性”を解雇

イギリスのBBCラジオのプレゼンターが、「”女性とアジア人を増やす”というBBCの雇用多様性戦略で、”白人で男性”の自分がクビになった」と訴える記事を見つけました。
この記事を読み、「女性でアジア人」の私としては、2つの意見が交錯。

ひとつは、「白人の男性であるのは、自分のせいではない(no fault of my own)」と彼は言うけれど、”自分のせいではない”肌の色や性で、これまでどれだけの人が、”白人の男性”に差別されてきたかを考えたら、その言い分はセコい、という気持ち。
このプレゼンターが悪いわけではないけれど、”自分のせいではない”肌の色や性で差別されるのは屈辱だということを、”白人の男性”も知るべき、という冷やかな感想がひとつ。

もうひとつは、仮にだけど、この男性がクビになり、その代りに「女性でアジア人」の私が採用されても、喜べないな、という思い。
単に「女性でアジア人だから」との理由で仕事をもらっても、うれしくない。
実力を買われたわけではなく、お情けなら、逆に屈辱的。

イギリスでは、テレビや新聞などジャーナリズム業界の男女や人種の偏りが問題になっているようです。

今年3月に発表された、ロンドンシティ大学の調査によると、「イギリスのジャーナリズム業界では、94%が白人で、55%が男性。男女の賃金格差は大きく、そこに暮らす他の民族の声は取り上げられていない」という結果になったそう。
でもね、「55%が男性」ということは、「45%は女性」ということで、それだけでも、日本より数段良いと思ってしまいました。

この調査の完全版に、「経験年齢別の女性が占める割合」が載っていました。

経験30年以上:女性33%
経験21年以上:女性42%
経験11~20年:女性46%
経験6~10年:女性52%
経験3~5年:女性50%
経験2年未満:女性65%

この数字を見ただけで、単純にうらやましくなります。
とりあえずジェンダー問題だけで言うと、女性が多ければ、取り上げるテーマも変わるし、視点も変わるし、報道の内容も変わると思うのです。
それと、経験30年以上は50代なので、その世代に女性が3割いるというのも、報道の内容に大きな影響をおよぼすはず。

ちなみに、日本のメディアでは、「雇用の多様性」がほとんど話題になっていません。
ググっても、ヒットしませんでした。

女性の割合は、少し古いのですが、2011年の内閣府男女共同参画局がまとめた「メディアにおける女性の参画に関する報告書」を参考まで。

新聞関連が26.8%、放送関連が25.9%。出版関連は50.5%。

年齢別の女性の割合は、新聞・放送・出版の総計で次の通り。

60代以上:女性13.2%
50代:女性15.6%
40代:女性24.5%
30代:女性33.0%
20代以下:女性49.6%

出版は比較的女性が多いので、新聞・放送に限れば、全体的に女性の割合は減り、特に50代以上の割合はぐっと下がると思います。

BBCの多様性戦略、「女性やアジア人」を優先するやり方が必ずしもいいとはいえないかもしれないけれど、日本の場合、そのぐらいの荒療治をしないと、ず~とこのまま、女性の声が届かない状況がつづくような気がします。


[PR]
by k_nikoniko | 2016-10-15 08:03 | メディア

フランスの独立系メディアがクラウドファンディング

フランスの非営利団体系メディア『Altermondes』が、存続のためのクラウドファンディングをしています。

国際問題、人権問題などを扱うメディアで、創刊は10年前。
フランスの新聞『リベラシオン紙』とコラボで特集号を発行したり、タイムリーでユニークな企画で、読者を増やしてきました。

クラウドファンディングの締め切りまであと5日。
現在、目標の81%でもう少しです。
ご興味ある方は、こちらへ。

フランスの非営利団体系メディア『Altermondes』
フランスのオルタナティブ・メディア

『Altermondes』は原発についても書いています。

ウラン採掘に苦しむニジェールの人々
原子力と民主主義



[PR]
by k_nikoniko | 2015-11-15 12:48 | メディア

戦時中の「興亜への協同新聞記者大会」

日本の戦時中のプロパガンダ映画に、こういうのがありました。
ナレーションもそのまま引用します。

昔も今も変わらない、というのが恐ろしいです。

興亜への協同新聞記者大会(1941年)

東亜弁論界の代表が一同に会して、意見を戦わせる歴史的な催し、東亜新聞記者大会は8月4日から1週間、中国革命の発祥地、広東の中山記念堂で開かれました。日本から23名、中国から50名、満洲国から7名、合計80名の代表者が出席。国民政府からは特に汪主席が林宣伝部長らを従えて大会に乗り込みました。林伯生(りんはくせい)氏の開会の辞をもって大会の幕は切って落とされ、汪主席の特別訓示をはじめ、終始真剣なる態度をもって東亜共栄の実践方法を協議し、東亜新秩序を建設のうえに幾多の大きな収穫をあげました。大会第4日には中山記念堂前広場において、新中国建設の意気軒昂(いきけんこう)たる中国童子軍を汪主席自ら閲し、その前途を祝いました。

これは、NHKが公開している「日本ニュース」のひとつです。
以下、サイトから引用した「日本ニュース」の説明です。

「日本ニュース」は、太平洋戦争を間近に控えた1940年(昭和15年)から終戦をはさみ、1951年(昭和26年)まで制作されたニュース映画です。制作したのは、「日本映画社」(※)で、1940年にそれまで4つに分かれていた新聞社や通信社のニュース映画部門を国策により統合したものです。
戦時中の「日本ニュース」は、日本軍や内務省の検閲を受けた後、毎週映画館で封切られ、国民の戦意高揚に用いられました。テレビがない時代、国民は「日本ニュース」が伝える真珠湾攻撃や特攻隊出撃、学徒出陣の様子を映画館で目にしたのです。
「日本ニュース」は、戦争完遂を目的にした国策映画ですが、太平洋戦争中の映像記録として大変貴重なものです。「戦争証言アーカイブス」では、1940年(昭和15年)の第1号から、戦後も含め、1948年末までのものを公開しています。



[PR]
by k_nikoniko | 2015-07-05 15:39 | 歴史

市民3000人が支えた映画製作「レオニー」(朝日新聞 道内版)

20世紀初頭、日本人との間に生まれた子をひとりで育て、異国・日本で暮らした米国人女性がいた。その名はレオニー・ギルモア。世界的彫刻家イサム・ノグチの母親である。
彼女の波乱の生涯を描いた日米合作映画「レオニー」が、今年11月、全国で封切られる。7月末には札幌で、映画のサポーターや製作関係者へのお披露目の試写会が行われた。
松井久子監督が、7年の歳月をかけて完成させた力作だ。
ドウス昌代著「イサム・ノグチ~宿命の越境者」をたまたま手にし、レオニーの“潔さ”に感銘したのがはじまりだった。主演に国際的俳優を起用し、米国と日本それぞれスタッフを分け、「サムライ・ゲイシャ」ではないハリウッド映画を。松井監督は、日本映画界の常識をくつがえす壮大な構想を練る。
製作費のめどはまったくついていなかった。これまで手がけた2作も自ら資金を集めて成し遂げた。地道に上映会を重ねることで、ファンを増やした。介護を主題にした「ユキエ」「折り梅」は、夫婦愛や家族の絆を掘り下げている。重いテーマではあるが、人々の心を動かし、観客は200万人を越えた。

「松井監督は、私たちの観たい映画を製作してくれる」
女性数人が、映画化の実現に向けて動き出す。2005年に応援団「マイレオニー」を発足。翌年から、賛同金を募るサポーターの受け付けを開始した。高松、愛知など支援の輪は各地に広がった。北海道では、1999年の女性映画祭から監督と親交のあった女性たちが「マイレオニー札幌」を立ち上げた。サポーターになった動機は人それぞれだが、7月現在までに全国で3000人以上を数える。
昨年4月のクランクインの際、ロケ地の米国にサポーターが駆けつけた。国内でも、炊き出しやエキストラ役などボランティアで応援。前例がないだけに、スタッフや俳優を驚かせた。市民の観たい映画を市民の力でかなえる。こうした製作スタイルは、「市民メディア」「パブリック・メディア」に通じ、画期的な試みといえる。市民とメディアの乖離が叫ばれるなか、映画に限らず、メディアの新しいモデルとして興味深い。
地域との連携もこの映画の特徴だ。札幌モエレ沼公園はイサム・ノグチの最後の作品。「公園シーンがラストを飾る」という松井監督の設定に、地元の期待が膨らんだ。札幌市が後援し、道内企業の出資による北海道レオニーファンドが設立された。昨年7月の札幌ロケでは、マイレオニー札幌が約130人の子どもエキストラ募集に奔走し、当日も奮闘した。また、モエレ・ファン・クラブが昼食のまかないをし、北大映画サークルの学生ボランティアなど地元住民がロケ現場を盛り上げた。

映画は、詩人ヨネ・ノグチ(中村獅童)に裏切られ、挫折を繰り返しつつも運命を受け入れ、逞しく生きるレオニーを追う。英国出身のエミリー・モーティマは、つつましやかな演技で葛藤するレオニーに迫り、ハリウッド俳優としての貫禄を示す。吉行和子、竹下景子、中村雅俊、大地康雄ら、脇を固める日本人俳優も存在感を見せつける。なによりも映像が美しい。一場面、一場面が詩趣豊かに描写されており、〝和の境地〟に引き込まれる。
物語は粛々と流れ、感動の瞬間は、観る人ごとに違う。男に翻弄されるレオニーに自らを重ね、または息子を思う母の姿に涙する。文化摩擦、男女差別、戦争などの社会の不条理に憤りを覚える人もいるだろう。メッセージは静かに奥深く、心身に刻まれていく。
鑑賞後は、誰かと語り合わずにいられない。そこで交わされる感想は実に多様だ。人生も世界も「画一」ではなく、だから素晴らしい。視界が広がり、背中をそっと押される感じがする。

2010年8月19日『朝日新聞』道内版「北の文化」


[PR]
by k_nikoniko | 2015-05-25 07:46 | 雑誌などに掲載された記事

フランスのイスラム文化メディアSalamnews

サラムニューズ(Salamnews)の発行人モハメド・コランのインタビュー(2010年11月)。

サラムニューズは、フランスに住むイスラム教徒向けのフリーペーパー。2008年9月創刊の月刊誌で、15万部発行。食料品店や劇場などで配布している。

友人たちとイスラム教徒のためのメディア集団を立ち上げ、非営利団体(アソシアシオン)を創設しました。なぜなら、イスラム教徒はフランスで人口の10%を占めているにもかかわらず、その現状やひとりひとりの声を伝えるメディアがなかったからです。
 フランスには、親の出身地がマグレブ、つまり北アフリカやサハラ砂漠のモータリアやマリ、トルコ、パキスタンなど、フランスで生まれ育った2世、3世の若者が存在しています。私は、父親が白人でカトリック、母親がアルジェリア人でイスラム教徒の家庭に育ちました。祖父がフランスに移民し、私はここで生まれ、育ちました。
 マスメディアはここ10年、特に9.11以降、イスラムを政治思想との関係、もしくは安全保障の問題としてのみ伝えています。イスラムを扱う方法はこの2つだけです。
 フランスのほとんどすべてのマスメディアは、社会的、文化的、経済的な側面を忘れてしまっています。そこで、私たちは、メディア、特に大衆向けのメディアで発信し、自分たちの存在を証明しはじめたのです。影響力のあるメディアを利用して、ダイナミックに、ポジティブに、フランス社会におけるイスラム教徒の情報を伝えようと考えたわけです。
 フランスでのイスラムの歴史は、宗教を含め、少し特殊です。これは現在のフランスの大きな問題につながっています。ですから、議論の場、さまざまな意見で議論する民主主義の場を作っていきたいと考えました。
 これが創刊の主な2つの理由です。
 2002年にまず、ネットで情報発信をはじめました。フランス語によるイスラム情報ネットマガジンSaphirnewsです。学生のボランティアスタッフとともに、共同作業の実験場のようなものをはじめました。学生がジャーナリズムや出版についてここで実践し経験を積み、少しずつ専門性を高めていきました。ウェブサイトは現在、3人の編集者と編集長で運営しています。
 ネットメディアを運営するうえでの困難は、経済的なバランスにあります。ネットメディアでは十分な広告収入が期待できません。そこで、最終的に印刷物を発行することにしました。紙媒体のほうが、広告主を説得するのにより確かだとわかったのです。これが、サラムニューズの発行にいたった理由です。
 サラムニューズはフリーペーパーで、配布場所は、誰もが気軽に立ち寄るところ、巨大な販売網をもつ食料品店やパン屋、さらに劇場などです。
 制作費は広告収入でまかなわれています。エスニック文化市場が狙い目だと、突如気づいたのです。エスニック市場と呼ばれるものが存在し、その市場は持続可能です。フランスでは年間50億ユーロは見込めるといわれ、十分成熟しています。
 2つめのチャンスとして、大量消費商品の広告主の説得を試みました。誰もが知っているブランド、たとえば、コカコーラの広告です。4号目でコカコーラの広告をとりました。
 最初はパリ近郊で発行していましたが、マルセイユ版の発行にも踏み切りました。マルセイユで独自の編集をしています。
 ジャーナリストには原稿料を支払っています。ネットマガジンをはじめたときは、ボランティアに頼っていましたが、今のスタッフは、有給スタッフとボランティアの混合です。サラムニューズに関しては、常勤スタッフ5人は全員有給で、その他、フリーランスが数名です。編集長はプロのジャーナリストで、親(祖父母)の世代がベトナム出身。その他のスタッフの親(祖父母)の出身地はさまざまで、平均年齢は30代です。
 サラムニューズの考え方としては、フランスに住むイスラム教徒の情報をポジティブな視点で提供することにあります。それをうまく機能させるために、新しいスタイルを目指しています。たとえば、最新号の表紙には、フランスで人気のミュージシャンAbd al Malikを使いました。彼はボンリュー(郊外)出身で、イスラム文化を代表するひとりです。このように、現代の話題の人たちを取り上げ、サラムニューズをシンボル化させるというか、イスラムを解読させています。フランスのイスラム教徒はあまりにも軽蔑的でネガティブな姿でとらえられているので、この汚名を覆したいのです。
 フランスの場合、パラドックス的で、イスラム教徒に対するネガティブなイメージは、無知からではなく、認識不足から生じています。私の考えでは、無知はポジティブだといえます。なぜなら、情報を与えることができからです。しかし、知っていると信じていることをひっくり返すのはとても難しい。フランス人は知っていると思い込んでいるのです。
 フランス人もサラムニューズにとても関心が高いです。サラムニューズの配布先としてはイスラム教徒を優先していますが、シックで富裕層の多い16区での配布も行っています。16区では、サラムニューズが、スポーツ雑誌より早くなくなるということがわかりました。これは、イスラム教徒ではない人々がサラムニューズにとても興味を持っていて、こうした情報を求めていることを証明しています。つまり、障害になっているのは、現実の人たちではないのです。
 1998年のワールドカップ・フランス大会のときには、多国籍国家だとか、それが誇りだとかいわれたのですが、10年経った今、特にサルコジ政権になって以降、フランスは老朽化してしまったというか、おじいちゃんブームという現象におちいり、現在の姿を直視したり、将来を予測できなくなっています。
 2005年にフランスで起きた移民たちの暴動などもそうですが、世界に発信されているイスラムのネガティブなイメージから、「宗教の闘い」と多くの人は信じています。しかし、それは完全に間違っています。あの暴動は、社会問題を問うために起きたのです。
 ネットメディアの成功モデルとして、韓国のオーマイニュースは参加型メディアが有名です。しかし、私たちは参加型とは違います。オルタナティブメディアの定義はそれぞれありますが、私たちは、双方向的に民主的に議論するのが、オルタナティブメディアだと考えています。
 現在のフランスにおいて明らかなのは、民族的もしくは文化的なマイノリティが、マスメディアで自分たちを十分に表現できていないことです。深刻な格差が生じている現状です。現在のマスメディアは、マーケティングに左右され、白人のヘテロセクシュアルが主流です。黒人の意見は紹介されず、マグレブ出身のフランス人は表現されません。女性はメディアにおいて難しい状況を強いられています。
 フランスでは、人口の10%の存在が知られていません。その人たちの実際の姿が紹介されていないのは、実に嘆かわしいことです。本当に民主主義が欠如しています。
f0016260_00152539.jpg
フランス雑誌ジャーナリズム(週刊金曜日)


[PR]
by k_nikoniko | 2015-05-23 08:06 | メディア

フランスのネットメディアRue89

リュ89(Rue89)の発行人ピエール・アスキ氏のインタビュー(2010年11月)

リュ89は、2007年5月開設のネットマガジン。2010年6月より月刊誌を発行。

 26年間働いたリベラシオンを2007年に辞め、同僚たち4人でリュ89を創設しました。実験的に新しいことを開発する場合、新聞のような大グループとは一緒にできないと判断しました。大グループは保守的すぎます。
 リュ89は、ジャーナリストとジャーナリストではない人の情報で構成する参加型のメディアです。まずジャーナリストが調査や検証を行い、一般の人たちがそれを発展させ持続させ、異なった視点で意見を追加していきます。ただし、韓国のオーマイニュースのような市民ジャーナリズムではありません。情報を検証したりするプロのジャーナリストは必要だと考えているからです。
 私たち4人のジャーナリストは、リベラシオン電子版にブログを開設していたという共通点がありました。私は5年間の北京特派員時代に、他の同僚はアメリカやパリなどでブログを書いていました。こうした経験を通し、双方向メディアの持つ力に気づき、伝統的なメディアの使われ方は良くない、と考えるようになったのです。新聞では読者は抽象的存在ですが、ネットでは具体的で、読者の立場が変わります。私たちは、ネットメディアを開設し、ジャーナリストと読者の新しい関係を構築することを考えはじめました。
 リベラシオンやルモンドなどの新聞では、読者は抽象的存在でしかありません。しかし、ネットメディアの読者は具体的存在です。書いた記事にコメントが投稿され、他の人がそれを読み、考えや批判、追加したいこと、さらに新しい情報を書き込みます。私たちのサイトには、それぞれの記事に100ものコメントが書き込まれます。こうすることですべてが変化していきます。インターネット革命は、技術や経済の変化ではなく、読者の立場を変えた点にあります。誰もが表現者になりうるのです。
 ネットメディアでは、ジャーナリストと読者の関係が水平です。日本のことは知りませんが、フランスやアメリカ、イギリスでは、市民は全くジャーナリストを信用していません。ジャーナリストは信用に値しない仕事になってしまいました。ネットメディアでは、信用関係を見出すことができます。なぜなら、ジャーナリストが読者と同じ位置にいるからです。新聞において、ジャーナリストと読者は縦の関係です。ジャーナリストは、国を動かす経済界や政界のエリートの一員になってしまい、国民とは断絶している。20年ほど前からこう言われています。ジャーナリストと読者が水平の関係であるネットメディアでは、読者を疎外することはありません。
 開設から3年半で大躍進し、フランスで一番のネットメディアに成長しました。サイトの訪問者(シングルビジター)は月170万にのぼります。
f0016260_00043469.jpg


More
[PR]
by k_nikoniko | 2015-05-20 07:46 | メディア

フランス雑誌ジャーナリズム(週刊金曜日)

フランスではここ数年、経営も編集方針も従来型とは違う、新しいオピニオン雑誌が相次いで登場し、読者を増やしている。
「情報全般を扱う媒体は苦戦しているが、専門を絞った雑誌は好調。関心のある分野の正確な情報を求めている人が増えているからだ」と説明するのは、『アルテルモンド』のダヴィッド・エロワ編集長だ。二〇〇五年三月創刊の『アルテルモンド』は国際連帯をテーマにした季刊誌で、アソシアシオン(NPOを含む非営利団体の総称)が発行している。発行部数は四〇〇〇部だが、昨年九月に『リベラシオン』とのコラボで「ミレニアム開発目標」特集号を一二万部出した。
フランス最大手ネットマガジン『リュ89』は、〇九年夏、「記事をじっくり読み直したい」読者に向けて、月刊誌(三.五〇ユーロ)の発行に踏み切った。
ピエール・アスキ発行人は、元『リベラシオン』のジャーナリスト。〇七年に同僚三人と出資し、『リュ89』を創設した。「ジャーナリストは権力の一員、と疎外感を持つ読者が多い。ジャーナリストと読者の関係が、ネットでは水平になり、信頼関係を取り戻すことができる」と確信する。「雑誌は補完的存在」と位置づけ、記事の大部分はサイトからの転載だが、毎号約三万部発行し、売れ行きは順調だ。
「『リュ89』の六割は広告収入で、映画や書籍などが主流。残りは、ネットジャーナリスト養成やサイト制作といった事業収入」と言い、今年から黒字に転ずる予定だ。
「スタッフのうち二人は、ジャーナリズム学校卒業後、既存メディアを経ずに直接ここに就職した。興味深い現象がはじまった」とアスキ氏は新世代ジャーナリストに期待を示す。
漫画を取り入れた斬新さと読みごたえのある長文記事構成で挑むのが、〇八年一月創刊の『XXI』だ。編集長のパトリック・ド・サン=テグジュペリ氏は、『フィガロ』などの下海外特派員。
「既存メディアは短文のニュースを流すだけになってしまった。ストーリーテリング・ジャーナリズムの要求に応えたかった」と創刊の動機を語る。国際問題に焦点を当てた一五〇ページの季刊誌で、広告は一切なく、価格は一五ユーロ。業界の冷笑をよそに、創刊号の四万部は完売。その後、四万五〇〇〇部平均で発行している。
「ネット時代にいまさら、との意見も多かったが、紙で表現したかった。ネットに興味を持つ人ばかりではない」とサン=テグジュペリ氏は自信を見せる。執筆者は、ジャーナリスト、作家、イラストレーターと幅が広い。読者層は限定せずに、「うんざりさせないよう、複雑な問題をシンプルに伝える工夫」で多くのファンをとらえた。
ネット出現で混乱するジャーナリストたちは、本質に立ち戻り、新タイプのオピニオン雑誌の創設に活路を見出しはじめている。フランスの新雑誌の動向に今後も目が離せない。

『週刊金曜日』(2011年2月11日)

フランスのオルタナティブメディア
フランスのネットメディアRue89
フランスの異色雑誌XXI
フランスの非営団体系メディアAltermonde
フランスのイスラム文化メディアSalamnews


[PR]
by k_nikoniko | 2015-05-19 07:38 | 雑誌などに掲載された記事

メディアへの権力介入認める

今の話ではないです。昔もこんなことがありました。
『週刊金曜日』2009年4月24日号に書いた記事。
北海道警裏金訴訟不当判決
朝日新聞の出来事は、私にとってデジャヴ。

[PR]
by k_nikoniko | 2015-04-24 00:16 | 雑誌などに掲載された記事

「慰安婦」無視の司法記者クラブで感じたこと

今日、はじめて司法記者クラブの記者会見に参加した。
変な雰囲気。まぁ、それはいいとして。

悲しかったのは、元「慰安婦」のイ・ヨンスさんが記者会見終了直前に最後の訴えをしたとき、前席にいた二人の女性記者同士が何か話だし、聞いていなかったこと。
この娘たち(という表現しかできない、悪いけど)は、イ・ヨンスさんがわざわざ韓国から来た被害者だということをわかっていないのだろうか?
あまりにも失礼。話を聞いてからおしゃべりすればいいのに。

「慰安婦」問題が持ち上がったとき、今日いた記者のほとんどは子どもだったと思われる。
この問題が棚上げされつづけている結果が、こういう若者にさせているのだと、ものすごく憤りを感じた。

この記者たちの親の世代でもある私たちにも責任があると痛感。
怒ると暑い。が怒る。

[PR]
by k_nikoniko | 2014-07-25 23:40 | メディア

フランス『市民が作るメディア』

フランスのオルタナティブ雑誌から、「市民が作るメディア」という号外の案内が届きました。
面白そう。フランス人の58%が既存メディアに不満を持っているそうです。

LA FABRIQUE CITOYENNE DE L'INFORMATION

Dans Manuel du journalisme, Yves Agnès explique ainsi que « l’acte d’informer est fondé sur la relation entre le donneur d’information –journal et journaliste – et le lecteur qui lui fait confiance ». Or, c’est là que le bât blesse aujourd’hui. En 2013, 58% des Français estiment que « les médias fon...
altermondes.org



[PR]
by k_nikoniko | 2013-12-12 16:14 | フランス