フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


フランスの家族手当

フランス女性の世論調査のなかで、「この20年で最も改善されたこと」の回答として、「出産のための医療費補助、教育補助金、労働時間の減少」が目立った。
そこで、フランスの子育て補助について、「現代フランス情報辞典」(大修館書店)の数字を紹介。2003年刊行なので、その当時の状況として参考まで。
1ユーロ=138円で計算(端数切捨て)。

<福祉手当 (月額)>
家族手当:子供2人 約15000円、子供3人 約35000円、子供4人 約54000円、子供が一人増えるごとに 約20000円
乳幼児手当ておよび養子手当て:約23000円
養育親手当て:完全離職の場合 約67000円、50%復職 約45000円、50~80%復職 約35000円
公認ベビーシッター雇用援助手当て:3歳以下の子供 約19000円~約29000円、3~6歳の子供 約10000円~約15000円

<休暇>
週労働時間は35時間(週5日働くとして、1日7時間)
残業したとしても、週44時間が限度(つまり、超過は9時間までが限度で、週5日労働だと1日1.8時間まで)
フランスの年平均労働時間は1656時間(1997年)で、単純計算すると、20日×12ヶ月として、一日約6.9時間労働
年次有給休暇:5週間
その他の休暇:養子縁組休暇、出産休暇、育児休暇、珊瑚休暇、家族所用休暇
父親出産休暇:2002年より、14日間を生後4ヶ月以内にとる

<教育費>
義務教育は無償、大学まで学費がかからないことになっている
大学も国立で、学費は安い
学用品(教科書も含む)は実費:新学期に必要な金額(2002年)は、幼稚園 約7000円、小学一年生 約15000円、4・5年生 約23000円、中学一年生 約44000円、中学3年生 約46000円
生活困窮家庭には、約35000円の新学期手当てを支給
給食費の負担は、一食500円前後
下宿の場合、住宅手当を支給:パリ 約25000円、地方 約20000円

ただ、国民の負担も大きく、消費税(一般税率)は19.6%。
所得税は、200万~330万円ほどの年収の場合で31%。一般社会保障負担税は収入の7.5%。


[PR]
# by k_nikoniko | 2005-12-12 07:51 | フランス

ジャパン・エキスポ in パリ

f0016260_174891.jpg2004年7月2~4日、マンガやゲーム、日本の伝統文化を紹介する展覧会ジャポン・エクスポがパリ郊外で開催されました。
知り合いの息子(20歳)とその友人は、このイベントの3日間共通券を購入し、車で約5時間かけてパリまでやって来ました。金曜日の初日は、朝から晩まで会場にいりびたり。
何がそんなに楽しいのか知りたくて、土曜日、彼らに同行させてもらいました。
会場の入口には長い行列ができていて、入場券のない人は3時間待ちとのこと。ウワサには聞いていたましたが、フランスの漫画ブームはすごい。
f0016260_1750579.jpgf0016260_1750357.jpg












ただ、想像していたタイプとは違い、ごく普通の若者が集まっているのは意外でした。10代~30代、40代と年齢層は幅広く、半分以上はカップルや女の子同士。
f0016260_18192417.jpgf0016260_18195155.jpg







会場内はあふれんばかりの人で、ゲームやキャラクターグッズ、マンガのブースは、フランス人で埋め尽くされていました。とってつけたように、武道や生け花、折り紙といった伝統的な日本文化を紹介するコーナーがありましたが、そこにはほとんど人がいない。
「コスプレもいる」と聞いていたのですが、その気合の入れようには笑い。フランス人はもともと仮装好きなので、ここぞとばかりに着飾り、まるでスターのようです。カメラを向けられるのがうれしくてたまらない様子で、慣れたようにポーズをつけたりします。
f0016260_1821208.jpgf0016260_18215188.jpgf0016260_18221288.jpg












マンガを描くコーナーで、熱中している女の子に質問してみたところ、「森田まさのりのROOKIESが好き。一応お手本を参考にするけど、自分のイマジネーションでキャラクターを描いてるの」と、とても楽しそうに答えてくれました。
f0016260_1828142.jpg日本ではマンガやゲームに囲まれて育った大人が、問題視されることも少なくありません。フランスのマンガ世代は、20代から30代前半が第1期。将来、フランス人も日本人化するのでしょうか。
「日本では、現実に異性とつきあえない人がいるけど、君たちもそうなるの?」と男の子に質問したところ、「そんな風にならないよ。僕たちが興味のあるのはマンガだけじゃないからね」とサラリ。
実は、イベントに同行した際、男の子4人と車ででかけたのですが、ひとりは「となりのトトロ」のねこバスのぬいぐるみで遊び、ひとりはずっと漫画を読んでいたので、「この子たち、大丈夫かなぁ」と不安だったのですが、質問を投げかけると、それなりにきちんと自分の意見が返ってきたので、心配することもなかったようです。
また、漫画好きの息子を持つ母親のひとりは、「マンガやゲームは、友達やカップル、親子で楽しむもの。映画やスポーツのように、レジャーのひとつ。ひとりで遊ぶフランス人は少ないの」 と言い切っていました。
日本の漫画は、数ある遊びのなかのひとつにすぎないとのことです。それにしては、熱が入っていたけれど。


[PR]
# by k_nikoniko | 2005-12-11 18:28 | フランス

浮気アリバイ工作会社

イギリスでは浮気のアリバイ工作をしてくれるビジネスが登場し、メディアで報道されました。
家庭生活を守るために、浮気を上手にカモフラージュするのが主な仕事です。
1999年に営業を開始し、翌年には18000人が会員となり、アメリカ、オーストラリア、ドイツ、ロシアにも支店ができたとのこと。
ところが、ネットで調べてみたところ、イギリスにはもう存在していないようです。
フランスにも似たような会社を数件発見しました。
アリバイ会社のコンセプトは、「情報社会の昨今、こっそり浮気をするのは容易ではない。夫婦生活を壊すほどでもない、ちょっとした浮気であっても、これがバレることで、妻や子供、仕事など、すべてを犠牲にしかねない。当社は、このような事態になるのを防ぎます。愛人の不安を取り除き、妻との安定した関係を確立するのが目的です」と。
どのようなアリバイをしてくれるかというと、会議などの偽装招待状の送付、ホテルの受付役を演じての電話応対、浮気で使うカード支払いの領収書工作など。料金は、スタンダードなアリバイ工作が50ユーロほど。

果たして、これで本当に真実の愛が守れるでしょうか?
イタリアに住む友人は、「イタリア人はそういうことにお金をかけないような気がする」と言っていましたが。
ある会社は、ベルギーが本社で、フランスとスイスでも営業しているようです。
[PR]
# by k_nikoniko | 2005-12-11 16:01 | 男と女

ニートという状態

スコットランド政府の教育省が発表したエジンバラ大学の調査結果。
これいにると、ニートとは「若者の生活状態」を指し、「一度でもニートだったことがある若者」「短期間ニートだった若者」という表現がみられる。
また、ニートの範囲は広く、働いていない人(失業中、求職中)、育児や家族の世話をしている人、病気や障害を持つ人、アルバイト、パートタイムで勉強中、ボランティア活動をする人、旅行中の人、長期休暇中の人も含まれる。
スコットランドの調査では、「ニートといってもさまざまな種類があり、それぞれに適した政策が必要」と結論づけている。

スコットランドで初めて実施されたニート調査は、1995/96年に義務教育を終了した16/18才が対象で、彼らの進路を3年間追ったもの。

ニートは、ポジティブなニートとネガティブなニートの2種類に大別できる。
ポジティブなニートは、自分が選んだ生き方であり、「卒業後は仕事」というお決まりの人生コースを否定し、経験をつんで就職しようと考える若者。アルバイトやパートタイムをしながら勉強に励む人、ボランティア活動をする人、旅をする人、長期休暇中の人がこのタイプに入る。
ネガティブなニートは、仕事の機会に恵まれず、アウトサイダーになっていく若者。これらの若者は、家庭環境や教育(落ちこぼれなど)に問題があるケースが多く、ニートを繰り返し、働く意欲を失い、悪循環から抜け出せなくなりがちである。

一度以上ニートを経験したことのある若者は31%。女性32%、男性30%で、女性のほうが多い。
「ニートのときはどうしていたか?」の質問では、失業(もしくは就活)がトップで、男性の2/3と女性の半分がそう答えている。続いて、アルバイトかパートタイムで勉強が多い。
女性だけに限り、育児や家族の世話が7%いる。

「ニート経験は一度だけ」という若者は半分以上で、長期にわたるニートの原因となるのは、育児や家族の世話、失業だ。短期のニートは、旅行、アルバイト、ボランティア活動をしていた人に多い。
ニートは増加しているが、3年間6回の調査でのニート割合は5~16%と上下しており、連続して増加しているわけではない。
ただ、2/3以上のニートが、半年後の調査でも同じ状態のままだった。
ニートでなくなる手段としては、就職する人が最も多く、進学するケースもある。

「どのような人がニートになりやすいか?」の質問では、「学校の成績が平均以下」「女性」「登校拒否」「父親の仕事が安定していない」「少なくとも片親が失業中」の若者との結果になった。

「ニートは将来の生活に不利か?」を調べたところ、早い時期にニートを体験すると、「大学へ進学する意欲がなく、教育、仕事、家庭生活に夢を持っていない」若者になる場合が多い。
このような若者は、ニートを繰り返しやすい。また、育児や家族の世話をする人、病気や障害を持つ人も、再びニートになりやすい。
しかし、ニートの4/5以上が求職中か職業訓練中で、2/5以上が過去4週間に就職活動を行っている。一年中ニートという若者は1/5のみである。

ニートにはさまざまなグループがあり、ひとつのカテゴリーとみなすのは間違い。そのため、それぞれに適した対策を施行しなければならない。
育児や家族の世話でニートになっている女性には、別のアプローチが求められる。
アルバイトを踏み台と考えている若者には、それに応える援助が必要である。
落ちこぼれがニートになりやすいことが判明したが、落ちこぼれるのは学校に魅力がないからであり、義務教育のあり方を考え直すべきである。
男性と女性は違う政策が求められる。
職業訓練機関があまり機能していないようなので、見直しが必要である。


[PR]
# by k_nikoniko | 2005-12-11 08:27 | 男と女

9・11後の周辺住民の苦しみ

フランス版マリクレールの2005年9月号に、ニューヨークのグランドゼロ周辺住民の健康状態に関する記事が掲載された。

9・11のテロで2つの高層ビルが崩壊した際、アスベスト、鉛、水銀、ガラス繊維が飛散し、それを吸い込んだ人の健康被害が多発している。
チャイナタウンとブルックリンの住人61087人を対象にしたニューヨーク市の調査によると、42%が急性ぜんそく、47%が慢性の鼻炎、38%が継続的な頭痛を訴えている。
消防士や撤去作業にかかわった人は、甲状腺異常、肺がんやすい臓ガンにかかる割合が倍増。
事件後、政府は周辺の大気を測定したが、「問題ない」と結論づけ、地域住民に元の生活に戻る許可を出した。
3万軒以上が大がかりな清掃を必要とする住居だったが、4000軒のみ実施して終了し、企業や学校、ショップは無視された。
この問題に対する国の反応は鈍く、現在、住民が団結して、補償金の要求などを目的に戦っている。


[PR]
# by k_nikoniko | 2005-12-10 15:43 | 国際ニュース

フランス女性が裏切られたら

98年頃のフランス女性誌に掲載された、女性の復讐に関する記事の翻訳です。

一般的に言って、ふられてカッとなるのは、男性より女性のほうだ。
恋人や夫に復讐するとき、フランス女性は一人で行動し、人に頼んだりしない。
若い人ほど突発的で、年齢が上がるとよく考えてから行動する。
辛抱強くがまんして、時期を待って計画的に復讐する「様子うかがい」タイプは、捨てられた専業主婦に多い。
家事や育児など無償の労働をしたのに、夫に裏切られた女性だ。
ただし、復讐が生きがいになってしまうと非常に辛い。
目的を失い、離婚の手続きに身を投じる妻もいる。
夫の権利を奪うことに専念し、子供を人質にして、復讐しようとする。
「子供に性虐待をした」と嘘をついて告訴する女性もいるぐらいだ。
離婚を求められた妻は、夫を恨むことで、自分の惨めさを軽減しようとする。
失恋は苦しく、最悪の場合は、ノイローゼになってしまうこともある。
心の病を恐れ、関係を維持しようと必死になる女性も少なくない。
これは自虐的な復讐といえ、自殺を図るなどの暴力行為で、相手に罪悪感を抱かせる。
執着心に取りつかれ、他の喜びを見いだそうとしないのだ。
ただ、健全で効果的な復讐も存在する。
復讐することで、被害者ではなく、加害者になることができるからだ。
復活愛の見込みがある場合、復讐がやり直しのきっかけとなりうる。
破局寸前のカップルを救う復讐もあるのだ。
復讐は次のステップへ進むためのプロセスであり、復讐することで、再び自立心を取り戻し、学び、人から愛される人物に成長できるともいえる。

ソフィ 25才
ボーイフレンドにふられたとき、強力接着剤を20個買った。
夜中に彼の家に乗り込み、本、コンピュータ、洋服、化粧用品、トイレットペーパー、歯ブラシに、接着剤を塗りつけた。
くっつけばくっつくほど愉快だった。
彼が気づくまで、何週間もやった。
彼は私を憎んだが、私はストレスが解消できてスッキリした。

ローランス
恋人に捨てられたので、彼の評判を落としてやろうと思った。
隣人や彼の新しい妻、同僚に、彼が何をしたかしゃべりまくった。
性癖まで暴露し、彼の家や職場まで、一日中つきまとった。
追い詰められた彼は、電話番号を変え、寝るときには、ピストルを枕元に置いていたほどだ。

マリアンヌ 40才
夫が愛人と旅行に出たので、その間にアパートを借り、家を捨てた。
数週間後、夫が帰宅したらときには、家族が誰もいなかった。
1年別居した後、彼は浮気を謝罪してきた。

マルグリット 50才
夫の浮気相手と会う決心をした。
その女性は美しく、自分が恋をしてしまった。
半月後、夫と離婚し、その女性と一緒に住み始めた。
復讐が、新しい人生を教えてくれた。
[PR]
# by k_nikoniko | 2005-12-09 11:24 | 男と女

フランス人と流行

2001年2月、マリークレール誌が行った調査(18歳以上の女性500人対象)です。
お洒落なフランス人、からは意外な一面が見てとれます。

<あなたはファッションの流行に興味がありますか?>
とてもある 13%、かなりある 39%、あまりない 32%、全くない 16%

<あなたは流行を追いかけますか?>
自分のスタイルがあり、あまり変えない 58%
ブティックなどのカタログに目を通す 40%
通りを歩く人から流行を取り入れる 23%
ファッション誌から取り入れる 20%
友人たちから情報を得る 18%
有名人を見て取り入れる 3%

<ファッション誌で紹介される流行について>
・夢を与えてくれる
とても 4%、かなり 14%、ときどき 32%、めったにない 50%、無回答 0%
・それを身につけたいか?
とても 3%、かなり 16%、ときどき 27%、めったにない 54%、無回答 0%
・日常生活に取り入れる
とても 1%、かなり 8%、ときどき 23%、めったにない 67%、無回答 1%
・身につけられないと思う
とても 22%、かなり 26%、ときどき 31%、めったにない 20%、無回答 1%

More
[PR]
# by k_nikoniko | 2005-12-08 19:56 | フランス

フランス若者の現実生活(1998年)

98年頃のフランスの雑誌に掲載された記事の翻訳。

フランスの18~25才の失業率(1996年)は26%。
若者の月平均収入は、18~20才で2700F(62100円)、20~24才は5500F(126500円)。
家賃が払えないという理由から、両親との同居期間が以前より長くなっている。20~24才の女子の半分、男子の半分以上が親と同居。経済的理由で、実家へ戻ってくる若者は15%にのぼる。
自活する人は女子のほうが多い。19才で親元を離れる男子は19%だが、女子は30%。同棲は、男子の仕事が安定するまで待つ傾向にある。
若者の経済状況は、社会階層により違う。定期的にこづかいをもらうのは、親が管理職の若者が55%、中流家庭では20%。裕福な家庭の若者は、大学入学後、車やオーディオ類を買ってもらう。
親が管理職の若者の7割は、自活の際に援助を受けているのが、労働者階級の若者は1/3のみ。また、女性のほうが親の援助を受ける率が高い。
ひとり暮らしの学生は、月平均4000F(92000円、うち半分が現金で残りは物資)の援助を親から受けている。
さらに、アルバイト料、住宅手当、奨学金などで2800F(64400円)加算され、月7000F程(約16万円)が生活費。ただし、これだけの収入がある若者は少数。
20代で貯金をする人は45%(全体では28%)と多い。食品や家賃にお金を使い、趣味(煙草やバカンス)への出費は少ない。
若者はバーゲンや安売りを活用し、懸命にやりくりをしている。1995年末の調査では、18~24才の若者の45%が、「倹約のためバーゲン品を狙う」と答えている。
若者は現実的で、81%が「問題が解決するまで、がまんの生活をする」、75%が「資格(学位)と関係のない仕事をしてもいい」と考えている。

女子大生の生の声(雑誌より抜粋)
マリー 20才 大学3年(心理学専攻) 両親と同居
1ケ月の収入:こづかい1000F(23000円)+アルバイト月平均2000F(46000円)ぐらい
支出先:地下鉄の定期、レストランでの食事、映画、バカンス
親の援助を受けているが、できるだけ頼りたくない。割のいい仕事をいつも探している。去年の夏は、グランドホステスのアルバイトを2ケ月間して、月9000F稼いだ。6月には、2日日の受付コンパニオンのバイトで7000Fの収入があった。夏休み後は学生食堂で働いた。
あまり無駄使いはしない。親がタクシー代100Fを渡してくれたときなどには、ムダ遣いだと私から注意することもある。
バカンスの旅費は親が出してくれるが、返済している。スペインへ行ったとき、母が2500Fくれた。早く返そうと思っていたが、散在してしまい、3000Fも赤字。すぐには返済できなかった。
親にお金を貸すこともある。最近、父が10000F(23万円)必要だったので、定期預金から貸した。
お金にはあまり興味がない。将来は、自閉症の子供の世話をしたい。億万長者になれるような職種ではないことはよく知っている。

*1フラン=23円で計算


[PR]
# by k_nikoniko | 2005-12-08 08:29 | フランス