フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
南スーダンPKO派遣差し止め..
at 2017-03-03 11:39
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-02-24 11:36
約126万人が義務教育未終了
at 2017-02-16 13:11
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


フランス女性が裏切られたら

98年頃のフランス女性誌に掲載された、女性の復讐に関する記事の翻訳です。

一般的に言って、ふられてカッとなるのは、男性より女性のほうだ。
恋人や夫に復讐するとき、フランス女性は一人で行動し、人に頼んだりしない。
若い人ほど突発的で、年齢が上がるとよく考えてから行動する。
辛抱強くがまんして、時期を待って計画的に復讐する「様子うかがい」タイプは、捨てられた専業主婦に多い。
家事や育児など無償の労働をしたのに、夫に裏切られた女性だ。
ただし、復讐が生きがいになってしまうと非常に辛い。
目的を失い、離婚の手続きに身を投じる妻もいる。
夫の権利を奪うことに専念し、子供を人質にして、復讐しようとする。
「子供に性虐待をした」と嘘をついて告訴する女性もいるぐらいだ。
離婚を求められた妻は、夫を恨むことで、自分の惨めさを軽減しようとする。
失恋は苦しく、最悪の場合は、ノイローゼになってしまうこともある。
心の病を恐れ、関係を維持しようと必死になる女性も少なくない。
これは自虐的な復讐といえ、自殺を図るなどの暴力行為で、相手に罪悪感を抱かせる。
執着心に取りつかれ、他の喜びを見いだそうとしないのだ。
ただ、健全で効果的な復讐も存在する。
復讐することで、被害者ではなく、加害者になることができるからだ。
復活愛の見込みがある場合、復讐がやり直しのきっかけとなりうる。
破局寸前のカップルを救う復讐もあるのだ。
復讐は次のステップへ進むためのプロセスであり、復讐することで、再び自立心を取り戻し、学び、人から愛される人物に成長できるともいえる。

ソフィ 25才
ボーイフレンドにふられたとき、強力接着剤を20個買った。
夜中に彼の家に乗り込み、本、コンピュータ、洋服、化粧用品、トイレットペーパー、歯ブラシに、接着剤を塗りつけた。
くっつけばくっつくほど愉快だった。
彼が気づくまで、何週間もやった。
彼は私を憎んだが、私はストレスが解消できてスッキリした。

ローランス
恋人に捨てられたので、彼の評判を落としてやろうと思った。
隣人や彼の新しい妻、同僚に、彼が何をしたかしゃべりまくった。
性癖まで暴露し、彼の家や職場まで、一日中つきまとった。
追い詰められた彼は、電話番号を変え、寝るときには、ピストルを枕元に置いていたほどだ。

マリアンヌ 40才
夫が愛人と旅行に出たので、その間にアパートを借り、家を捨てた。
数週間後、夫が帰宅したらときには、家族が誰もいなかった。
1年別居した後、彼は浮気を謝罪してきた。

マルグリット 50才
夫の浮気相手と会う決心をした。
その女性は美しく、自分が恋をしてしまった。
半月後、夫と離婚し、その女性と一緒に住み始めた。
復讐が、新しい人生を教えてくれた。
[PR]
# by k_nikoniko | 2005-12-09 11:24 | 男と女

フランス人と流行

2001年2月、マリークレール誌が行った調査(18歳以上の女性500人対象)です。
お洒落なフランス人、からは意外な一面が見てとれます。

<あなたはファッションの流行に興味がありますか?>
とてもある 13%、かなりある 39%、あまりない 32%、全くない 16%

<あなたは流行を追いかけますか?>
自分のスタイルがあり、あまり変えない 58%
ブティックなどのカタログに目を通す 40%
通りを歩く人から流行を取り入れる 23%
ファッション誌から取り入れる 20%
友人たちから情報を得る 18%
有名人を見て取り入れる 3%

<ファッション誌で紹介される流行について>
・夢を与えてくれる
とても 4%、かなり 14%、ときどき 32%、めったにない 50%、無回答 0%
・それを身につけたいか?
とても 3%、かなり 16%、ときどき 27%、めったにない 54%、無回答 0%
・日常生活に取り入れる
とても 1%、かなり 8%、ときどき 23%、めったにない 67%、無回答 1%
・身につけられないと思う
とても 22%、かなり 26%、ときどき 31%、めったにない 20%、無回答 1%

More
[PR]
# by k_nikoniko | 2005-12-08 19:56 | フランス

フランス若者の現実生活(1998年)

98年頃のフランスの雑誌に掲載された記事の翻訳。

フランスの18~25才の失業率(1996年)は26%。
若者の月平均収入は、18~20才で2700F(62100円)、20~24才は5500F(126500円)。
家賃が払えないという理由から、両親との同居期間が以前より長くなっている。20~24才の女子の半分、男子の半分以上が親と同居。経済的理由で、実家へ戻ってくる若者は15%にのぼる。
自活する人は女子のほうが多い。19才で親元を離れる男子は19%だが、女子は30%。同棲は、男子の仕事が安定するまで待つ傾向にある。
若者の経済状況は、社会階層により違う。定期的にこづかいをもらうのは、親が管理職の若者が55%、中流家庭では20%。裕福な家庭の若者は、大学入学後、車やオーディオ類を買ってもらう。
親が管理職の若者の7割は、自活の際に援助を受けているのが、労働者階級の若者は1/3のみ。また、女性のほうが親の援助を受ける率が高い。
ひとり暮らしの学生は、月平均4000F(92000円、うち半分が現金で残りは物資)の援助を親から受けている。
さらに、アルバイト料、住宅手当、奨学金などで2800F(64400円)加算され、月7000F程(約16万円)が生活費。ただし、これだけの収入がある若者は少数。
20代で貯金をする人は45%(全体では28%)と多い。食品や家賃にお金を使い、趣味(煙草やバカンス)への出費は少ない。
若者はバーゲンや安売りを活用し、懸命にやりくりをしている。1995年末の調査では、18~24才の若者の45%が、「倹約のためバーゲン品を狙う」と答えている。
若者は現実的で、81%が「問題が解決するまで、がまんの生活をする」、75%が「資格(学位)と関係のない仕事をしてもいい」と考えている。

女子大生の生の声(雑誌より抜粋)
マリー 20才 大学3年(心理学専攻) 両親と同居
1ケ月の収入:こづかい1000F(23000円)+アルバイト月平均2000F(46000円)ぐらい
支出先:地下鉄の定期、レストランでの食事、映画、バカンス
親の援助を受けているが、できるだけ頼りたくない。割のいい仕事をいつも探している。去年の夏は、グランドホステスのアルバイトを2ケ月間して、月9000F稼いだ。6月には、2日日の受付コンパニオンのバイトで7000Fの収入があった。夏休み後は学生食堂で働いた。
あまり無駄使いはしない。親がタクシー代100Fを渡してくれたときなどには、ムダ遣いだと私から注意することもある。
バカンスの旅費は親が出してくれるが、返済している。スペインへ行ったとき、母が2500Fくれた。早く返そうと思っていたが、散在してしまい、3000Fも赤字。すぐには返済できなかった。
親にお金を貸すこともある。最近、父が10000F(23万円)必要だったので、定期預金から貸した。
お金にはあまり興味がない。将来は、自閉症の子供の世話をしたい。億万長者になれるような職種ではないことはよく知っている。

*1フラン=23円で計算


[PR]
# by k_nikoniko | 2005-12-08 08:29 | フランス