フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
南スーダンPKO派遣差し止め..
at 2017-03-03 11:39
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-02-24 11:36
約126万人が義務教育未終了
at 2017-02-16 13:11
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

イラク戦争から10年

「イラク戦争の10年と日本」のイベントに参加した。

イラク人フォトジャーナリストのアリ・マシュハダーニさんは、「心臓の悪い方は観ないでください」と言い、ビデオを紹介した。
さすがの私も直視できないほどの残酷なシーン(最初の一瞬しか観ていないけど…)。
このビデオの後、会場から、「日本軍も中国などで同じようなことし、その映像が残っているはずだ」との発言があった。

1993年か94年、イギリスBBC2が、アジアにおける日本軍の行い(蛮行)を記録したドキュメンタリーを放映した。
この目でみたので、残虐な映像は確かに存在している。
偶然つけたチャンネルで、目に入ってきたのが、日本刀で首をはねたり、山積みにされた遺体を移動させたりする場面だった。
日本では観る機会がなかった(そして、いまも“ない”)映像。
ものすごい衝撃だった。
ロンドンの狭いアパートでひとり、涙でぐしゃぐしゃになりながら、テレビを観た。

翌日、知り合いのイギリス人にその話をしたら、「過去を教えられないのは、この国も同じ」となぐさめてくれた。
「イギリス人だって、たとえば、ボーア戦争でどれだけ残虐なことをしたのか、知らない」と言った。
イラク戦争の10年前の話だ。

今、イギリスの人たちは、イラク戦争で何があったのか、知っているのだろうか?

イベントのもうひとりのスピーカー、英軍兵士の息子をイラク戦争で亡くしたローズ・ジェントルさんは、「19歳の息子は、イラクがどこにあるか知らずに戦争へ行った」と話した。

イラクは、第一次世界大戦後、イギリスに委任統治されていた。
そうした歴史をイギリス人は知らない?

ジェントルさんのアクセントが気になったので、ちょっと調べてみたら、スコットランド人だった。
ポロックという人口6万人強の町から、息子さんはイラク戦争へ行ったのだ。

戦争へ駆り出される若者は、イギリスもアメリカも似ている。日本も例外ではない。
こうした若者と戦争の関係を考えるたびに、ジャン=リュック・ゴダール監督の映画「カラビニエ」を思い出す。
赤紙を持ってきたカラビニエに、「戦争に行ったら何でも手に入る」と言われ、勇んで戦争へ行く兄弟。
悲しいまでに無邪気な兄弟とその家族。

無知は恐ろしい。
とはいえ、教育もメディアも無知を奨励するような日本で、どうやって“無知”を自覚することができるのだろう。
賢い人たちは、その方法をなかなか教えてはくれない。
知ろうとしない人たちには、いつまでたっても真実は伝わらないままだ。
[PR]
by k_nikoniko | 2013-03-20 22:49 | 戦争

As if nothing happened

On Friday, March 1, 2013, two U.S. Navy sailors convicted of raping
and injuring a woman in Okinawa in October 2012 were sentenced
to nine and 10 years in prison. The crimes resulted in strong
protests, especially in Okinawa, against the frequent crimes and
sexual assaults involving members of the U.S military forces in
Japan.

Even though the Americans in this case expressed remorse, it will
certainly not be easy for the victim, a Japanese woman in her 20s,
to easily erase that nightmare incident from her memory. Indeed,
as numerous so-called wartime "comfort women” (Imperial military
sex slaves) and rape victims of members of the U.S. forces have
testified painfully, the awful experiences they underwent
dominated the rest of their lives.

Here in Japan, unfavorable or shameful aspects of the nation's
history are routinely passed over as if nothing happened.
Incredibly, even the Great Est Japan Earthquake and tsunami of
March 11, 2011, and the subsequent, ongoing catastrophe at the
Fukushima No. 1 nuclear power plant, are already fading from
citizens' minds. Instead, the idea that “We, Japanese, should
unite together” -- epitomized by widespread use word kizuna
(bond) is being promoted on the pretext of overcoming the tragedy.

“As if nothing happened …”; this attitude toward so much in Japan
has been repeated without reflection for so long as if to almost
become a national mantra.
Yet how any people recognize the existence of quite different
histories currently existing in the nation known as Japan?

For instance, the southernmost and the northernmost islands,
the Ryukyus (Okinawa) and Ezo (Hokkaido), were only integrated
into Japan proper following the post-feudal Meiji Restoration in
1868. Then, in the Tokyo government's pell-mell modernization drive
to compete with the Western imperialist Great Powers, Okinawa and
Hokkaido were effectively used as guinea-pigs for Japan's
colonization program soon to be launched in Korea, Taiwan, and then
China.

Strangely, both Okinawa and Hokkaido are now the most popular
tourist areas of Japan. But ironically, as visitors sing their praises, the
local people's agony remains -- though neither tourists nor Tokyo
appear in the least interested in the inconvenient histories behind
that agony.

Un peuple sans memoire est un peuple sans avenir.
(A people without memory is a people without future.)

It was Aimé Césaire, a poet and politician from the French-colonial
Caribbean island of Martinique, who enlisted that rallying call of the
great French military hero of World War I, Marshal Ferdinand Foch,
to instead denounce European colonialism..

As news from around the world reminds us daily that colonialism and
militarism are still rife, we hear similar voices, too, from Okinawa.
Listening to them, and remembering, will help to chart the future.
[PR]
by k_nikoniko | 2013-03-19 22:13 | 掲載記事(2011~)

G8でアフリカの保険医療分野で一応の成果認める

日刊ベリタ 2008年07月21日03時51分掲載

G8
NGOが「Cマイナス」の評価 保険医療分野では一応の成果認める

北海道洞爺湖G8サミットで発表された「『開発・アフリカ』に関するG8コミュニケ」と「国際保健に関する洞爺湖行動指針」に対し、NGO(非政府組織)グループが、総合で「Cマイナス(かなり不十分)」をつけた。
「保健医療が議題にのぼり、日本のイニシアティブで保健医療を推し進めるシステムができあがった」と内容面では一定の評価をしたものの、「具体的な資金運用に言及しなかった」ため減点。
NGOとしては、来年イタリアで開催されるサミットに向けて引き続き政府との対話を求め、保健医療の充実を実現していく意向だ。

独自のスコアカードを作成したのは、G8サミットNGOフォーラムの保健医療ワーキンググループ。今年のサミットで保健医療を議題にのせようと、2007年の1月にワーキンググループを結成し、政府に働きかけてきた。その大きな理由は、2000年の九州・沖縄サミットで保健医療をはじめて議題にのせた責任上、日本がこの問題でイニシアティブを持ち続けるべきだ、との考えからだ。
一方、政府側も、昨年11月に高村外相が「国際保健はサミットの中心テーマ」と発言、今年1月には福田首相がダボス会議で「サミットでは保健・水・教育に焦点を当てたい」と語り、G8保健専門家会合を発足して指針を作る作業にとりかかっていた。5月のTICAD(アフリカ開発会議)でも、保健医療についてある程度の議論がなされた。
7月のG8首脳会議では、「開発・アフリカ」に関するコミュニケ全8ページのうち2ページが保健医療についやされ、「国際保健に関する洞爺湖行動指針」が採択された。
この結果を受け、G8サミットNGOフォーラム・保健医療ワーキンググループの稲場雅紀さんは、「政府との協力的な連携がある程度守られ、一定の成果はあった」としたうえで、「内容と資金の面からみて、総合得点はCマイナス」と厳しい判定を下した。評価はA(歴史的評価に値する)からF(評価する点が見当たらない)の5段階。

G8サミットでの保健の課題は次の3つが挙げられる。
(1)既存のコミットメントの達成(ミレニアム開発目標、2010年を期限としたHIV/AIDS治療・予防・ケアの普遍的アクセス、三大感染症への当面600億ドル拠出)
(2)十分に検討されてこなかった課題への取り組み(母子保健・リプロダクティブヘルス、保健医療従事者の増員、保健システムの強化)
(3)G8の誓約の実施要求、および、責任をとらせるためのメカニズム作り

コミュニケと指針には、こうした課題の把握と取り組み方法に関して記述されており、それが評価につながり、内容面はBマイナス(積極的な評価に値する)だった。しかし、資金面では新たな誓約がないばかりか、これまでの誓約の資金拠出計画などが抜けていることからD(問題点・欠落点が多い)がついた。
全体的に辛口の評価だったものの、「保健システム強化・保健従事者増強」や「アカウンタビリティの設置」が今回のサミットではじめて打ち出され、明るい兆しが見えたことも確かだ。特に、G8による誓約を自己診断する仕組み(アカウンタビリティ)については、「G8は約束をまったく履行しなかったが、実績を査定する方向性ができた」との期待が込められ、Aマイナスと高く評された。
ただ、「アカウンタビリティ」は今後の運用にかかっているといえ、この点について、イタリア・エイズ・ネットワークのパオラ・ジウリアーニさんは、「北海道洞爺湖サミットの成果を来年のイタリアにつなげる責任を担ったと認識している。今回、モニタリングの仕組みができあがったが、これを実際にどう進めていくのかがカギとなる」と日本の取り組みを引き継ぐ意思を示した。
NGO側は、「今回の北海道洞爺湖サミットは、包括的な保健対策のスタートライン」とみており、次回のサミットでも日本がリーダーシップをとるよう、引き続き政府と協働で政策作りをしていくことを望んでいる。
「『開発・アフリカ』コミュニケ」「国際保健に関する洞爺湖行動指針」および「NGOによるスコアカード」はこちらのHPよりダウンロードできる。


[PR]
by k_nikoniko | 2013-03-07 23:43 | 掲載記事(2000~2010)

首相官邸前抗議『ビッグイシュー オンライン』

『ビッグイシュー オンライン』に、6月29日の「首相官邸前抗議デモ」が掲載されています。
[PR]
by k_nikoniko | 2013-03-03 00:31 | メディア掲載記事(2010~)

フランス、オーガニックショップが大賑わい『ビッグイシューオンライン』

『ビッグイシュー オンライン』に、「フランス、オーガニックショップが大賑わい」が掲載されています。
[PR]
by k_nikoniko | 2013-03-03 00:25 | メディア掲載記事(2010~)

フランス新閣僚の半数が女性『ビッグイシュー オンライン』

『ビッグイシュー オンライン』に、「フランス、パリテから10年、新閣僚の半数が女性」が掲載されています。
[PR]
by k_nikoniko | 2013-03-03 00:21 | メディア掲載記事(2010~)

活断層と富士山噴火の記事が『ビッグイシュー』に掲載

3月1日発売の『ビッグイシュー日本』の特集「動く大地を生きる」で、変動地形学研究者・渡辺満久さん(東洋大学)の「活断層」、と火山研究者・小山真人さん(静岡大学)の「富士山噴火」の記事を書きました。
[PR]
by k_nikoniko | 2013-03-03 00:14 | メディア掲載記事(2010~)