フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


<   2012年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

保養と移動教室の拡充を求める院内集会と市民会議

10月19日、「復興予算を被災者へ! 福島の子どもたちに笑顔を -保養と移動教室の拡充を求める院内集会-」が、参議院議員会館で行われました。

まず、伊達市で取り組んでいる移動教室が紹介されました。
こうした移動教室の申し入れは、広島などからかなり早い段階にされていたのですが、なかなか進んでいないようです。
いただいた資料によると、伊達市内の21の小学校のうち、参加校は9校。受け入れ人数の制限もあり、大規模校は対象外だったとのこと。

つづいて、福島からの参加者が報告し、郡山市立中学校3年生の横田優(すぐる)さんが、次のように訴えました。

3.11以降、原発事故が起きて、生活がガラッと変わったのですが、変わった生活の中で、自分たちが
いままでどおりの生活をしようとしてもできない。そんな現状というのは、とてもストレスというか不安というか。
日々抱えているストレスを少しでもなくすために、移動教室であったり、保養プログラムが充実していったらと思います。
僕も去年、今年と2年続けて北海道に保養プログラムに参加させていただきました。北海道ではマスクをつけずに、当たり前の生活をしますし、草原に大の字に寝転んだりもできました。放射能のストレスを感じずに過ごしたというのは、自分のなかでも大きかった。
自分の経験をふまえると、ストレスから、福島から逃げる、というのは、僕も含めて、福島の子どもたちに本当に必要であり、大切であるんじゃないかな、と思います。
それが平等に与えられているか、というと、そういうわけでもなく、ひとりひとり情報の入手経路が違い、新聞からだけ、携帯からだけしか情報を手に入れられない、というように格差が生まれると思います。
その格差を少しでも埋めるには、行政の協力が必要だと思います。時間を公平に与えるのは、行政の協力があってこそ、と僕は考えていて、福島県の子ども全員を救う、守るためには、行政の協力がなくてはならないんじゃないかな、と思っています。
子どもたちの負担も少なく、のびのびと生活していくためには、学校単位での移動教室というのが、重要になっていくのではないかと思います。
これからも、保養プログラムが継続されて、移動教室が、伊達市だけでなく、浜通り、中通り、そして会津地方、県内全域で実施されることが、福島の未来、しいては日本の未来につながっていくのではないかと思います。ぜひ、そういった面を考えていただければ、というのが、福島の中学生から、子どもからの声です。

集会に引き続き、被災者支援法の中身を考える市民会議が、ワークショップ形式で行われました。
私が参加したグループでは、避難での支援のなかで必要なこと、として、「国民の理解」「交通費」「教育」「保養」などについて、意見を出し合いました。
いろいろ話しているうちに、あまりにも問題が大きすぎて、どこからどうはじめていいのか…、といまさらながらの印象です。
1年半以上がたち、問題は広がるばかりです。
f0016260_11183040.jpg

[PR]
by k_nikoniko | 2012-10-23 11:18 | 原発・核

仏版Elleに掲載された「フクシマの母親たちの怒り」

フランス版『エル』の2011年12月23日号に掲載されたAlissa Descotes-Tさんのレポートを、個人的に訳しました。
名前はイニシャルに変えています。

危険にさらされた子どもたち
フクシマの母親たちの怒り

避難すべきか、残るべきか? 子どもたちを空気のいい地域に移動させるか、家のなかに閉じ込めておくか? 政府が危険性を軽視した状況、そして被ばくの恐怖のなかで、福島の女性たちは絶望に打ちひしがれながらも、救済の道を模索している。

太陽が降り注ぐ道を、3人の女の子が楽しそうにおしゃべりしながら、下校してきた。マスクはしていないが、首に線量計をかけている。「調査するからって、今月末これをもらいました」とひとりが語った。「何て言うんだっけ?」と二人目が質問する。「放射線」ともうひとりの子が答えた。福島第一原発から60キロの福島市で、政府(県)は子どもたちに線量計を配布し、学校の土の除染作業をはじめた。しかし、日に日に不安を募らせている母親たちにとっては、測定だけで十分とはいえはない。原発事故から9ヶ月、母親たちは、汚染されたなかでの子どもたちを守る日常の闘いについて語った。“避難”という唯一可能な解決策を納得させようとして、周囲の人たちと対立し、彼女たちはしばしば孤立感を深めている。
 「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」の事務所で、Mさんは家賃無料の住宅情報を整理していた。このネットワークは、長期間の「自主避難」希望者の支援で重要な役割を果たしている。「県は避難を勧めていないばかりか、それに反対している」とこの若いボランティアの女性は言う。ネットワークのサイトにには、避難の説得で悲嘆にくれた母親から、読むのがたいへんなほど多くの書き込みがある。「市役所の人は電話に出るが、答えてくれない。親の不満を聞くだけ。こうした状況は耐えられない」とある母親は書いている。多くの国際機関や民間団体が公式発表の放射線量測定値を疑問視して以来、母親たちは警戒を強めている。放射線量の年間許容量は、事故後すでに増加している。もうひとりのボランティアのSさんはこう主張する。「1ミリシーベルトから20ミリシーベルトに変更されたとき、私たちは抗議しました。この数値は原子力施設で働く従業員の被ばく量であることは、誰もが知っています。私たちはモルモットではありません! ある日、若い母親は、学校が子どもたちに線量計を配布したと喜んでいました。親たちは、それが子どもたちを守ると思っていますが、線量計は警戒体制を抑えるだけでしかありません。1、2ヵ月後には、測量計を県に返し、放射能の影響を調べるのです」 約36万人の子どもたちと妊婦に配布された機器は、広島と長崎の被ばくで実施されたテストを連想させる。2つの原爆の投下後にABCC(原爆傷害調査委員会)により実施された経験は、治療ではなく、原子力産業の知識を高めるものだった。「ABCCは現在も広島に存在しています。信じられないかもしれませんが、同じことが福島でも行われているのです」とSさんは言う。

女の子の線量計は、9月に1.7ミリシーベルトを記録した。この結果を発表したにもかかわらず、自治体は「健康には影響ない」と宣言した。「子どもを守るふりをした計画はこれからも続くでしょうが、今後も政府が問題ないと言うだろうことはわかっています」とSさんはいらだつ。多くの市民団体がネットワーク化されて以来、福島での情報の流れは向上した。しかし、Sさんによると、やるべき手段は残されている。「ここでの問題は、大半の人が知りたがらないことにあります。母親たちは、匿名を使い、ネットで絶望的な訴えを投げかけています。父親たちは、仕事を辞めたくありません。圧力が非常に強く、子どもでさえ、心配を学校で口にすれば、他の子どもにいじめられます」
 ショッピングセンターのアーケードで、Kさんは子どものボディカウンターの測定が終了するのを待っていた。市民放射能測定所に設置されたこの器械は、体内被ばくを測定できる。「子どもは5歳と8歳です」とこの若い母親は説明する。3月12日に原子炉が爆発したとき、彼女は福島市にいた。「3月18日に家族で北海道に避難しましたが、4月に戻ってきました。子どもたちは、“放射能”という言葉に関するすべてに、ひどくトラウマを持っています。たぶんもう遅すぎるのでしょうが、とにかく知りたいのです」 心配はしているが、彼女は福島にとどまりたいと思っている。「私の両親が実家に戻ってほしいと言っています。でも、ものごとはそう単純にはいきません…」とKさんは笑う。彼女は苗字を明かすのを拒んだ。測定の結果は1ヵ月後にわかる。待ち時間は長いが、福島にはこの一台だけで、この上もなく貴重だ。


More
[PR]
by k_nikoniko | 2012-10-22 20:23 | 原発・核

醜いフランス原子力の歴史(下)

1974年3月6日、大それた出発
ジョルジュ・ポンピドー大統領は、息を引き取る3週間前に、限られたメンバーによる各省庁大臣会議の議長を務め、乱暴にも重大な案件を採決した。ピエール・ムスメール首相は、その夜テレビで、勝ち誇ったようにそれを発表した。「我々は本日、1974年から75年の間に、1000メガワットの原子炉を13基建設し、それぞれに100万フランを費やす……アメリカ以外、これに匹敵する努力をしている国は他にない」 こうしてフランスを世界一の原子力大国に仕立てられていった。原子力技術は完全に管理され、重大事故は不可能で、放射能の生理学的影響は無視され、核廃棄物はまったく問題にされなかった。
ジスカール・デスタンが大統領に当選した選挙の8日後、国営テレビのフランス2のクロード・オツァンベルジェの枠で放送予定だった番組「原子力を私たちは本当に必要としているか?」が、禁止命令で中止された。範が示された。議論など存在しない。この問題に関する唯一の国会での議論は遅れ、1年後の1975年5月14日に行われた。しかし、最終的に採決されず、見掛け倒しに終わった。
拒否の理由は少なくとも2つ説明できる。ひとつは、政治的な理由。原発で被害を受ける選挙区の議員は、計画の制限を要求できた。もうひとつは、原発の設計に関連する。原子炉で生じる熱の3分の2は、単純に水蒸気として熱湯の形で自然界に排出される。当時の新聞は、この浪費についての疑問を公的に質問した。なぜ、この熱が都市暖房に使用されないのか。多少経費はかかるが、技術的には可能なはずではないか? しかし、EDFはかたくなだった。熱湯での都市暖房といっても、それを必要としない顧客もおなじ数だけいる。そうした顧客はオール電化を賞賛しているのだから! 静寂、そして、議員たちは、フランス原子力に関する質問を提起しないようにしなければならなくなった。

原子炉は加速して次々と現れた。1977年にフッセンエイムの最初の2基、それから、ブジェの3基。1980年には少なくとも7基(Granvelines、Danpierre、Tricastin)、1981年には新しい8基。エンジニアリングと操業点検システムなどを提供する産業、工事会社(Bouygues)、ボイラーやタービンの製造(Saint-Gobain)などの会社にとって黄金時代。特に、EDFは政府との契約で特権を手に入れた。入札の必要がなく、この電力会社は、供給者を好きなように選んだ。
これらの新しい原子炉すべてに、濃縮ウランが装てんされなければならず、世界中で原発が増加した関係でアメリカの工場が飽和状態になり、ピエールラットに濃縮ウランの工場Eurodifを設立することになった。これには莫大な投資と、非常に大量のエネルギーが必要とされた。それを完全に満たすには、トリカスタンの4基の原子炉の生産量が必要だった! 資金については、原子力化する国々とコンソーシアムが結ばれた。フランスに加え、スペイン、イタリア、ベルギー、そしてイランが名を連ねた。

輸出はどうなったのか? 最初は約束どおりだった。1974年12月、イラクへの訪問で、シラクはサダム・フセインに、原発を建設することを約束した。その原発オシラクは稼動するはずだった。イラクの原子力物理学者はこう語った。「フランス人は我々に、『なぜ原子炉を買わないのだ?』と言った。我々は『エネルギーを生産するから』と答えた。フランス人は大笑いした。フランス人は、我々の説明がでたらめではないと知っていた。しかし最終的に、彼らは、それは自分たちの問題ではないと言った」 オシラクは、1981年7月のイスラエルの空襲で崩壊した。
同じく1974年、シラクは、イラン国王から、2基の原子炉の注文を手に入れた。Eurodif濃縮ウラン工場の10%の分担と、この機会に対するフランスへの100万ドルの貸与も取りつけた。イラン国王が倒れ、ホメイニ師が政権を握ったとき、フランスは約束を取り消し、返金しないことにしようとした。これがパリで起きた血なまぐさいテロの報復となり、イランは弁償を手に入れることに成功した。Eurodifは長年、濃縮ウランの生産の10%をイランに送り続けた…。
その前にフランスは、イスラエルと南アフリカに原子力技術を売っている。どちらも、核爆弾の製造方法をセットで提供することを公的には否定している。その時代に優勢だった考え方は、ビジネスをうまくいかせるのに加え、核拡散が平和をもたらすというものだった。世界中に核兵器が存在すれば、核戦争のリスクが減るという考えだ。

More
[PR]
by k_nikoniko | 2012-10-17 13:33 | 原発・核

醜いフランス原子力の歴史(上)

フランスの週刊紙カナール・アンシェネが昨年2011年10月に発行した原子力特別号に掲載されていた記事の翻訳です。<>は訳注。

1945年8月6日、朝8時15分、1350gの濃縮フランで作られた核爆弾が広島に落とされた。10万人以上が死亡。翌日のルモンド紙の見出しは、「科学革命。アメリカが日本に原爆を初めて投下」。漠然とした歓喜がにじんでいた。この“科学革命”は、完璧な成功だった。人類はこれ以前、一度にこれほど多くの人間を殺害したことはなかった。

その7年前、ノーベル賞を受賞した原子力学者フレデリック・ジョリオ=キュリー<キュリー夫妻の娘婿>が、歴史的発見の結果を発表した。核分裂反応(これより6ヶ月前に2人のドイツ人科学者が発見)のとき、分裂した核が中性子を発し、新しい核分裂反応を連続して引き起こし(連鎖反応)、その中性子が莫大なエネルギーを放出する、という発見だった。電気だけでなく、すばらしい核爆弾も産業化して製造できる、という立証である。1939年5月4日、フレデリック・ジョリオ=キュリーは、この核爆弾の基礎となる発明を「爆発装置の改良(Perfectionnement aux charges eplosives)」という名で特許登録した。この時代、イギリス、ドイツ、アメリカの多くの物理学者が、同じ問題に取り組んでいた。アメリカのプリンストン大学物理学部は、その中心的存在だった。このころ、アインシュタインはルーズベルトに、「ナチスより先に核爆弾を製造する」と提案した手紙を書いている。
1942年9月、アメリカ大統領はとてつもない「マンハッタン計画」をこっそりと開始した。町全体、そして巨大工場建設が可能な大企業を巻き込み、10万人(うち研究者は1000人)を動かし、200万ドルを費やして、その目的を達成した。
しかし、当時は、ドイツの攻撃のために準備されていた。(ルーズベルトを継いだ)トルーマン大統領が日本をターゲットに定めた。ノーベル賞学者ジェームズ・フランクを筆頭に、シカゴの研究者たちは、大量殺戮を避け、無人島で核爆弾を爆発させようと説得した。しかし、トルーマンはそれを完全に拒否した。広島に線を引き、地図上から消した。世界中の原子力推進派は、シャンパンを多量に飲んで祝った。ジョリオ=キュリーはその翌々日、パンポルの避暑地で、AFPにこの快挙の元となった発明について説明し、理解してもらおうとした。

広島の原爆投下から2ヵ月後、1945年8月発令で、ドゴール大統領は原子力エネルギー庁(CEA)を創設し、ジョリオ=キュリーが長官に就任した。フランス版「マンハッタン計画」を開始する任務を受けたCEAは、国家内国家であると理解された。途方もない予算が組まれ、野放しに、各々が個々の役割に集中した。研究、産業、商業、外交…。ドゴールに命ぜられた目的は、フランスが“大国”に名を連ねるために、有名な核“抑止力”を創出することだった。ジョリオ=キュリーは、「大佐、あなたのために製造します、あなたの爆弾を!」と約束した。
それはまた、あらゆることをするという意味でもある。まずウランを探さなければならない。ジョリオは隊を派遣し、田舎を探索させた。隊員は、オーヴェルニュ火山の近く(ラ・クルージルの豊富な鉱山をすぐに行き当たった)で、ガイガーカウンターを手に、ウラン鉱山を探した。最初の実験用原子炉が完成するのに3年を要した。1948年に開始した、ゾエZoé(ゼロZero、酸化ウランOxyde d’uranium、重水Eau lourde:“ゼロ”という用語は結局、エネルギーを放出しないことを意味する)は、翌年からフランス製プルトニウムの初生産に成功し、ジョリオを大いに喜ばせた。たった数ミリグラムではあったが、この成功はテレビで報道された。<Zoéはパリ郊外のFontenay-aux-RosesにあるCEAの研究所に現存している>

More
[PR]
by k_nikoniko | 2012-10-16 13:07 | 原発・核

『ビッグイシュー日本』記事掲載のお知らせ

本日(10月15日)発売の『ビッグイシュー日本』で、伊那市立伊那小学校の総合学習の記事を書きました。
この学校は通信簿がなく、総合学習は30年以上の歴史があります。
風車で電気を起こそうと取り組む6年生と、子豚の誕生をまちわびる3年生を取材しました。
子どもたちは元気いっぱい。
自分の小学校時代を思い出しました。
楽しかった学校生活は、あのときだけだったかもしれない、とも。
[PR]
by k_nikoniko | 2012-10-15 10:14 | 掲載記事(2011~)

フランスでは7460人が脱原発集会に参加

アビニョンの脱原発団体の方から、10月13日のフランスでの脱原発集会の参加者数を伝えるメールが届きました。
総計で7460人。

フランスの各地の参加者は次の通りです。
ラヴァル(200キロ圏内に15の原子力施設):4000人
リヨン(原子力集中地帯):1000人
メッツ(放射性廃棄物貯蔵施設がある):1000人
ストラスブール(最古の原子炉フッセンエイムに近い):500人
ナルボンヌのマルヴェジー(ウラン加工工場がある):400人
パリ:300人
リール(老朽化したグラヴリンヌ原発に近い):200人
ロン・ル・ソニエ(ビュジェ原発に近い):60人

日本では、日比谷野外音楽堂の参加者6500人でしたが、全国総計では何人だったのだろう?
[PR]
by k_nikoniko | 2012-10-15 00:17 | 原発・核

今日はフランスでも10ケ所以上で脱原発デモ

10月13日、フランス各地でも脱原発デモが行われます。
脱原発ネットワーク関係が10ヶ所。
パリの日本大使館前でも抗議行動があるようです。
いいことだけど、一番いいのは、フランスが率先して脱原発することだよね。
[PR]
by k_nikoniko | 2012-10-13 11:55 | 原発・核

「アジアのインターネットとソーシャルメディア」動画

アジアのインターネットとソーシャルメディア Internet and Social Media in ASIA」の動画をアップしました。

既存メディアが政府に統制されている国の多くで、「情報の共有」や「議論」の場として、インターネットやソーシャルメディアが積極的に活用されています。その一方で、インターネットやソーシャルメディアの規制も厳格化しつつあり、表現の自由が脅かされてもいます。アジアのそうしたインターネット&ソーシャルメディアの状況について、タイのNGO「フォーラム・アジア」のヤップ・スウィーセンさんにお話をうかがいました。
[PR]
by k_nikoniko | 2012-10-08 16:19 | メディア

Vidéo"Iitaté à Fukushima"

"Iitaté à Fukushima, le plus beau village contaminé"

Iitaté situé à 45 kilomètres au nord-est de la centrale nuclèaire Fukushima daiichi a été décrété zone à évacuer à cause du niveau de radioactivité. Avec le soutien de l'état un grand travail de décontamination à Iitaté a été lancé dans le but
d'encourager les habitants à revenir au village. Mais les habitants doutent de l'efficacité de la décontamination.
[PR]
by k_nikoniko | 2012-10-06 23:30 | 原発・核

福島県飯舘村の動画をアップしました

先月(9月)に飯舘村で撮影したビデオ「飯舘村 2012年秋」をYoutubeにアップしました。
帰村を目標に除染事業に取り組む飯舘村で、実際に放射線量を測定してみました。
偶然お会いした農家の方にもお話をうかがっています。
ぜひご覧ください。
[PR]
by k_nikoniko | 2012-10-06 23:22 | 原発・核