フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


<   2012年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ストレステストでストレス倍増

年が明けた第1本目がこの投稿。
原発のストレステストは、この国に暮らす人々にストレスを与えるばかり。
これでストレス感じない人の神経ってどうなってるんだろう。人間じゃないよね。

欧州をならって実施するというストレステスト。
フランスでも悪評です。
昨年10月に発行された、カナール・アンシュネ紙の原子力特集号に掲載されたストレステストの記事から、一部引用してみました。

EUは13カ国に原子炉143基(62の原発施設)を保有する。福島第一事故の4日後、加盟国の国民を安心させるために、EUエネルギー担当のドイツ人のギュンター・エッテンガー欧州委員が「ストレステスト」の実施を発表した。この有名な耐久性テスト、90年代以降は銀行融資のために実施されるイメージがある。
「地震、洪水、津波、テロ攻撃、電気系統の故障といった、あらゆるリスクを再評価することが重要である」とエッテンガーは言う。しかしながら、各国は、欧州の専門家が見守られながらもこっそり、「テスト」と誤って命名された「再評価」にとりかかるだろう。そして、関係する国(欧州全体ではなく)の失格した原発施設は閉鎖されるかもしれない。
ドイツがすぐに老朽化した7基の原子炉の停止を発表し、欧州のいたるところで環境団体が「欧州レベルで計画を立て、協力して」脱原発を要求する声が高まったとき、その脅威がフランスの原子力当局を恐怖に陥らせた。
ヨーロッパ大陸で反原発の熱が優勢になるのをどう避けるべきか?
フランソワ・フィロン首相は、「耐久性テスト」の基準や方法について理解しないまま、フランス原子力安全局に緊急要請し、洪水および地震によるリスク、電力供給の停止、冷却システム、事故時における管理体制の5項目についてのテストを命じた。
<略>
欧州の原発施設の大がかりな試験は6月1日にはじまり、9月15日に各国の原子力安全局がコピーを提出し、11月中旬に結果が発表される。
「飛行機の墜落やサイバー攻撃といったリスクは排除し、すべてがうまくいっていて、何のリスクもないことを示すための飾り立てられた方法であり、きれいごとのテスト」とフランスの脱原発ネットワークは不満を隠さない。「このテスト実施を監視する欧州の専門家のなかには、独立した立場の専門家がひとりもいない。運営会社がイエスかノーか答えた質問書をまとめるだけだ。(安全性への)不信を矮小化するデマをまきちらすのをやめさせならない」とエネルギー研究団体グローバル・チャンスのベンジャマン・ドゥスュは言う。
いずれにせよ、フランス原子力安全局が言うように、「テストの日程はかなり詰まっているため、監査は本質的には既存の試験結果に基づく」ことになる。ゆえに、原発施設の安全性の真の再評価ではなく、自然災害のテストを実施するわけでもない。
[PR]
by k_nikoniko | 2012-01-19 11:11 | 原発・核