フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


<   2011年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

フランスの放射能監視体制

フランスの放射能監視体制について、少し整理してみました。

放射能汚染に関する情報公開を担当しているのは、国立の放射能環境汚染測定ネットワーク(訳注:暫定名称)RNM(Réseau national du mesures de la radioactivité de l'environnement)で、このネットワークのサイトから、各省庁や地方自治体、民間の環境保護団体とのつながりがわかります。

各組織との連携が機能しているかどうかは別として、ひとつのサイトに大まかな情報が集約されているのはわかりやすいです。

なお、この色の組織・団体のサイトでは、福島第一原発情報をトップページで扱っています。

RNM(Réseau national du mesures de la radioactivité de l'environnement)
2003年に設立。フランス原子力安全局(ASN)の管轄下にあり、フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)が委託運営している。主な目的は、国民に放射能汚染の状況を伝えること。サイトでは、フランス国内の原発分布図と、その周辺の大気、食品、水、周辺環境の放射能漏れ測定値が閲覧できる。

RNMと連携している省庁、自治体、民間団体は以下の通り。

関係省庁
経済・財政・産業省:消費に関する問題
国防・退役軍人省:国防に関する問題
労働・雇用・厚生省厚生省サイト):健康に関する問題
農務省:農業関係の問題

公共サービス、公的保健衛生関係
国立衛生監視研究所(IsVS)
食品衛生安全庁(ANSES)

地方自治体
各地方自治体

原子力運営組織
フランス電力公社(EDF):フランスの電力会社、70%の株を国が保有
フランス原子力・代替エネルギー庁(CEA)
フランス海軍:フランス第2の原子力運営組織
アレバ(AREVA):世界最大の原子力企業→こちらを参照
放射性廃棄物管理機関(ANDRA):核廃棄物に関する公共機関

非営利団体(日本でいうNGO/NPO)
GSIEN:原子力エネルギーに関する情報を発信する科学者グループ
ACRO:放射能漏れを監視する団体

その他の組織
ASPA:アルザス地方の大気汚染監視研究団体
BNEN:原子力設置に関する規格化(ISO認定など)委員会
IPHC:国立科学研究所

次に、RNMでリストアップしている放射能監視組織。

フランス原子力安全局(ASN)
原子力の安全をになうフランスの国家機関。放射能監視し、労働者・患者・市民・環境を守るために、法の制定や検査、情報提供を行う。

フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)
2002年発足の公共機関。フランス国内11ヶ所で放射能を監視し、情報を公開。調査や研究、啓発教育活動を行う。
関連省庁として、環境・エネルギー・持続可能開発・国土整備省、国民教育・高等教育・研究省、国防・退役軍隊省、労働・雇用・厚生省。

原発施設運営企業
原発施設運営企業や原子力関連組織も放射能漏れ監視責任を負う。

企業
放射性廃棄物管理機関(ANDRA)
アレバ(AREVA)
フランス電力公社

研究所
フランス原子力・代替エネルギー庁(CEA)

海軍基地
フランス国内の3つの港に停泊する原子力潜水艦

省庁管理部門・公共サービス機関
フランス農務省食料総局(DGAL)、動物検疫所(DDSV)
競争・消費・不正行為防止総局(DGCCRF)
保健総局(DGS)、地方保健福祉局(DDASS)

非営利団体(NGO/NPO)
ACRO
CRIIRAD:チェルノブイリ事故ごに設立した放射能監視研究所
AASQA:大気汚染監視団体
フランス地域情報委員会(CLI):原子力施設立地地域の住民や事業主など関係者が参加する委員会


[PR]
by k_nikoniko | 2011-03-31 21:18 | 原発・核

世界に拡散する大気汚染のシュミレーションが公開

包括的核実験禁止条約機関(予測シュミレーション)をサイト上に公開しています。
作成したのは、ドイツ連邦政府放射能防護局(BfS)で、詳細説明はこちらのサイトで公開されています(英語版もありますが、この件に関してはドイツ語のみ)。
ドイツ語ができないので、CTBTOのニュースリリースを翻訳します(CTBTOのサイトからのリンクでドイツ放射能防護局の説明にとぶことができます)。

このシュミレーションは、CTBTOの実施している放射能モニタリングのデータと分析を元に作成され、実際の検出結果ではなく、あくまでも予測です。
OTBTOは、世界各国に250以上のモニタリング・ネットワークを持ち、放射能の測定・分析を行っています。

地球儀の画像をクリックすると、3月13日から23日までにどこまで拡散するかの予想シュミレーションがスタートします。

もうひとつは、実際にキセノン133の拡散をCTBTOの測定所した結果を示した地図。
キセノン133は核実験と原発事故で放出され、今回の検出は福島第一原発からだと考えられています。
こちらも、地図をクリックすると、3月12日から20日まで時間を追って画像が変化します。

ここからは原発の話しではないのですが、CTBTOのサイトで、映像作家の橋本功さんが制作した「1945-1998」も観ることができます。
核実験の実施した国と数を表現した映像で、アーティスティックかつ衝撃的。


[PR]
by k_nikoniko | 2011-03-26 19:28 | 原発・核

「安全」と言われるたびに不安になる

国民を煽らない配慮なのだろうが、「安全」という言葉が逆に人々を煽っているように思う。
政府やマスコミが言う「安全」を信じている人が、どれだけいるのだろう?

私たち日本人はそんなに”軟”じゃないし、”愚か”でもないと思う。
政府やマスコミが「煽らないように」とすればするほど、バカにされている感じがする。
パニックになって暴れだす無知な人たち、と上から目線で言われているようで、とてもイヤな気持ちになる。

最近、テレビも新聞もあまり見ないようにしているのだけど、気になったこと2つ。

ひとつは、東京の水道水にヨウ素が検出されたとき、乳児を持つ母親を取材したNHKのニュース。
最後に、「今求められているのは、正確な情報です」とアナウンサーがコメント。
NHKは正確な情報を伝えてないのだろうか?
取材した母親に言えばいい。
「テレビの報道を信じていれば間違いありません。正確な情報を伝えていますから」と。
メディアが正確な情報を伝えないのであれば、その役割の意味がない。

もうひとつは、北海道新聞が1週間前ぐらいから2面を使って載せている寄付者リスト。
老眼では読めないぐらいの細かいカタカナで、各銀行ごとに、振り込みした人の名前を連ねている。
寄付というのはそもそも、善意で行うのであって、名前を出したくない人もいるだろう。
「伊達直人」の出来事からそんなに経ってないのに。
毎朝この2面を見るたび、「これだけのスペースがあれば、もっと有益な情報を伝えられるはず」とため息が出てしまう。
すでに10面分ぐらいにはなっている。
新聞代は一括払いだから、この欄がいらないと思っている人には、1紙分ぐらい安くして欲しい。

福島第一の3号機はMox燃料を使っていることも、ほとんど報道されない。
普通の燃料より毒性が高いので、あえて語らないのだろうけど。
このMox燃料は、フランスから運ばれてきた。4月に予定されていた運搬は中止になったらしい。

「安全」じゃないことはもうわかっているので、その状況で、どうしたら被ばくの影響を最小限に抑えられるのか、そうした実践的な情報を現在探してるところです。
[PR]
by k_nikoniko | 2011-03-26 15:54 | 原発・核

リビアとパレスチナの空爆、原発、フランスの右傾化

昨日、パレスチナのガザ近くのハンユニスで空爆があったとのこと。
ハンユニスに住む友人の家のすぐ後ろが攻撃されたそうです。

このところ、津波と原発以外のニュースには疎くなってしまっています。
こういうときが一番危ない。

フランスからのメール。
トップニュースは、リビア攻撃、地方選挙での極右政党の台頭、そして、日本の原発。
東京の水道の放射能汚染も報道されたそうです。
しかし、記者が大阪からレポートしたって! そこまで警戒しているフランス。
ちょっと笑ってしまったけど、笑っている場合ではないのか?

フランス人からは、地方選挙で極右政党(FN)がいくつかの選挙区で勝利したことを危惧するメール。
父親の引退後、娘のマリーヌ・ルペン氏が党首となり、めきめきと人気が上昇している感じがする。
右傾化するフランス、怖いです。

世界中がおかしい。おかしいけど、がんばるしかない。
[PR]
by k_nikoniko | 2011-03-23 21:09 | フランス

「健康に害はない」を信じられないわけ

放射線に汚染された食品、「健康に害はない」そうだ。
本当だろうか。
フランスの放射線調査団体は、警告の声明を発表した。
この声明には、事細かに、放射能汚染食品の注意が書かれている。
野菜は「洗うだけではだめ」という。表面についたホコリとはわけが違うのだから。
対策についても少し触れている。なるほど、と思う。
日本語でも、信憑性があって具体的な情報が知りたい。

「健康に害はない」にこしたことはないが、もしウソだったら、命にかかわる問題だけに、誰が責任をとるのだろう?
もしウソだったら、「安心です」という言葉を信じた人が病気になったとき、そう言いつづけた人たちは責任をとってくれるのだろうか?

医師が患者に「大丈夫です」と言うときは、誤診もあるかもしれないけど、とりあえずはそれを信じる。
間違っていたら、医師が責任をとるはずだ。言った張本人だし、専門家なのだから、それが当然といえる。

でも、今回の放射線汚染については、まったく責任の所在がわからない。
これまでの公害や薬害問題から予測すると、誰も責任をとりそうもない。
だから、「安心です」と言われても、全然信じられない。
[PR]
by k_nikoniko | 2011-03-21 23:57 | 原発・核

食品の放射能汚染にフランスの団体が厳しく警告

フランスの独立放射線調査団体CRIIRADが、3月20日9時(日本時間16時)に、「日本の食品の放射線汚染)」に関する声明を発表しました。




[PR]
by k_nikoniko | 2011-03-21 23:04 | 原発・核

フランスの反原発アピール文に感動、でもリビア攻撃に失望

本日午後3時(日本時間夜10時)、フランス各地で日本追悼および反原発の集会が開催されます。
市民たちのアピール文はすばらしい。
これを読んで、フランスでこれだけの原子力発電計画が進行していると知り、愕然とした。
日本がかかわっているプロジェクトもある。
アピール文のなかで、「フランスの原子力産業がかかわる海外のプロジェクトの停止」を要求しているが、日本もすぐに手を引くべきだ。
ニジェールのウラン採掘など、私たちが知らない(無関心だったともいえる)ところで、日本は原子力プロジェクトを進めている。
先進国の日本は、中国に負けたからといって経済力は世界2位で、この苦境を乗り越えることができるはず。
でも、発展が途上の国は、それができない。もっともっと悲惨なことになるだろう。
日本の事故でさえ責任がとれないのに、どうやって他の国の安全を保証できるのか。
これ以上、人々を苦しめないために、海外のプロジェクトは即刻中止してほしい。

今回の災害で、各国の知り合いからメールが届いた。
パレスチナやイラクからも。
本来なら、世界の多くの人たちが、独裁者に立ち向かうアラブの人々を支援し、社会を変わるのを見守るべきときだったのだと思う。
自然災害は運命だとしても、この原発事故さえなかったら、国際社会はもっとアラブ地域に目がいっただろう。
「鬼のいぬまに」的に、リビア攻撃がはじまってしまった。

世界中の暖かい言葉に酔いしれているだけでなく、苦境にいる国の人々を応援したい。
[PR]
by k_nikoniko | 2011-03-20 13:45 | 原発・核

3月20日フランス各地で反原発集会

フランスの“脱原発”ネットワーク(Réseau "Sortir du nucléaire)は20日(日)15時(日本時間22時)に、全国各地で「原発:私たちが選択したい」集会を開催します。
日本の犠牲者を追悼するとともに、フランスの原子力政策を考える集会で、賛同団体は、アソシアシィオン(NGOや市民団体)、労働組合、政党など60団体、および、アーティスト、個人など。

パリの集会場所は、国民議会(Assenblé nationale)前。

この集会に先立ち、60の団体が、政府に対し公式アピールを発表しています。

原子力:私たちが選択したい!

日本での原発大事故を受けて、フランス政府への公式アピール

日本の人々は現在、史上最悪の悲劇に直面しています。人道的、保健衛生的、経済的に重大な影響を及ぼす自然災害。そして、大規模な原発災害。

現時点で、炉心の部分的溶融が3つ、使用済み核燃料の火災が2つ、水素による爆発が5つ、福島第一原発で起こりました。3月11日の地震と津波以来、大気や周囲におびただしい量の放射能物質が放出されています。炉心の完全溶融、さらには大量の放射能漏れをともなう爆発も否定できません。一貫性のない矛盾した情報からさえも、私たちがこれまでに経験したことのない重大な状況に直面していることを予感できます。

日本はすでに憂慮すべき状況で、刻々と事態は悪化しています。現場の日本人作業員は、これ以上最悪な事態になるのを避けようと、命を犠牲にしています。

大災害がつづいている間にも、多量の放射能物質が大気や海に放出しています。福島第一原発から100km以上離れた場所で、平常時よりも数倍も高い放射線量がすでに測定されました。現時点でも大気汚染は日本の広い範囲で検出され、それは日本国中、さらには他の国へも広がるでしょう。

私たち、アソシアシィオン、労働組合、政党は、日本の人々、なによりも命を賭けて事態悪化を避けようとしている原発作業員に、連帯を表明します。

こうした危機的状況が私たちに気づかせてくれたのは、原子力というエネルギーは、きれいでもなく、安全でもなく、気候変動を防ぐ重要な施策でもないということ、そして、原子力関連企業の存在するいたるところで、そこに住む人々や作業員に非道なリスクを強いているということです。しかも、原発は老朽化しており、福島第一原発の1号機は明らかに先月までに停止しなければならなかったはずであるのに、10年間の運転延長が決定されたところでした……あまりにも悲劇的な選択です!

原発大事故のニュースは、再び今、あらゆる原発施設に危険性が内在しており、安全神話や原子力の安全性が明らかに否定しがたいほど間違っていたことを示しています。

日本における原子炉の異常に対し、人間は悲惨なまでも無力です。このことで、多くの国(ドイツ、スイス、インド、アメリカ…)では即座に原発への疑問が持ち上がりました。

フランスでは、エネルギー政策はつねに、民主的な議論をされることなく、なかでも特に、原子力発電関連産業の開発については議論されません。国のトップたちだけで決断がなされ、国民全員の将来に関する問題であるにもかかわらず、市民は一度も相談されたことがありません。

原子力産業とそのロビーが完全に独立し、フランスのエネルギー・モデルについて本質的な議論を政府が開催するまでに、さらなる原発事故を待たなければならないのでしょうか?

石油資源の欠乏が増すなか、原発を認めない(ことで起こる電力不足の)リスクや、温暖化を防ぐための二酸化炭素排出量の減少の必要性という問題に立ち向かうために、今、もうひとつの解決策が存在しています。それは、節電や効果的なエネルギー利用、新エネルギーの開発により、消費を減らすことです。こうしたエネルギーの転換は避けられません。そのあり方や計画には、民主的な市民を交えた大議論の開催が必要です。

サルコジ大統領は、フランスは日本の事故の結果から教訓を引き出さなければならない、と発表しました。その演説の言葉を今こそ利用していきましょう。

原発:私たちが選択したい!

私たち、アソシアシィオン、労働組合、政党は、フランス政府に対し、公式にこれらのことを要求します。

・進行中の原子力発電計画(フラマンヴィルのEPR<1>、コタンタン-マンヌの超高圧送電、パンリィのEPR、ITER<2>、ブールへの原子力発電産業で産出される放射線廃棄物の貯蔵センター建設など)を市民との協議で決定するまですべて中止すること。市民はこれまで、フランスのエネルギー政策と原子力エネルギー依存に関して民主的に意見を述べることができる状態になかった。決定手段のなかには、必要であれば国民投票も含む。
・開始から30年以上経過している原子炉の運転延長の廃止。
・フランスの原子力産業が関与する海外での原子力計画をすべて完全に中止すること。

日本の状況は、国がこうむる惨劇、原子力産業が人々に押しつけている永遠の脅威について、黙っていてはいけないということを教えてくれています。フランスのように、日本で。

私たちは、2011年3月20日(日)15時からフランス全国で集会を開催し、すべての市民に、日本の人々と連帯するためにデモを呼びかけます。そして、原発依存とエネルギー政策への問題の共有を呼びかけます。

訳注
<1>ヨーロッパ加圧水炉:第三世代の原子炉、フランスの原子力企業Averaが開発
<2>イーター:国際熱核融合実験炉、フランスのカダラッシュに建設予定。日本、欧州、米国、ロシア、中国、韓国、インドが参加。文部科学省のHP参照


[PR]
by k_nikoniko | 2011-03-20 13:07 | 原発・核

TPPと日本の農産物、そして放射線汚染

3月13日(日)は、札幌でTPPに関する「開国フォーラム」が開催される予定でした。
参加を申し込んであったのですが、11日の地震の後すぐに、「中止」のお知らせメールが届きました。
このメールは素早く届きました。こうした迅速な対応は、ここじゃなくて、原発で発揮してほしかった…。

フランスの放射能調査団体の声明を読むと、今後の日本農業は、致命的な打撃を受けそうな気がします。
少なくとも、フランスは日本の食品を警戒するだろうなぁ。
チェルノブイリ事故のときのことを思い出すと、そういう事態は避けられそうにありません。

こうした状況で、TPPはいったいどうなるのでしょう。
アメリカはこれに便乗して、TPPを迫ってくるのではないでしょうか。
「日本の農産物は不安」と煽りたてるのは簡単だし、それに乗せられてしまう日本人もたくさんいそう。

市民の抵抗もむなしく、原発建設が決まっていくのと同様、農業政策も市民の存在を無視して進められていく。
このところ、食品加工の歴史などを調べていて、つくづくそう思いました。
輸入増加を延期するよう嘆願する文書などを読むと、農業従事者や中小企業の食品加工会社がささやかな抵抗をしていたにもかかわらず、ほとんど聞き入れられなかったことがわかります。

フランスは農業大国でもあるからか、今回の原発事故を、放射能汚染が及ぼす農作物への影響として重大にとらえています。
日本では全くといっていいほど、そうした観点からの議論がありません。
農業を蔑視してきた路線が、こんなところからも見てとれます。

この事故から引き起こされる今後の問題を考えると、ものすごく悲観的になってしまいますが、落ち込んでいても何もならないので、できることをこつこつ積み重ねていくしかないですね。

TPPについても、忘れないように監視していきたいと思います。


[PR]
by k_nikoniko | 2011-03-19 16:08 | 原発・核

情報の不透明さに苛立つフランスの放射能調査団体

フランスのCRIIARD(放射能に関する情報および独立調査のための委員会)が3月17日13時(日本時間20時)に声明を発表しました。
「大気中の放射線物質 入手できうる範囲での結果から非常に懸念される状況である!」
RADIOACTIVITE DE L’AIR :les quelques résultats enfin disponibles sont très inquiétants !

[PR]
by k_nikoniko | 2011-03-19 14:27 | 原発・核