フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ロンドン&パリから独身女性の雄叫び

2006年にイギリスとフランスでそれぞれ刊行された、独身女性の「彼氏できな~い」系の本を、やっと最近読み終えました。
笑えた。共感できるところもあったし、考えさせられた部分もあったし…。
女性の独身化は日本に限ったことではなく。イギリスでもフランスでも社会問題となっています。
この2冊は、いずれも30前後の自律した仕事もバリバリやっている女性たちが主人公。

イギリスのは、タイトルが強烈。I'm celibate...Get me out of here!
「私は独身…ここから出して~!」って、切実すぎる、直接的すぎる。わかるけど、その気持ち…。
副題に「インターネット・デートの思い出」とあるように、著者がネットの出会いサイトに登録し、そこで出会ったさまざまな男たちとのデート(といえないものもあるけど)について書いたフィクションっぽいノンフィクション。
最初はバカにしていた出会いサイトなのに、どんどんハマっていく様子がおかしい。
しかも、そこに現れる男たちがみな”変”。
ただ、これを読んで考えたのは、こうした出会いサイトでのやりとりは、会話の駆け引き(恋であろうとなかろうと)が成立する社会だから”笑える”のであって、日本では怖くてできない、ということ。
彼女はメール交換した何人かの男性と直接会っているが、危険な雰囲気はなく、引き際も鮮やかだ。
日本ではこうあっさりとはいかないだろうなぁ、と思ってしまう。
冒頭に出てくる文章で、私はこの本を買ってしまったのだけど、今はちょっとそのときと違う考えを持っている。

Women are like apples on tress.
The best ones are at the top of the tree.
Men don't want to reach for the good ones, because they're afraid of falling and getting hurt.
Instead, they get rotten ones from the ground.
They're not the best, but they're easy.
The apples at the top think they're no good,
when in reality, they're amazing.
They just have to wait for the right man.
The one brave enough to climb to the top of the tree.

木の一番高いところに実ったリンゴが、ベストかどうかは、わからない。
ほどほどの高さのところのリンゴは、やや傷ついていても、味があっておいしいかも。
男性が手ごろな高さのリンゴを手にするのも、わからなくもない。
女性も同じで、自分の届く範囲のリンゴで満足できるし…。
危険を冒してまで欲しいとは思わなくなったのは、そんな情熱を失ったともいえるのかな。


フランスの本のタイトルは、Amazones ou Princesses? (アマゾネスかお姫様か)
副題がすごい。
「セクシーで頭がよくて愉快で自由活発な女は、なぜ男を怖がらせるのか」
なぜでしょう?
著者はジャーナリストで、独身女性たち、精神科医、精神分析医、社会学者らへの取材や資料を分析し、エッセイ小説風に仕上げてある。
5人の女性たち(いずれも仕事で成功している)、団塊世代の母、精神カウンセラーらとの会話が、そのまんまパリの日常生活っぽい。
流行のショップやスポットの紹介が巻末についているので、30歳前後の元気な女性たちがどんなところを行き来し、どんな生活をしているのかが垣間見れて楽しい。

妙に共感できたのが、「ワガママで最低な男になぜ惹かれるか」という部分。
この問いに対し、精神カウンセラーの回答。
「やさしい男には興味がないでしょ? やさしい男は退屈で、生きている気がしないから。女性が求めているのは、愛するとおなかが痛くなってしまうような人。永遠の少年ピーター・パンか、欲望を掻き立てる悪者の海賊…」
これを聞いた著者の言葉。
「カウンセリングの帰り、”カリブの海賊”のDVDを借りた。ジョニー・デップの顔がクローズアップされた場面で停止し、彼に質問。『どうしてヴァネッサ(・パラディー)はやさしい海賊を手に入れたのだろう。彼と子どもを作り、気取った表情で彼を喜ばせ、南フランスで平穏な生活を送っているんだろう。彼女ができて、どうして私にはできないの?』
どうして? 私も聞きたい…。

イギリスとフランスの独身女性の本音(か?)を読み、日本と比較してみたりする。
同じか、違うか。同じようで違う気がする。うまくいえないけど。
[PR]
by k_nikoniko | 2009-02-26 19:10 | 男と女

1ヶ月前のパレスチナ・キャンドル行進

f0016260_14503230.jpg遅くなりましたが、1月10日(土)に札幌で行われた、ガザ攻撃に対する抗議デモについて。
湿った雪が降りしきるなか、留学生を含む180名(主催者発表)が参加。キャンドルやパレスチナ国旗を手に、大通り公園をスタートし、すすきのを経由してテレビ塔にいたるルートを1時間半ほどかけて静かに行進しました。
この日一緒に歩いた留学生に、パレスチナ問題について聞いてみました。

Fさん(ブラジル)「イスラエル軍の攻撃は非常に悲しむべきこと。国際機関がもっと声を上げるべきだ」

Oさん(ボリビア)「この問題は、パレスチナとイスラエルの人だけではなく、世界中の全ての人が考えるべきものだと思う」

f0016260_14401846.jpgAさん(スーダン)「掲げていた子どもたちの写真を見たでしょう。あれが今のパレスチナの状態だと思う。遠い国からでも、苦しんでいる彼らに向かって、支援の意思を示すことが大切だ」

Tさん(シリア)「ここに集まったのは、あまりにも心が痛いからだ。子どもたちが犠牲になるのをみるのはしのびない。国連が何か手を打つべきだ」

Bさん(スーダン)「日本人がこうして行進をしているのを知ったら、パレスチナの人たちの心の支えになるだろう」
f0016260_14403970.jpgBさん(インド)「特に子どもたちが犠牲になっており、病院でさえ爆撃を受けている。国際的な医療機関は、治療がしたくても、ガザに入ることもできないでいる。こんな事態はすぐにでもとめなければならない」
[PR]
by k_nikoniko | 2009-02-06 14:53 | 戦争

バレンタインデーにパレスチナの学習会

2月14日の午後、パレスチナ人のアフマドさんによる学習会を開催します。

バレンタインデー企画「パレスチナに愛を!」
初心者向けパレスチナ問題の学習会&イスラム礼拝所見学

“愛する人を失う悲しみ”を想像してみてください。
パレスチナの人々は、何年も何年も、その悲しみから逃れられないでいます。
その苦しみは、いつ、どのように始まったのでしょうか?
オスマン帝国の崩壊、第一次世界戦争の勃発、第二次世界大戦、そして21世紀の現在…
紛争の原点から最近の水不足に関する問題まで、複雑といわれるパレスチナについてわかりやすく解説します。
また、札幌のイスラム礼拝所の見学付き。この機会にぜひ、イスラム教に触れてください。
遠いパレスチナに行くのはちょっと無理。
バレンタインデーのこの日、パレスチナの人々に思いを馳せ、“愛”について考えてみましょう!

お話:アフマド・アルマラヒさん(北大研究生) *日本語で行います
日時:2月14日(土) 14時~16時
場所:お話=みんたる(札幌市北区北14西3東向き tel : 011-756-3600)
   見学=イスラム礼拝所(札幌市北区北14西3)
料金:1000円(ドリンク&資料、見学は無料です)
定員:25名(予約していただいたほうが確実かも)

お問い合わせ先:kkayoko@sky.plala.or.jp
[PR]
by k_nikoniko | 2009-02-05 00:18 | 戦争

オバマ大統領について各国の人に聞いてみた

オバマ大統領の演説での疑問を、各国の知人に投げかけてみました。
私のくだらない質問に、数名から回答がありました。

「他の国の人は何を考え、何を議論し、何に関心があるのか」
アンテナを張っていなければ、どんどん国際社会から遠のいていきそうな気がします。
ここにいて「国際化」を語る自分に腹立たしくもなり、焦りもし…。

オバマ大統領への意見は、それぞれ大変興味深かったです。

イラク人(バスラ在住)
オバマ大統領の演説は、全ての米国人の心に響いたと思う。
指摘のあった表現(Muslim world、poor nations)については、私も嫌いだ。我々は、どんな民族、どんな宗教であっても、お互い尊重しあうべきだ。
それに、今日は貧しい国であっても、明日には裕福な国になるかもしれない!!
米国政府を変えるのは人々であり、政策はいつも同じだという印象を我々はつねに持っている。そして、イスラエルをはじめ、親米国に多くの干渉がなされていることは確かだ。オバマ大統領が理解力のあるところを示してくれることを期待する。彼が世界により多くの平和をもたらすことを心から願っている。オバマ大統領はブッシュ前大統領よりフェアであることを望み、彼の行動をみつめていたい。そのうち、もっとはっきりと彼を見定めることができるだろう。
正直、アラブ世界の私たちはそれほど楽観的ではない。でも、希望がなければ、人々は死んでしまうから!!

More
[PR]
by k_nikoniko | 2009-02-04 17:29 | 社会問題