フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
こんな国際恋愛も…という話を..
at 2017-12-08 09:23
福島県大熊町の復興についての..
at 2017-10-24 20:00
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

札幌でパレスチナの人々とともに

連日、各方面からパレスチナ関係のメールが届きますが、今日は札幌の大学に通うヨルダン国籍のパレスチナ人(難民)から、「キャンドル行進」のお知らせが入りました。
さらに、同じ大学の留学生2人からも同じようなメールが届きました。
外国人からデモの連絡がくるのははじめてです。
国際社会におけるパレスチナ問題への関心の高さがうかがえます。
日本は、サブプライムローンなどアメリカの金融危機には自分の国の一大事だとばかりに大騒ぎしていますが、パレスチナに関しては傍観者っぽいですね。
お金がからむことばかりに一生懸命で、”人権”は軽視。
こうした態度は、派遣切りといった非人道的なやり方にも現れています。

許可を得て、彼が送ってきたメッセージの一部を訳しました。

みなさんへ

ガザで起きていることは、私たちが味方したくない政治的な問題だと思っている人もいるかもしれません。2つの政党の争いが存在し、”誤爆”により市民が犠牲になっているといういつもの演出された報道に基づけば、確かに、この議論は真実だといえるでしょう。

現実には、パレスチナには2つの政党間の紛争は存在せず、むしろ、軍隊が市民を攻撃しているのです。さらに、これらの市民は、1年半以上も、水や電気、食糧などの供給を制限された情況で暮らしています。それだけではなく、パレスチナ人の半分以上が、60年も前から難民キャンプで生活し、つまり、数世代にもおよび、生まれたときから難民として暮らす世代もいるのです。彼らはどうやって生活しているのでしょう? 食糧、医療、教育は国連パレスチナ難民救済事業機関から支援を受けています。しかし、この機関もまた、長期的な占領が原因で、食糧供給さえできないと不満をもらしています。
私の両親は1948年にヨルダンへ逃げたのですが、もしガザ行きを選んでいたら、いまごろは難民キャンプで夢も希望もなく過ごす囚われたパレスチナ人のひとりになっていたであろう、と私はときどき考えることがあります。

デモ行進でパレスチナ人を助けることができるでしょうか? パレスチナで起きていることが政治的な問題よりなにより人権問題であり、イスラエルを撤退を促すには政府への圧力が必要である、ということを人々に気づかせることができれば、デモ行進を行う意味は十分あるでしょう。南アフリカのアパルトヘイトを終わらせたのも、同様な国際的な連帯による圧力でした。パレスチナで起きていることは、アパルトヘイトに苦しんだ人々とほとんど等しいのですが、それにF16戦闘機やアパッチ攻撃ヘリなどで攻撃が加わっているのです。

今回のデモ行進の目的は何でしょう? 流血の惨事を止めるようメッセージを送ること、札幌の多くの人々に世界で起きていることに気づいてもらうこと、それが目的です。

攻撃されている市民たちとともに闘っているという人道的な連帯を示すだけでも、爆撃のまっただなかにいて、これ以上逃げる場所はどこにもないと絶望している人々を勇気づけることになるはずです。次のミサイルが彼らの頭上に落ちないでほしい、それが唯一の願いです。

当日はキャンドルを持ってくるだけです。そして、たくさんの人に伝えてください。
[PR]
by k_nikoniko | 2009-01-09 00:25 | 戦争

ガザからのメール

先ほど、ガザの友人にメールをしたら、6分後に返事がきた。
6分!なのに、ガザは遠く、私がいま想像しえる以上の惨状だと思う。
メールでは手が届きそうな距離なのに、実際に声をかけ、手を差し出せないのが悲しい。

札幌で彼女に会ったイラク人が、イラクのバスラから、ガザの情況と彼女の安否を憂うメールを送ってきた。
そのことを伝えるためにメールしたら、すぐに返事。

give my love to yourself, my friend and everyone,
hope this war will end soon,

空爆と陸上からの攻撃がつづくガザからである。

戦いのなかでも、人はやさしくいられる。
なのに、日本人をはじめ豊かな国の人々はいった何をしているんだろう…。
[PR]
by k_nikoniko | 2009-01-05 23:36 | 戦争

良い年になるよう、がんばりましょう

遠くに住む先輩友人から、届いたメールを引用させていただいた。
「良い年になるよう祈る、のではなく、良い年になるよう、がんばりましょう」
今の世の中、メチャクチャひどい。
その現実を踏まえ、文句ばかり言っていないで、自分でできることをしよう、と思う。
「できる」最小限のことではなく、「できる」最大限のことを。
私だけの力ではムリなので、「がんばろう!」という人がひとりでも増えるよう、書いて伝えていきます。
みなさん、今年もどうぞよろしくお願いします。

年末から風邪を引き、おまけにアレルギーを併発し、健康の大切さをつくづくかみしめているところです。
昨年はアクの強い言動が多かったからか、毒素が一挙に噴出した感じ。
今年はもっとマイルドに、人にやさしく過ごしたい。
そして、やっぱり体が資本。
やりたいことがいっぱいあっても、調子が出ないのは辛いです。

それでも、体調が悪ければ、ゴロゴロしていられるのは、贅沢なことです。
年末からパレスチナ空爆がつづいていますが、ガザにいる友人がどんな心境で日々を送っているかを考えると、胸が苦しくなります。
こんなときに「Happy New Year」もないとは思ったのですが、メールを送ったら、すぐに返事がきました。
「空爆がつづき、ガザの情況は最悪だけど、私は大丈夫。あなたも元気でしょ?」と。
もうひとり、ヨルダン川西岸に住む知人からは、「パレスチナ人のこの苦難が終わり、新しい時代が訪れるでしょう」といったメールも届きました。

ガザに住む友人へのメールに、「ここにいて何もできずに申し訳ない。あなたの無事を祈る」と書いたけれど、本当に何もできないのだろうか?
せめて、このブログで、パレスチナの人たちの苦痛を伝えようと思います。
ちょっと横着しますが、過去にいくつか書いているものを紹介します。
古い記事で申し訳ないのですが、、、体調が戻ったら、あらためて書きます。

子どもたちに笑顔を パレスチナでの取り組み1
子どもたちに笑顔を パレスチナでの取り組み2
子どもたちに笑顔を パレスチナでの取り組み3
パレスチナの女性
再びパレスチナのこと
ガザは巨大な刑務所、という話

日刊ベリタ
占領だけでなく社会規範とも闘うパレスチナ女性たち(有料)
日本もパレスチナ問題の解決に国際的責任を(無料)
[PR]
by k_nikoniko | 2009-01-04 00:24 | ひとりごと