フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
南スーダンPKO派遣差し止め..
at 2017-03-03 11:39
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-02-24 11:36
約126万人が義務教育未終了
at 2017-02-16 13:11
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


<   2008年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

女に生まれてはみたけれど

このところ書くことから離れていたので、投稿するのがおっくうになってしまっていた。
このままではマズいので、今日はがんばって書いてみます。
とりあえず、やわらかい話題から。

10月の記事で、「『性差研究入門』の講義を聴講」について触れたが、もうひとつ参加していた「男に生まれる」という講座が12月で終了した。
「男とは何ぞや?」がわかるかと思いきや、結局、さらに混乱してしまった。

「女らしい」「男らしい」というのがあるとしたら、私は「男らしい」ほうだと思う。
子供の頃の遊びでいえば、カブトムシ採りが好きだったし、トカゲの卵を育てたり、ドライバーで機械を分解するのも楽しかった。
その一方で、リカちゃん人形も持っていたし、おママゴトもしたし、女であることに違和感を抱いたことはない。

エラそうなことを書いている割には、昔ながらの「男らしさ女らしさの神話」に縛られているところも大いにある。
最近、自分が伝統的な「男と女」に縛られていることを自覚して愕然とした。
ある人に、「あなたは男っぽいから、女っぽい男性とのほうがうまくいく」と言われ、「え~!」と大げさなまでに拒絶反応を示してしまったのだ。

「え~!」と大声を出してしまった理由はふたつ。
1)「男っぽい」と指摘されてがっかり
2)「女性っぽい」男性が恋愛対象なんてイヤだ~

でも、少し冷静に考えてみれば、その人の言うとおりのような気もしてきた。
1)「男っぽい」というのは褒め言葉、ともとれる。さっぱりしているってこと?
2)確かに、マッチョな男性より、女性的な男性のほうが合うのかもしれない
そして、この「え~!」という態度が過去の失敗の元であった、と実感した。悲しいかな。

どうして瞬間的に否定したかというと、まさに「異性愛規範」の呪縛ともいえる。
恋愛関係において、男女の役割分担がほぼ決まっている。
社会的地位のある女性であっても、異性愛ともなると、ステレオタイプの役におさまるというか。
それからはずれると、それは「異性愛」じゃないような錯覚におちいるというか。

「男らしい」私が、「女らしい」男性を好きになった場合、最初はうまくいくのだけど、そのうち、「なんで女の私より彼が女々しいんだ?」と疑問に感じはじめる。
そして、「彼のほうが男らしくあるべき」などと機嫌が悪くなり、口論が増え、「さようなら~」と離別。

典型的な男女の役割に固執してしまっているからだ。
「男らしい」私が、「女らしい」男性を好きになったのだから、「私より彼が女々しくてもいいや。そういう恋愛関係もありうる」と開き直ることができたら、悩む必要もないのだ。
このようにポジティブに考えることができていたら、私の人生、もう少し違っていたかも。

幸せを逃しちゃったかな。やや遅すぎる気づき、ではありますが。
[PR]
by k_nikoniko | 2008-12-23 01:28 | ジェンダー

無買日の一日

先週の土曜日(11月29日)、札幌で無買日イベントを行いました。
参加者は7名と多くはありませんでしたが、札幌駅から大通り、狸小路、そしてショッピングセンター内と、みんなで「何も買わない」ショッピングツアーを楽しみました。

[PR]
by k_nikoniko | 2008-12-07 12:47 | 社会問題