フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
南スーダンPKO派遣差し止め..
at 2017-03-03 11:39
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-02-24 11:36
約126万人が義務教育未終了
at 2017-02-16 13:11
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

こんな形で世界とつながっていく

G8の前後、札幌には、日本国内はもとより、海外からもメディア関係者(ジャーナリスト)がたくさん集まった。
香港の市民メディア・ジャーナリストが入管の際、成田空港で16時間拘束されるという事件も起きた。
札幌滞在中に彼らの取材をしたかったのだが、時間が全然なくてできなかった。
サミットが終わった10日、後片付けのときに一緒の車になり、ひとことふたこと、この件について質問してみたら、「とても不愉快な出来事だった」と言っていた。

その程度の交流しかできなかったけれど、「ありがとう」とお礼のメールの宛先のなかに私も含まれていて、次のようなメッセージが届いた。

入管で拘束された初日から最後の日まで、みなさんが温かくもてなしてくれたことに、心から感謝します。
日本の社会運動および市民メディアを知ることができ、とてもうれしく思います。
一緒に構築したネットワークは、日本、香港、そして世界中の社会を改善する基礎となり、今後もそれはつづくでしょう。
G8は年々、信憑性と正当性を失っています。
でも、市民のネットワークはそうではありません!
世界のあらゆるところで人々がともに活動していることがわかり、とても感動しました。

そのほか、つかの間だったが出会いはいくつもあった。
そこでできたネットワークは、これからも大切にしたい。
[PR]
by k_nikoniko | 2008-07-31 08:26 | 社会問題

G8で何をしたかというと

G8サミットが終わったとたん、恐ろしい数の警官がサーっといなくなった。
今となっては、いったいあれは何だったんだろう、という感じがしないでもない。
それでいいわけはないんだけど。

G8にかかわった、と書いたが、具体的に何をしていたかというと、市民メディア記者として取材をしていた。
市民メディアは、マスコミではなかなか報道されない市民の声を伝えるメディアで、主にインターネットで情報を発信している。
今回は、そうした市民メディアのためのプレスセンター(市民メディアセンター)が札幌に3ヶ所開設され、そこに国内外の市民メディア関係者が集まった。登録数300人だったかな?

私が主に書いていたのは、「日刊ベリタ」というインターネット新聞。
ちなみに、購読料は月1000円(+消費税)です。
G8関連の記事はこちら。よろしければご覧ください。
[PR]
by k_nikoniko | 2008-07-30 08:48 | 社会問題

さて、ターニングポイント

気づいたら、7月ももう終わろうとしている。
北海道で開催されたG8サミットにかかわり、あまりにも慌しい日々だった。
出会いもたくさんあり、会話もたくさんあり、考えることもたくさんあり、イラだったり笑ったりすることもたくさんあった。
私としては、ひとつの達成感を得たというか。
G8をターニングポイントにしようと思っていたので、その意味では、何かが終わり、何かがはじまった気がする。
G8にこだわったのには訳がある。
1)その前年から市民運動に足を踏み入れ、自分の身の置き場がよくわからず、納得できないでいたから
2)8カ国のうち3カ国に住んだことがあり、海外での経験は何だったのか、そして、日本の北海道の札幌に住むとはどういうことなのか、自分に問いかけてみたかったから
3)これを機会に、もう一度方向性を立て直したかったから
それゆえ、昨年秋以来、どんなことがあってもG8にこだわりつづけてみたのだ。
1)も2)も3)も、私なりに答えが出たように思う。具体的な答えは、また今度書くつもり。

ところで、ターニングポイントにふさわしく、このところ人間関係が大きく変わりつつある。
ここ3ヶ月ほどで、本当に多くの人と知り合い、グァンと違う方向に導かれている感じだ。
自然の流れで。たぶん。だから、そっちに身を任せてみようと思う。
出会う人もいれば、せっかく知り合ったのに、去っていく友人たちもいる。
昨日から今日にかけて、札幌を去るふたりに会った。
ひとりはドイツ青年。彼には無理やり大量の翻訳を頼み、たくさん助けてもらった。
ドイツ人はちょっと苦手だったけど、仕事でもないのに期日通りに仕上げてくれた彼に会ったので、考え方を変えることにした。
「いろいろ勉強になりました」と言ってくれてうれしかった。
私のほうこそ、ドイツのさまざまな制度や仕組み、若者の考え方を教えてもらった。
ドイツならいつか行けるかなぁ、とまた会えることを空想したりして。
もうひとりはモロッコからの研究生。東京で就職が決まり、明日旅立つ。
久しぶりにモロッコの話をして、また行きたくなってしまった。
昨日のことのようだけど、以前訪れてからもう10年も経っている。
彼は仕事が決まって生き生きしていた。
札幌で働き口が見つかれば一番良かったのだが、それがかなわず。
北海道の不景気はいつまでつづくのだろう、とため息がでる。
さらに、国際都市・札幌が実現するのは、もう少し先かなぁ、とも思う。
今回のG8を見てても。

さて、ターニングポイントでも、変わらないものもある。
ずっと連絡を取り合っている遠方の友人とか。
半年ぶりにイラクの友人にメールをしたら、すぐに返事が来た。
「バスラは暑い、電気の事情が悪くて大変」とのことだが、彼女は元気に暮らしているらしい。

何となくケジメがついたようで、これからが楽しみになっている。
ブログももう少しマメに書こう。。。
[PR]
by k_nikoniko | 2008-07-29 23:03 | ひとりごと