フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
南スーダンPKO派遣差し止め..
at 2017-03-03 11:39
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-02-24 11:36
約126万人が義務教育未終了
at 2017-02-16 13:11
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

歩いても 歩いても

久しぶりに映画を観た。是枝裕和監督の「歩いても 歩いても」 
主演の阿部寛さんと是枝裕和監督の舞台挨拶つき。
阿部さん、背が高い、顔が小さい、足長い!
映画は心にしみた。老いた両親の家に久しぶりに戻ってきた子どもたち。何気ない会話に笑い、じわりともくる。
うちに似ているようでもあり、というより、40代の自分たちと親の関係は、この映画の登場人物に通じるのではないかと思う。子どもも親もなかなかドライで…。
ついでに、阿部さん演じる失業中の男のふがいなさが、自分と重なり、情けないというかため息というか。

たまたま今日、実家から車で荷物を運び、帰りは父の運転で帰ってもらうつもりだったのに、父が免許証を忘れ、結局運転してまた実家に行き、車を置いて、私はJRで自宅に戻った。
忙しい一日だったので、免許証を忘れたことに腹を立てたが、考えてみれば、親はもう”物忘れする”年になっているのである。
そのことにあらためて気づき、ある種の覚悟みたいなものを感じてしまった。
そしてこの映画を観たので、ズキリと心が痛かった。

映画を観ながら、老後についてちらりと考えたりした。
最近、カレセン(枯れオヤジ)がもてているらしいけれど、そんなイケイケのオヤジがいる一方で、自分の老後の心配を理由に、「相手に迷惑をかけるから」と恋愛を躊躇する人もいるという。
まぁ、女性をふる口実としては上出来かも。いかにも思いやりのある言葉といえなくもない。
でも、誰かを愛したことのある人なら、その話しを聞いて、やるせない気持ちになるだろう。
愛する人の面倒をみることは、決して迷惑ではないから。
たとえば、余命1ヶ月の人を好きになったとして、ともに過ごすことを拒否されて悲しい日々を送るより、短い時間でも一緒の想い出を作ったほうがどんなに幸せか。
あるかないか先の見えないことを心配して、目の前にある幸せ(恋には苦痛もつきものだけど)をつかまない、というのは、私にはちょっと理解できない。
人生一度しかないのに。

映画の最後で、ぽつりというセリフ。
「人生は、いつもちょっとだけ間にあわない」
そんなものなんだけど、ときには間にあうこともある、間にあわせることができる、と私は思ったりする。
[PR]
by k_nikoniko | 2008-05-30 03:32 | 男と女

フランスのノーマルさと闇、そしてG8

インターネット・ラジオのフランス・アンフォを聴いている。
数日前から、フランスではデモやストが続いているようだ。
漁港では漁師が船で港をブロックしてストをしている。
パリでは約17万人が、年金対策に反対するデモ行進を行い、まだ混乱している様子。
G8を前にした札幌・北海道より、フランス市民たちはずっと盛り上がっている。
などと思っていたら、若者のネット心中のニュースが入った。
森の中に駐車していた車の中で、3人の若者が発見されたという。
日本だけじゃないんだ、知らなかった。
日本の問題、地域の問題が世界につながっている。
それをあらためて実感した。
G8まで40日あまり。
私たちの声を世界に届け、世界の問題を共有するためにG8を利用したい。
この機会を無駄にするのは、とてもとてももったいないと思う。
[PR]
by k_nikoniko | 2008-05-24 23:21 | フランス