フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
こんな国際恋愛も…という話を..
at 2017-12-08 09:23
福島県大熊町の復興についての..
at 2017-10-24 20:00
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

室蘭からイラクへ?

f0016260_2326394.jpg日曜日、空母キティフォークとイージス艦が寄港していた室蘭へ行きました。
着いたのが遅かったため、艦内見学はできず、とりあえず見える展望台からながめただけ。
それでも、ずらりと並んだ戦闘機が見えました。
イラクの上空を飛んだかもしれない戦闘機。
これからもイラクの人々を脅かすかもしれない戦闘機です。
戦闘機のグレーの翼は、太陽の光を浴びて、不気味に光っていました。
ピラピラとカラフルな旗が飾られて、青空が広がる穏やかな港に横たわる艦船からは、激しく残酷な戦闘をイメージすることはできません。
これを見る私たち日本人も、戦争とはほど遠い“のんきさ”。
それほど広くはない展望台は人にあふれ、デズニーランドのような“はしゃいだ”雰囲気に包まれていました。
「戦闘機だ! 戦闘機だ!」と口走る男性。
軍艦や戦闘機、軍服姿を見ると、人は異常な興奮を覚えるようです。
男も女も、どこの国の人も。
自分の中にも、そうした感情がまったくないとはいえません。
でも、私は戦争が大嫌いです。
f0016260_23264795.jpg
[PR]
by k_nikoniko | 2007-10-30 23:28 | 戦争

奥さんではなく職業婦人です

面識のない男性に、「奥さん」と呼ばれることが多い。
先日も、ある硬い仕事をしている男性に、何度も「奥さん」と呼ばれた。
おまけに、「無職ですよね」と。
“若くない女性=主婦=無職”というステレオタイプの決めつけは、いったい何なんだ!

「職業はフリーライターです」と答えたら、「フリーター?」といぶかしげに聞かれ、仕事の内容を少し説明しはじめたとたん、「よくわかんないなぁ」と首を傾げられた。
面倒くさくなって、「じゃ、無職でいいです」と言ったら、ホッとしたように、「そうだね、無職にしておきましょう」だって。

こういうことは珍しくない。これまで、何度「奥さん」と呼ばれたことか。

一番驚いたのは、30代後半だったのにもかかわらず、北海道大学の守衛さんに「お嬢ちゃん」と言われたこと。
そのときは、さすがにひっくり返りそうになった。
女の子を“お嬢ちゃん”と呼ぶ人が昔いたことを思い出し、そんな呼び名をまだ使う人が21世紀にいることを知って、クラクラした。

札幌は、女性の地位が低い、と思ってしまうことがある。
特に、働く女(この表現は大嫌いだが)に対する認識が低すぎる。
そして、女性の意識も決して高いとはいえない。この言い方は少し乱暴かもしれないが。

札幌にも働く女性はたくさんいるし、意識の高い女性もいることはいる。
アクティブに活動している女性たちは、たくましくて頼もしい。
でも、その職業はかなり限られていて、教師、自営業、市民活動やボランティアに励む主婦といったところだ。
それ以外の職種、たとえば、企業で働く女性たちは、東京の意欲的なタイプとは違うように感じる。

そう推測できる証拠というか、「ビッグイシュー(路上生活者支援雑誌)の購買者が、東京などはOLが最も多いが、札幌はOLに全くというほど受け入れられていない」という事実がある。

がんばっても認めてもらえない風土なのか、がんばろうという女性が多くないのか。
テキパキ働くタイプは、ここでは受けが良くない気がする。
女性の意識の低さに比例して、男性の意識も下がる。

男女の格差というのは地域によって異なる、とつくづく実感してしまう。
全国共通の目標を立てるとき、どこを基準にするのだろうか。
男女格差を縮めるためには、男女の意識に関する地域格差も是正する必要があると思う。

「スウェーデンに学ぼう」というのは、札幌ではハードルが高すぎる気がしないでもない。
人の意識を変えるのは地道な努力が必要で、実現不可能な理想を夢見るより、もっと身近な問題から解決していったほうがいい。
当面の目標は、それなりの年齢の女性を誰でも「奥さん」と呼んでしまう男性(そして女性も)を減らすこと。
“世の中にはいろいろな仕事があり、女性の生き方はひとつではなく、きちんと専門分野で働いている女性がいる”ということをわかってほしい。

働く女性の自覚とやる気が高まったら、男女どちらも意識が変わり、もっと暮らしやすくなるはずだ。
[PR]
by k_nikoniko | 2007-10-29 02:36 | ジェンダー