フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
南スーダンPKO派遣差し止め..
at 2017-03-03 11:39
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-02-24 11:36
約126万人が義務教育未終了
at 2017-02-16 13:11
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


<   2006年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

日ハム勝ったのは意外、です

最も驚いているのは、地元の人間ではないかと思います。
ありえない、信じられない、というのが正直な感想。
でも、うれしー。
バブリーな名古屋と超不景気な北海道の戦いは、勝ち組と負け組の対戦のようでもあり。
スター選手のいない(新庄は別)地味なチームだって勝てるのだよ。
と、日本のみなさんにも元気を与えたとしたら、もっとうれしいのですが。
これを景気に、本当に北海道が活気づいてくれることを望みます。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-10-26 21:35 | ひとりごと

高学歴女性はネットで恋人探し

フランスの雑誌に掲載された記事の中に、次のような一文がありました。

20年前の米誌「ニューズウイーク」で、次のように報じたそうです。
人口統計によると、大卒の30歳の女性で結婚できるのは20%だろう。35歳は5%に落ちる。40歳にいたっては、テロの被害者になる可能性のほうが高い。
しかし、20年後、この雑誌は訂正記事を掲載した。1986年の予測は間違っていたという。
今日、ベビーブーマーの90%は結婚している。オンラインデートで出会い、結婚にいたるケースが多くなったからだ。
高学歴で社会進出している女性は、新しい習慣とテクノロジーの革命により、独身者という呪いを払いのけた。

日本でも、高学歴の女性はネットで男性を探すのでしょうか?
それとも、これからそうなるのでしょうか?
なぜフランスの雑誌に載ったかというと、かの地でもインターネットでの出会いが流行っているからです。
道端でナンパする人はいなくなるのかもしれません。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-10-25 00:01 | ジェンダー

中越地震を忘れないために

地震の起きた2年前、驚いて同級生に電話をしたのを思い出しました。
こんなに寒い日ではなかったような記憶があるのですが、寒かったのかなぁ。
地震後もわりとすぐに電話がつながり、「また揺れた」などと実況を聞いたのですが、非常に悲惨な状況だったようです。
印象的だったのは、「近所の墓地の墓石が、パタンパタンと倒れる音が不気味だった」という話。
おととい、震源地近くに住む別の友人と電話で話したのですが、彼女の声が明るかったので、お見舞いの言葉を言い忘れてしまいました。
力強く生きている人たちには、本当に頭が下がります。

もう一度、昨年5月に訪れたときの記事をここで紹介します。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-10-24 00:37 | ひとりごと

「美しい国」自慢は恥ずかしい

自分から「美しい」と主張するなど、恥ずかしくてできません。
「美しい国」と自ら住む国を称えるのははばかれます。
「美しい」の基準はいろいろあり、他者が決めることでもあります。
自虐的になっているわけではなく、心に秘めていればいいことでしょう。
日本は素晴らしい国だと思いますが、あえて強調するといやらしい。
「私って美人でしょ?」と美人に自慢されると、しらけてしまうのと同じです。
そう言う美人は、見た目が美しくても、中身がなくて性格が悪い場合が多い。
「美しい国」に住む国民が、政治家の力で自分の意思表示を抑制され、ときには他の国と戦争をしてもよいと教えられたとしたら、まさに中身は醜く表面だけ美しい国になってしまいます。
かなり多くの外国人が日本の美しさや素晴らしさをすでに認めているのに、間違った解釈で「美しい国」を目指そうとするのは滑稽を越えて危険です。
醜い面も直視して反省と改善を重ねてこそ、本当の美しさを手に入れることができるのだと思っています。
偽物の美しさほど、恐ろしいものはありません。

今週、教基法改悪法と共謀罪が強行採決されそうです。
国民やメディアの関心を北朝鮮問題に釘付けにしておき、その隙に、「愛国心教育」を盛り込んだ教育基本法案の強行採決をもくろんでいることが明らかになったという情報が流れました。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-10-23 11:38 | 社会問題

権利と民主主義について考えてみた

Cazorlaさんの「権利」を読んで、再び「権利」について書いてみました。

子どもが病院で縛られる話は知らなかったので驚きました。
日本も国連の「子どもの権利条約」に批准しているので、これは違反行為に当たるはずですが、「子どもの権利条約」を知っている人が数%しかいない日本では、そんなことを訴えるほうがおかしな人と非難されるのかもしれません。
病院では医師が絶対的な存在で、私などはときどき医者に質問したりしてしまうのですが、少し前までは嫌そうな顔をされたものでした。今は少し改善されましたが。

「権利」について、この国で勉強すればするほど、わからなくなってしまいます。
権利を守るのは国。まさにそう思います。
でも、日本に生まれ育つと、「権利」が実感できないですね。
国際基準や外国の事例をだして説明しようとしても、多くの日本人は関心を示しません。
前にも書きましたが、日本的な権利は、他の国とはかなりの温度差があります。
それに気づいていないし、知ろうともしない…と言ったら言葉が過ぎるかもしれませんが、とにかく、日本だけをみて、とても保守的な思考で権利を定義しようとし、結局は答えが出ないまま堂々巡りしている…と見えてしまうときがあります。

今日本では、いじめによる自殺が問題になっています。
その対策として登場するのは、「いじめ自殺の数をごまかすな」「いじめを見逃さないシステムを作ろう」「子どもの声を拾うSOS電話を開設しよう」といったものです。
これが根本的な解決策でしょうか?
もちろん、これらの対策もないよりあったほうがいいのは明らかです。
でも、これらは、いじめを前提にした対策でしかありません。
いじめをなくすための解決策ではないと思うのです。
子どもが本当に求めているのは、権利を守ってもらうこと。
意思表示ができる環境を作ってもらい、人と面と向かって話すこと。
そして、ぎゅっと抱きしめられること。
そのために大人が何かをすべきなのですが、それについては誰も答えを出そうとしません。

“意思表示ができる環境”とは民主主義社会です。
日本は民主主義社会ですが、言動が抑制されがちで、意思表示ができない人間を育ててしまう傾向にあります。
(つけ加えておくと、教育基本法の改悪はそれに拍車をかけるので、絶対反対です)
外国に住んだ経験がある人なら、単語や文法はよく知っているのに言葉が出てこない空しさを味わったことがあるのではないかと思います。
日本で意思表示の方法を学ばなかったことに、愕然とした人も少なくないでしょう。
この国は、大人でさえ、意思表示するにはリスクを伴い、議論も成立しにい社会といえます。
ですから、こうした環境にいる子どもたちに、意思表示の大切さを教えるのも容易ではありません。
大人でさえ本音を語らないのに、「言いたいことは言いないさい」と子どもに強要するのも横暴です。
成熟した民主主義社会を目指すことが、人々の権利を尊重し、子どもの権利を守ることにつながるはずです。
そのために、大人がもっと視野を広め、想像力を働かせ、行動する必要があるのではないかと思います。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-10-22 19:10 | 社会問題

子どもの権利について再び

札幌市で制定されるはずの「子どもの権利条例」にかかわりはじめて約2ヶ月。
子どもの権利に反対する人が多いことに驚きながらも、自分が考えている「権利」と、ここで議論されている「権利」は違うような気もしてきました。
反対者は、「子どもに権利を与えるとわがままになる」といった論調です。
わがままな言動は、権利うんぬんではなく、モラルのあるなしの問題だと思うのですが、モラルなどどこにあるのかわからなくなってしまった日本では、すべてを権利で説明しようとしているふしがあるように感じます。
日常生活の行動の良し悪しをきちんと議論しないまま、「子どもの権利」を持ち出すので、反論したくなる人が出てくるのでしょう。
「子どもの権利」は時期尚早という声もあり、悔しいのですが、それもうなずけます。

たとえば、「やや年配の中年女性が、4歳ぐらいの子どもに席を譲る」のは美談かどうか。
母親は女性にお礼を言って、当然のように子どもを座らせ、自分は横に立っています。
親切な女性と子ども思いの母親。心がなごむでしょうか?
私があまり好ましくないと思うほうです。
知っている範囲の外国、たとえばフランスでは、決してこうしたことは起きません。
まず中年女性は席を譲らないだろうし(いじわるというわけではなく、それが常識)、親切な男性が席を譲ることはあっても、母親は自分が座って膝の上に子どもを乗せるのが普通です。
子どもがひとりで偉そうに公共の乗り物の座席に座っている姿はあまり見かけません。
どうしてかというと、産んで育てている母親のほうが優先されるからだと思います。
こうした大人の行動を見て育つからか、10代の少年少女たちも、我先にと席を取ったりしません。どんなにガラの悪い子でもお年寄りには席を譲るし、そうしなければ、周囲の厳しい視線を浴び、しまいには注意されることになります。
こうした面でフランスの子どもは我慢を強いられるのですが、発言権は日本の子よりあります。大統領選挙のときなどは小学生にも意見を聞いてみたりするし、高校生がデモ行進やストをするのも普通です。

常識を知らない大人や子どもが多くい社会で、「権利」を根づかせようとするのは、とても難しいです。
日本社会では、大人である自分自身もはっきりと権利を実感できないので、なおさら言葉で表現するのがやっかいです。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-10-19 01:13 | 社会問題

学校内のいじめ報告

教育委員会に報告したとかしないとか、数字がどうのこうのというより、学校内で「いじめ」があること事態が問題なのではないかと思います。
正確な数字を報告したとしても、「いじめ」があることに変わりないし、傷ついている子どもがいるということなのに。
先週、国連は初めて「子どもに対する暴力 調査報告書」を発表しました。
ほとんどニュースになりませんでしたが、国際的にも子どもの虐待やいじめは問題になっています。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-10-17 21:31 | 社会問題

また学校のいじめが原因で…

滝川での事件で心を痛めていたのに、またしても中学2年生が自殺してしまいました。
担任の先生が加担したというのですから、開いた口がふさがりません。
しかも、校長や教頭の謝罪が不誠実。
いつも思うのですが、謝罪するときに、なぜメモを読むのでしょうか?
心から反省しているのなら、自分の言葉で何とでも言えるはず。

ところで、おかしな教師を見たことがあります。
バスで、「セクハラだろ~」と言いながら、小学生の女の子の後ろから乗車してきた中年の男性教師。
その前に何の話をしていたかはわかりませんが、子どもに向かって、公衆の面前で「セクハラ」は不適切では?
それだけではありません。
同じ学校の低学年の子どもが下車するとき、その子の定期券が切れていたらしく、運転手が子どもに説明しはじめました。
子どもはよくわからないらしく、ポケッとしていました。
運転手は困りはてた末、子どもの連絡先を聞いて、降ろしました。
あの教師は知らん顔です。
次のバス停で、その男性教師が降りたのですが、運転手が「あの子はそちらの学校ですよね?」と聞いても、「はあ」と生返事をしただけで、関係ないといった風に逃げ去ってしまったのです。

それを見たら、今の学校にひどく失望し、子どもがかわいそうだと思ってしまいました。
こういう先生は、自分のクラスの子どもがいじめられていても、放っておくのではないでしょうか。

「おまえが一番憎い」と泣き叫んでいた自殺した子の父親を見て、あの教師を思い出し、また腹が立ってきました。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-10-16 22:27 | 社会問題

勝っちゃいましたファイターズ

怖いぐらいの応援でした、今夜の試合。
優勝の瞬間は何がなんだかわからないぐらい、飛び跳ねてしまいました。
地元チームの勝利はやはりうれしい。
札幌ドームだけでなく、札幌はあちこちで(北海道中?)大騒ぎになっています。
夜中の地方局5局とNHKはすべて日ハム番組で、完全なるテレビジャック。
選手が入れ替わり立ち代り登場し、話す内容がほとんど同じです。
(そもそも地方局が5つもあること自体すごいかも)
しばらく興奮はおさまらないでしょう。

個人的には、フランス代表、駒苫、日ハムと、このところひいきのチームが勝っているので、とても良い気分です。あとはコンサドーレのJ1昇格…がんばっておくれ。
スポーツの応援には国境がないのですが、特に、フランス代表のサポーターの騒ぎ方と、日ハムのファンの盛り上がりを見ていて、似ている感じがしました。かなりこじつけともいえますが。
フランスも北海道も景気が悪く閉塞気味、だからスポーツでうっぷんを晴らす、とか。
外からのイメージがいいところも。実は内情は混沌としていたりするのですが。
熱しやすくて冷めやすいのも共通点かも。経済には弱いけれど、文化的という面も。
フランスのサポーターを見るたびに、「このエネルギーを経済の活性化などに利用したら?」と思ったものですが、今夜日ハムの応援席で同じような気持ちになりました。
ヒルマン監督も「北海道のファンは世界一」と言っていたし、ここはひとつ、日ハムのためだけでなく、地元の元気回復のためにもエネルギーを使いましょう。

ところで、試合開始前に国歌斉唱があったのですが、これは何?
これまで何度か野球の試合を観戦しましたが、国歌が流れた覚えはありません。
いつからこうなったのでしょう?
[PR]
by k_nikoniko | 2006-10-13 01:32 | ひとりごと

薬指が長ければスポーツ万能

BBCワールドラジオで、面白い話をしていました。
薬指が人差し指より長い人は、スポーツ選手に向いているそうです。
科学的な研究結果とのこと。
日本でも紹介されたのかもしれません。ここ数日新聞をまともに読んでいないのでチェックしていませんが。
ラジオでは、女性のアスリート(誰だか聞き取れませんでした)にインタビューしていて、彼女はやはり薬指のほうが人差し指より長いと言っていました。
「私がその事実を証明しています」と。
女性司会者は、スタジオにいる女性キャスターに、「あなたは?」と聞き、「私は人差し指のほうが長いけど、運動オンチだから、事実を証明しているわね」と爆笑。
本当かなぁ?
私は薬指と人差し指がほぼ同じ長さです。その場合、どうなんだろう?
[PR]
by k_nikoniko | 2006-10-03 22:49 | ひとりごと