フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
南スーダンPKO派遣差し止め..
at 2017-03-03 11:39
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-02-24 11:36
約126万人が義務教育未終了
at 2017-02-16 13:11
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


<   2006年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ストーカーを作らない社会

昨日、ストーカー行為に対する捜査怠慢に関するニュースを見て感じたのですが、ストーカー殺人を事前に防ぐ方法として、警察に頼るより、ストーカーにさせない教育や社会環境についてもっと議論すべきだと思います。
ストーカー殺人もまた、親殺し同様、日本特有の現象のようです。
フランスではストーカー殺人が少ない気がします。
イタリアに住む知り合いも、「イタリアではあまり聞かない」と言っていました。
イギリス在住の知り合いは、「イギリスにはけっこうストーカーらしき人がいる」との意見。
感情表現が激しいフランスやイタリアはストーカーが少なく、イギリス人のようにポーカーフェースを装わなくてはならない場合、ストーカーに走ってしまうのかもしれません。
日本はイギリス型に近いともいえます。

「イタリアは全員ストーカーのようなものだから、女性も応対の仕方を心得ている」と言う人もいました。
「日本女性は思わせぶりな態度で、イエス・ノーをはっきり言わないのも、ストーカーを助長させる要因では?」と思うこともあります。
決してストーカーの被害に遭った方を非難しているわけではありません。
でも、「少々気の弱い男性が、女性に優しく微笑まれて誤解してしまい、突然冷たくされてキレる」というのは、わからなくもないのです。

英語やフランス語には、“上手な断り方”という定例句があり、嫌だからといっていきなり“ノー”と突っぱねる言い方はあまりしません。
拒否表現は子供でも学校で教うようです。少なくとも、大人の語学学校では必ず学びます。
日本はますます会話ベタになっているし、人を傷つけない断り方など教えてもらう機会もない。
とにかく、ノーと上手に拒否するのが苦手な人も多いと思います。
現代社会のギクシャクした人間関係が、ストーカーに走らせているともいえます。
ストーカーを庇護するわけではないのですが、ストーカーになりたくてなったのではないのではないでしょうか。
すべての人がストーカーになるわけではないので、育った環境、家族や学校にも問題が潜んでいるはずです。
今、1990年にイギリスで発行されたデトックスの本を読んでいるのですが、それによると、汚染された空気や食品は人間の精神や肉体に影響を与えるそうで、そうした要因も全くないとはいえないような気がしていきました。
ストーカー犯罪を阻止することも重要ですが、それよりなにより、ストーカーを作らない社会の実現について考えてみる必要がありそうです。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-08-31 20:08 | 男と女

両親の離婚と子供の殺意

離婚した親を憎み、犯罪に走る子供の事件が続いています。
前にも書きましたが、イギリスもフランスも離婚が多いにもかかわらず、私が知っている限りでは、親殺しといった事件に遭遇したことはありません。
6月、ロンドン在住の友人と昼食をしているとき、「日本では離婚したら母親が子供を引き取るのが普通で、父親は子供に会う機会が少ない」という話になりました。友人は、「それはおかしいよね。だからあんな放火事件が起きちゃうのよ。イギリスでも相当恐ろしい殺人事件があるけど、親殺しなんてないわ」と一言。
あれからも似たような犯行が続いています。
この現象は日本独特で、イギリスやフランスとの違いを考えると、やはり離婚のあり方にあるように思います。
子供のために愛情もなく同居することは賛成しませんが、“子供の権利”を無視した別れ方は問題です。
子供の想像力不足を嘆いていますが、大人のほうこそ自分のことにいっぱいいっぱいで、子供の将来について想像を働かせる余裕がないのではないでしょうか。

ずいぶん以前から、フランスのメディアでは、離婚と子供に関するテーマでひっきりなしに議論が繰り返されていました。
そのうちのひとつに、「離婚した父親が子供と会う権利」があります。
フランスでは、離婚して母親が子供を引き取った場合でも、最低でも週に一度は父親と過ごすことが義務づけられています。
にもかかわらず、争って離婚したり別れた父親は、子供と会う機会を失うケースが多いそうです。
そこで、子供に会うことができない父親たちは団結し、権利を主張しはじめました。
10年ほど前の女性誌に、次のようなレポートが掲載されています。

母親と暮らす子供のうち、父親に会う機会が一ヶ月に一度より少ないのは42%で、全く会っていない子供もいる。
ある調査によると、離婚や別離後に母親と暮らす子供は全体の85%で、父親と子供の関係の断絶をするのは、元夫を嫌悪する母親である場合が多い。
父親が再婚などで新しい家族を形成すると、子供との絆が弱くなる。ひとり暮らしの父親の場合、62%の子供は父親と月数回会っているが、再婚した父親に月数回会う子供は30%に減少する。父親が関係を断つのか、母親が父親に近づかないようにさせるのかはわからないが、父親と子供の関係の弱さが、現代社会で最も重要な問題になっていることは確かである。
母親が子供を連れて実家に戻ってしまって父親と会うチャンスがなくなる場合など、どうするかが問われている。
いずれにしても、子供に会うために戦っている父親は15%しかいない。というのも、裁判で勝訴する可能性が低いからだ。
ある社会学者の調査によると、父親が親権を得る可能性は、0.5~30%と裁判官の偏見によって幅がある。離婚裁判には女性優位の性差別がある。養育費を支払わない父親の99%が有罪とされ、そのうち24%は刑務所送りとなる。一方、父親に子供を会わせようとしない母親は、11%だけが有罪とされ、刑務所に入るのは0.7%のみである。
父親に子供を会わせようとしない軽犯罪は、過去15年で10倍に増えており、父親と子供の関係を壊している。
養育費を支払わない父親のうち30%は、支払い能力がない人だが、母親はそれを理由に子供を会わせようとしない。
これに対し、昔のフェミニズム運動のように、父親たちは直接行動に出はじめた。その結果、政府も動き、子供に会う権利は保護される傾向にある。父親に子供を会わせようとしない母親には罰金を課せられるなど、制裁を下されることになった。


[PR]
by k_nikoniko | 2006-08-30 16:26 | 男と女

高校野球フィーバーのわけは…

数年前に、「フランスでダンスが流行っている」という記事を書いたことがあります。
サルサやタンゴ、アフリカンといったダンススクールは大盛況で、ダンスホールもいたるところにありました。
ダンスが人気の理由として、次のようなメモ(出所は忘れましたが、雑誌か新聞の記事からの引用)が残っていました。
「体育教育のひとつとしてダンスが注目され、学校や公共の体育館でダンスが盛んに行われている。言葉が独り歩きする現代社会だからこそ、会話をできる限り抑えて身体で人生や夢を表現するダンスの価値が高まっている。伝統的な劇場だけでなく、日常生活というごく近い場において、さりげない形でダンスが受け入れられるようになった」
“言葉ではなく、身体で人生や夢を表現する”のはスポーツも同じ。
高校野球の決勝戦に国民が夢中になったのも、まさに身体で気持ちをぶつけあっていたからかもしれませんね。
高校生のプレイは、ものすごい説得力がありました。ウソっぽいところがなかったから。
大人は薄っぺらな言葉ばかり使っているので、あのプレイに圧倒されたようにも感じます。
ただ、田中くんひいきの身としては、斉藤くんブームはちょっと辟易です。相手は高校生で、大人が騒いでかわいそう。
もうひとつ、規定が厳しい高校野球において、酸素カプセルはOKなのかな、とも思います。
いずれにしても、決勝戦の2校は私立高校なので、こんなところにも格差が見え隠れしていて、考えさせられます。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-08-28 01:22 | ひとりごと

フランス人はバスケットにも熱狂

少し前にネットでフランスのラジオを聴いていたら、「フランス代表が日本へ行く」と言ったので、サッカーかと思ったら、バスケットでした。
昨日のラジオでも、指を骨折した選手のことや、日本での初戦について語っていました。
その扱いは、サッカーのW杯並です。
そういえば、1992年にパリでバスケットボールの試合を観戦していたことを思い出しました。まだフランスに住んでいたわけではないので、事情もわからず、知り合いに連れて行ってもらったのですが、その人気ぶりに驚いたものです。サッカーを観るより前に、フランスがスポーツに熱くなる姿を見ていたことを忘れていました。
当時のメモが残っているので、紹介します。

日本のバスケがどんなものか知らないけれど、フランスのバスケの試合はなかなかすごい。これはまさに日本のプロ野球のり。テレビカメラも3台入り、プロ野球的。というか、プロレスという感じもする。司会者のしゃべりが、思いきりプロレスしている。
それにしても、始まるまでに何て時間がかかるのだろう。まず、選手がぼちぼち出てきて、練習し出したのが、19時半。もうすでに観客は興奮気味。旗を振ったり、笛を吹いたり…。20時には試合が始まるかな、と期待していたけど、まだまだ。20時頃から司会者が話しはじめ、20分ほどの間に3回以上、派手なしゃべり。そう聞こえるのは、フランス語のせいだろうか…。
それから、選手をひとりひとり紹介して、やっと試合開始の様子。選手が登場してから、1時間も経ってやっとゲームがスタート。これこそお国柄よね。
会場はほぼ満席に近い状態で、家族連れも多い。小さな子供が20時過ぎて遊んでいても平気みたい。日本のプロ野球でも、けっこう遅くまで外でウロウロしているか…。
チアガールは7人でとても本格的。チアガールの衣装が、なんとなくパリっぽかったりする。インターバルにはチアガールがダンスを披露する。曲がバットマンというのが、けっこう笑える。しかも、時間がくると、途中でひっこんでしまうし…。
試合中はすごい歓声で、観客は容赦なく審判にケチのつけている。
ゴールが決まると、実況で「今のは誰々~!」みたいな雄たけびが入る。ホームランって感じかな。
選手たちは、やはりアイドルのようだ。何だか不思議。日本でバスケットボールにこれほど熱狂したら、ちょっと恐いものがあるかも。
でも、野球よりもフィールドが狭いので、選手の表情がよくわかって面白い。さすがプロ(だと思うけど)だけあり、プレイが鮮やか!
試合が始まる前には観客総立ちで国歌斉唱があり、愛国心を見せつけられた。それにしても、フランス人がこれほど熱くなるのを、私は初めて見た。

この日の試合は、イスラエル対フランス(だと思う)の試合だったらしく、終了後に暴動も起きたようです。帰るときに混雑していて、苦労したのは覚えています。
「赤(イスラエル)の9番は背が低いけれどよく決める。私の好みとしては、青(フランス) 11番のレゲエ風のお兄さん。彼もなかなか得点していてうれしい」と書いてあったけど、それがどの選手なのか、全くわかりません。
プロのバスケットボールの試合を観戦したのは、これが最初で、いまのところ最後です。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-08-20 00:18 | フランス

お墓と結婚と家族と

墓参りに行って感じたのですが、日本古来のお墓のあり方が、今の家族の形にそぐわないような気がしてきました。
日本のお墓は家族単位で、女性の場合、嫁ぎ先の家のお墓に入るのが普通です。
核家族で、配偶者の家族とはそれほど行き来がなくても、“嫁に行った”かぎりは、男性側の家族の墓に入るのですよね。
でも、たとえば、先妻がすでにその墓に入っているとき、一緒になりたくはないだろうな。
離婚が増え、再婚・再々婚も増加しているので、けっこう複雑。
不謹慎な話しですが、どこの墓に入るか、友人と話したことがあります。
意外だったのは、「夫の家族の墓には入りたくないかも」と言う人が何人かいたことです。
お墓は、日本の結婚を象徴しているようでもあります。結局、男性と女性のユニットというより、“夫の家に入る”意識が強いですね。
もちろん、先祖を供養する気持ちは大切で、守り続けていくべきだと思います。
それでいて、現代的なお墓のあり方って、ないものでしょうか。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-08-16 23:59 | 男と女

W杯の次は高校野球に声援

フランスでのW杯の盛り上がりについては、以前ブログに書きましたが、今日は夏の高校野球。
この近所は、11時過ぎになってやっと人が外にでてきました。
それまではひっそりしていて、誰も外を歩いていませんでした。
というのも、朝から駒大苫の試合があったから。
大声で叫ぶ人がいないところはフランスと違いますが、みなテレビ観戦していたようです。
地元チームを応援する気持ちは万国共通なのですね。
勝てばもちろんうれしいし、負けてもいい試合なら、すがすがしい気分になります。
なんとなく、外から聞こえてくる声は明るいです。
スポーツだけではないのですが、日常生活のシンプルな喜びは、人々を元気にしますね。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-08-15 11:34 | ひとりごと

戦時中の少年の寄せ書き

お盆で親戚の家に行ったら、おじの遺品のなかに、「思い出」と記した少年時代の寄せ書きノートがありました。
おじが死んで25年以上経つのに、どういうタイミングか、今日それをはじめて見せてもらいました。
終戦の2~3年前ごろ、少年飛行兵学校を卒業するときに友だちが書いたもののようです。
少年たちの年齢は15歳ぐらいでしょうか。
誰ひとりとして、「また会おう」といった類のことは書いていません。
戦闘機に乗った男の子の横に「さようなら」と添えてある漫画ちっくなイラスト。子供っぽい絵と、死を覚悟した別れの言葉のアンバランスに、胸が痛くなりました。
中学生とは思えないほどの達筆で、次のような一文もありました。
「大君の御旗の下に死してこそ人と生れし甲斐はありけり」
「行く所は一つだ。死して靖国の御社で会おう」
自筆の寄せ書きは、彼らの声が聞こえてきそうなぐらいの生々しさです。
おじから戦争の話しなど聞いたことはありません。
自分の父親世代は、子供たちと戦争について語らない人が多いといえます。
私もまた、子供たち世代に語るには知っていることが少なすぎます。
戦争は遠い国のこと、ではないと、この寄せ書きが教えてくれたようです。

「春雨や 我等のうれしき外出も 降りてすごすは 何ぞくやしき」
遊びたい盛りの少年たちの”くやしさ”は、春雨に対してだけではなかったのではないでしょうか。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-08-14 20:16 | 戦争

イギリスのテロ再び(2006年)

2006年7月6日のフランス・リベラシオン紙で、「リーズの幽霊」と題して、前年のロンドン地下鉄テロの犯人二人の出身地リーズを取材した記事が掲載されました。

リーズのイスラム・コミュニティの人々は記者の質問には多くを語らなかったそうです。
あの事件を“忘れたい”というのが市民の心情です。


記事によると


街はやっと平静さを取り戻していた。犯人たちが通っていた本屋は閉店。
ひとりの犯人の父親は、経営していたフィッシュ&チップス屋は所有者が代わっていた。この父親は4軒の家を賃貸していたのですが、今では借り手がいない。
もうひとりの犯人は教師。彼の生徒だった男性は、「先生は人の面倒をよくみたし、泥棒を捕まえ、とても優しい人だった」と答えた。服装も普通で、テレビの映像でケフィエ(かぶりもの)を身につけた姿を見ても、彼だとわからなかったという。
リーズ市長は、「我々はアイルランド人も、インド洋諸島の人々も、中国人も、パキスタン人も、ポーランド人も、誰でもここに暮らすことを歓迎する。これらの人々は、リーズを豊かにしているのだから」と語っている。「スケープゴートと名指して、このハーモニーを壊すことはしたくない。昨年の出来事と、リーズのイスラム・コミュニティは何の係わり合いもない。犯人たちがゲットーで生活する哀れな移民として紹介するのは、全く間違っている。彼らは裕福な家庭の出身だ」
さまざまな人種が排他的に暮らす他の町と違い、リーズは交流が盛んなほうだ。それでも、学校などでは、白人と有色人種とのケンカがときどき問題になる。
パキスタン系の名前を持つ若者は、「爆弾を持ってないかい?」とからかわれる。彼は犯人のひとりと知り合いだったといい、イラクへのイギリス軍駐留について触れながら、「イラクでイギリス軍が10人殺したというとき、イギリスでは両方の側に対して胸が痛む。犯人たちはたぶん、この国を攻撃するためには、罪のない人々も殺すという覚悟ができていたのだと思う」と語った。
テロ後、リーズでは何度も会合を開き、コミュニティのあり方を議論しあっている。


[PR]
by k_nikoniko | 2006-08-11 15:22 | イギリス

ヨーロッパでは家族が話題

先月1ヶ月間で、イギリスやフランスのメディアで“家族”が何度か特集されました。
「家族とは何か?」「新しい家族」といった、家族の価値を見直す内容がほとんどです。
フランスのある週刊誌でも家族特集をしていて、ローマのL’Espresso紙のフランス語訳が掲載されました。
そのなかに、日本を含む11カ国の出生率が載っていたのですが、日本(1.33人)より出生率が高いのは、フランス(1.88人)、アイルランド(1.97人)、イギリス(1.64人)、アメリカ(2.01人)です。後の6カ国は、ドイツ(1.31人)、スペイン(1.26人)、イタリア(1.26人)、ポーランド(1.24人)、チェコ(1.17人)、ロシア(1.32人)。
フランスで出生率が上がった理由は、フランスに移民してきた人たちが子沢山だから、という意見もあります。出生率のいいイギリスやアメリカも移民が多いので、それが影響しているのかもしれません。アイルランドはカトリックの教えで、中絶や避妊に否定的だからとも考えられます。
日本では、「出生率の低下」で、世の中終わってしまったかのように大騒ぎしていますが、他の先進国と比べて、特別ひどいわけではないのです。
少子化対策について、ヨーロッパ14カ国の3万人に聞いたところ、望んでいることは国によって違ったそうです。
西ヨーロッパでは、「経済的な援助と労働時間の改善を組み合わせた対策」が重要だとみています。
中央および東ヨーロッパでは、「安定した雇用と家庭生活の両立」が求められています。
子供が欲しくないというドイツ人やオランダ人は、「少子化対策の効果が不確かで、信用できない」と答えたそうです。
日本の場合、経済的援助が優先されていますが、格差社会となった今では、安定した雇用により力を入れるべきなのではないでしょうか。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-08-07 10:38 | 男と女

オートロック・マンションの自動ドア

オートロック・マンションで女性が襲われる事件が札幌で多発し、男性が捕まったのですが、日本のオートロックの入口は自動ドアで、閉まるまでに時間がかかるのが気になっていました。
自動ドアはすぐに閉まらないので、その間に余裕で人が入ってくることができます。夜などは、ちょっと恐ろしいと思っていました。
パリのアパートは、時代遅れだからかもしれませんが、コードで鍵が開き、自分の手でドアを開けます。なので、怪しい人が近づいてきたら、大急ぎでドアを閉めることもできます。夜などは、ドアを開けて中に入ってドアを閉める、という行動を忍者のように素早くやっていたものです。
自動ドアは近代化のシンボルなのでしょうが、反対に危険を誘発してしまうこともあるのではないかと思います。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-08-04 23:57 | ひとりごと