フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


カテゴリ:フランス( 77 )

パリの惨劇

11月13日、東京のとあるハラルレストランで、旧知の中東出身の友人と久しぶりに会い、共通のシリア人やイラク人の友人のこと、難民のこと、ISのことを話しながら食事をしました。
その翌日、13日にパリで惨劇が起きたのを知り、とてもショックでした。
幸い、パリに暮らす知り合いとその関係者はみな無事でしたが、送られてきたメールからは、沈痛な思いが伝わってきました。
ここ3日間、パリから来日している友人と一緒だったので、ネットでフランスのニュースを観たり、いろいろ話して、現地の悲しみを共有した気がします。
この件について、何か書きたいのですが、いまはまだ整理がつきません。

1995年7月、パリの地下鉄で爆弾テロが起きたとき、事件現場の徒歩10分圏内に住んでいました。
しばらくはその近くを歩けませんでした。
どこもかしこも警備が厳しく、町中が緊張した雰囲気だったのをいまでも覚えています。

2010年10月、今回爆発があったサンドニのスタジアム近くで、引ったくりに遭いました。
変な話ですが、この出来事は、フランス社会を考えるうえで貴重な経験になっています。

このブログで、いくつか関連するものを書いているので、リンクします。

シェルリーエドブの銃殺と日本の報道(2015年1月8日)
マリ人が語ったフランスのマリ介入(2013年1月26日)
アラブの秋、チュニジアの出発(2011年10月24日)
イラクに「アラブの春」は来るだろうか(2011年8月24日)
アラブ革命のなかでイラクは(2011年8月19日)
フランスのイスラム文化メディア(2010年10月インタビュー)
移民取り巻く状況悪化の中で変わったフランス社会とW杯風景(2006年7月)
暴力ではなく投票を・フランスの試み(2006年1月25日)
フランスの暴動、その後は?(2005年12月26日)



[PR]
by k_nikoniko | 2015-11-22 23:46 | フランス

全仏オープン中はパリ市役所前にテニスコート

6月、テニスの全仏オープンが開催されていた期間、パリ市役所の前にテニスコートが設置されていました(2010年のことです)。

「こんなところでテニスしてる~」と思わず撮影。
わかりずらいかもしれませんが、下の写真はその様子です。
大型画面では全仏オープンの試合が流れ、じっと見つめる人も。
f0016260_14585778.jpg








f0016260_14592054.jpg












この少し前には、シャンゼリゼ大通りが農場に変身するというイベントも行われました。
それについては、ビッグイシュー8月1日号に書いてます。
パリのシャンゼリゼ大通りが突如「農場」に!

路上が舞台、ハコじゃなくて発想が大事

立派なハコを作ることが、文化レベルのアップにつながるわけではありません。
パリのイベントを見て、つくづくそう思います。
新しい建物がなくても、既存の場で遊びを作ることができるのです。

流行は変化するし、社会状況も先が読めません。
巨額を投じて劇場などを作っても、できあがったときに、世の中どうなっているのやら???
であれば、今ある環境を最大限に活用し、現代のトレンドを取り入れた面白い文化イベントにお金を費やしたほうがいいのではないでしょうか。

パリ市役所前のテニスコートやシャンゼリゼ大通りの農場も、すべてが無料というわけではないけれど、見学するだけならタダ。
ぶらぶら眺めて歩くだけでも、なんだか「カルチャー」的な気分にひたれます。

日本は、「文化」にお金がかかりすぎ。
大劇場となると、貧乏人には敷居が高い。
お金がなければ文化的生活を楽しめないなんて、おかしいですよね。


[PR]
by k_nikoniko | 2015-06-03 08:54 | フランス

シャルリーエブドの銃殺と日本の報道

昨日パリで起きたフランスの週刊紙『シャルリーエブド』での銃殺事件はショックでした。
インターネットは便利で、日本にいながら、フランスのラジオやテレビの生中継や、新聞で現地の情報を知ることができました。

日本ではすぐに、このテロをイスラム教と結びつけて報道しましたが、フランスでは、そうした直接的な発言はしていなかったと思います。
フランスのどのメディアをみても、見出しにはそうした言葉は使っていないし、本文にもそうした記述はほとんどありません。
日本のこの断定的な報道は、まるで関東大震災のときに朝鮮人を犯人扱いしたときのように無神経で差別的だと思います。
フランスはもちろん、世界の多くの国で、犯人が確定していない状況で、宗教や民族と結びつけた発言はすべきでないというのが常識になっています。

フランスの左派新聞『リベラシオン』は、この事件に対する国際社会の反応を伝え、イギリスのキャメロン首相やアメリカのオバマ大統領、ドイツのメルケル首相の声とともに、エジプトやアルジェリア、アラブ連盟などイスラム諸国からの「テロ行為に対する非難」と「フランスへの連帯」の意を載せています。
ちなみに、このページに日本の首相は含まれていません。

日本の某テレビ局で、パリから中継した記者は、「CNNによると…」と伝えていました。
フランスにいて、なぜアメリカのテレビから情報を得るのでしょう?
フランスのメディアやフランスの人たちの反応を伝える報道を、日本のメディアに期待するほうが間違っているように感じました。

この銃殺事件でまっさきに動いたのは、当然のことながらフランスのメディアで、「表現の自由」を守るために団結を表明しています。

正直、日本でこうした事件が起きても、「表現の自由」を守るために同業者たちが団結することなど、想像ができず、ものすごく暗い気持ちになりました。

それにしても、とても恐ろしい。どこもかしこも、息苦しい時代。
この事件が2015年を暗示するものではないことを祈ります。


[PR]
by k_nikoniko | 2015-01-08 09:15 | フランス

フランスのデモで21歳の活動家が死亡

フランスで、農業用ダム建設に反対する抗議デモに参加していた21歳の男性が死亡した事件。
保守系新聞フィガロも取り上げている。
フランスで騒ぎになっているよう。
デモがニュースになる社会はまだ少しまっとう。

Barrage de Sivens : Les policiers sont à la recherche du sac à dos de Rémi Fraisse


[PR]
by k_nikoniko | 2014-10-29 23:30 | フランス

フランスでもヘイトスピーチ

フランスでもヘイトスピーチのような事態になっている。
パレスチナ侵攻抗議デモを、シナゴーグの前から追い払おうとするイスラエル支持者たち。
あからさまな差別発言はご法度でも、日頃の鬱憤がこういうときに爆発する。

Des pro-israéliens qui cassent tout devant la synagogue de la rue de la Roquette
https://www.youtube.com/watch?v=geye3CS3e0A


[PR]
by k_nikoniko | 2014-07-24 23:08 | フランス

パリでガザ攻撃に対する抗議デモ

19日にパリのバルべス周辺(言いたくないけど「アラブ人の多いエリア」)で大規模なガザ侵攻抗議デモがあり、警察ざたになったようです。
オランド大統領はイスラエルを支持したため、フランス国内は大騒動になっている模様。

http://www.lemonde.fr/proche-orient/video/2014/07/20/video-les-debordements-apres-la-manifestation-parisienne-en-soutien-a-gaza_4460175_3218.html
[PR]
by k_nikoniko | 2014-07-21 22:41 | フランス

パリで開催の国際武器見本市

昨夜は、東京・恵比寿の日仏会館で「福島原子力災害のあとさき」というイベントがあった。
フランス人なりに、“福島に心を寄せている”のだろうけど、おととい福島の知人から「パリで開催の国際武器見本市」のメールが届いたので、釈然としない気持ち。
原発と核兵器を持ち続けるフランスは、間接的ではあっても、福島の加害者であることを自覚しているのだろうか。
フランスもまた、原子力で人権を侵害しているという、その責任について、どう感じてるのだろう。
何も考えてなさそうで、腹が立つ。


[PR]
by k_nikoniko | 2014-06-14 00:35 | フランス

フランスの高校生が極右政党に反対するデモ

昨日29日、フランスの高校生たちが、極右政党に反対するデモを行ったそうです。
パリでは4000(警察発表)~8000(主催者発表)人が参加。
「2017年の大統領選挙で極右大統領が当選してはたまらない!」と。

http://www.lemonde.fr/societe/article/2014/05/29/marche-contre-le-fn-je-dis-aux-jeunes-mobilisez-vous-en-2017_4428943_3224.html


[PR]
by k_nikoniko | 2014-05-31 23:24 | フランス

フランスで現政権抗議するデモ

気持ちのいい日曜の朝ですが、今、選挙カーが近所を通っていった。
フランスの政治の話。
左翼党や新資本主義新党、市民団体、労働組合の呼びかけで、オランド政権に抗議するデモがパリで行われたそうです。参加者は、警察発表25000人、主催者発表10万人。
右派的経済政策を掲げるヴァル新首相はめちゃくちゃ評判が悪い。

http://www.lemonde.fr/politique/article/2014/04/12/manifestation-anti-austerite-a-paris_4400339_823448.html


[PR]
by k_nikoniko | 2014-04-13 22:03 | フランス

女性初のパリ市長の当選第一声

新しくパリ市長になったアンヌ・イダルゴさんの当選第一声を訳してみました。
イデオロギー抜きで、たとえば、都知事選と比べてみてください。
この国の首相の所信表明より視野が広いです。
「経済成長」なんて言葉は1回も出てこないけど、読んでいて豊かに暮らせそうな気持になります(たとえハッタリでも)。

今夜、パリは勝利しました。共和主義的価値の勝利であり、真実性の勝利であり、理想と効果のための活動に忠実な左派の勝利です。そして、敬意の勝利でもあります。これまでの生き方や感性、方向性がどうであれ、出会い、耳を傾け、意見を聞くパリの人々の敬意。パリという都市、その歴史、その複雑さ、その多様性、その規模に対する敬意です。
大きな感動で、今夜あらためて感じている喜びと責任をみなさんに伝えたいと思います。この大きな喜びは、進行中の2つの公約の仕事に注ぎます。ベルトラン・ドラノエ前市長がパリを、最も公平で、最も美しく、最も輝かしい都市にしようと奉仕して達成した仕事に。
左派と緑の党の存在をパリに残したいという希望を持ち、すべての区で応援してくださった有権者のみなさんに、心からお礼を申し上げます。

もちろん、私に投票しなかった方々への心配りも忘れません。私はパリ市長になます。パリに住むすべての人々の市長です。あらゆる違いを表現できるよう心がけます。なぜなら、この違いこそが、民主主義とパリの偉大さに寄与するからです。

この勝利のために集結された多くの力にお礼を述べます。社会党、ヨーロッパ・エコロジー緑の党、共産党、極左、その他の左派の人々、そして、無党派のすべての人々に。その方たちは、パリを愛し、パリに貢献する仲間と市長が必要だと思い、私たちの闘いに加わることを選んだからです。

この勝利は私だけのものではなく、しっかり連帯した、優秀で才能に満ちた仲間の勝利でもあります。今夜の光栄を仲間のみなさんにお返しします。この仲間は明日からパリの人々のために奉仕するでしょう。

同時に、それぞれの区で見事な選挙運動をした候補者の方々にも心からお礼を申し上げます。
私は、今日性の挑戦を目前にしてのしかかる責任と、我々の頭によぎる自信という危険性を見定めています。パリを公平で連帯した、これらの価値に忠実な都市にするために。そして、性や年齢、出身国、恋愛の志向の違いがパリのアイデンティティーの素因であるという、素晴らしい多様性に満ちた都市にするために。

創造性と改革によって人々がよりよく共存する模範的な都市に、パリをしていきます。空間を改造し、国境を取り払い、世界に情熱的で美しく、公明正大な姿を見せて、パリをエコロジー都市にしましょう。
私はパリで初めての女性の市長です。そして、それにふさわしい挑戦が待ち受けていると自覚しています。
私は、不正を働かず、怒りやイデオロギー、名誉心を持たない都市パリの市長になります。

私は例外なくパリのすべての人々の市長になります。当選されたすべての方にお祝いを申し上げます。与党であろうとも野党であろうとも。明日から我々はともにパリのために働きます。私たちの目標はひとつです。
選挙運動で私が公約したことは守ります。この約束は、共同体の団結の源であり、パリの人々が私に託した信頼と希望の源です。私はそれを責任として見定めます。そして、すべての力をそれに注ぎます。
ありがとう、みなさん。
ビバ・パリ!

ビデオはこちら原文はこちら


[PR]
by k_nikoniko | 2014-04-02 23:11 | フランス