フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
こんな国際恋愛も…という話を..
at 2017-12-08 09:23
福島県大熊町の復興についての..
at 2017-10-24 20:00
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


カテゴリ:掲載記事(2011~)( 85 )

「朝鮮人強制労働者の未払金とGHQ口座」記事掲載のお知らせ

本日(11月15日)発売の『週刊金曜日』に、「GHQ口座に保管されていた北海道の朝鮮人労働者の未払金」について書きました。
記事中にある、室蘭の輪西製鉄所で働いていた朝鮮人労働者の遺骨返還に関する投稿はこちらです。
強制連行韓国人の遺骨が62年ぶりに祖国へ

このブログにアップしてある、戦時中の朝鮮人および中国人強制労働者の記事を集めました。
この関心を持っていただけましたら幸いです。

北海道で実施された朝鮮人強制労働犠牲者遺骨発掘
"歴史を掘る"日韓の若者交流ー浅茅野遺骨発掘調査
強制労働された地で忌まわしい過去を語った韓国人
朝鮮人強制連行犠牲者の遺骨返還へ
日本がアジアで信頼されない理由
歴史を体感した中学生
[PR]
by k_nikoniko | 2013-11-15 08:04 | 掲載記事(2011~)

使用済み燃料処分に関する記事掲載のお知らせ

『ビッグイシュー日本』7月15日号で、原子力市民委員会主催の研究会での講演「再処理と核不拡散」の記事が掲載されました。
エマ・ワトソンの表紙です。
f0016260_16442510.jpg

[PR]
by k_nikoniko | 2013-07-16 16:44 | 掲載記事(2011~)

「強制連行の真実を明らかに」の記事掲載

カトリック真生会館の機関誌『Vital』に、朝鮮人強制連行の記事を書きました。
f0016260_9522443.jpg
全文はこちら

[PR]
by k_nikoniko | 2013-07-09 09:52 | 掲載記事(2011~)

As if nothing happened

On Friday, March 1, 2013, two U.S. Navy sailors convicted of raping
and injuring a woman in Okinawa in October 2012 were sentenced
to nine and 10 years in prison. The crimes resulted in strong
protests, especially in Okinawa, against the frequent crimes and
sexual assaults involving members of the U.S military forces in
Japan.

Even though the Americans in this case expressed remorse, it will
certainly not be easy for the victim, a Japanese woman in her 20s,
to easily erase that nightmare incident from her memory. Indeed,
as numerous so-called wartime "comfort women” (Imperial military
sex slaves) and rape victims of members of the U.S. forces have
testified painfully, the awful experiences they underwent
dominated the rest of their lives.

Here in Japan, unfavorable or shameful aspects of the nation's
history are routinely passed over as if nothing happened.
Incredibly, even the Great Est Japan Earthquake and tsunami of
March 11, 2011, and the subsequent, ongoing catastrophe at the
Fukushima No. 1 nuclear power plant, are already fading from
citizens' minds. Instead, the idea that “We, Japanese, should
unite together” -- epitomized by widespread use word kizuna
(bond) is being promoted on the pretext of overcoming the tragedy.

“As if nothing happened …”; this attitude toward so much in Japan
has been repeated without reflection for so long as if to almost
become a national mantra.
Yet how any people recognize the existence of quite different
histories currently existing in the nation known as Japan?

For instance, the southernmost and the northernmost islands,
the Ryukyus (Okinawa) and Ezo (Hokkaido), were only integrated
into Japan proper following the post-feudal Meiji Restoration in
1868. Then, in the Tokyo government's pell-mell modernization drive
to compete with the Western imperialist Great Powers, Okinawa and
Hokkaido were effectively used as guinea-pigs for Japan's
colonization program soon to be launched in Korea, Taiwan, and then
China.

Strangely, both Okinawa and Hokkaido are now the most popular
tourist areas of Japan. But ironically, as visitors sing their praises, the
local people's agony remains -- though neither tourists nor Tokyo
appear in the least interested in the inconvenient histories behind
that agony.

Un peuple sans memoire est un peuple sans avenir.
(A people without memory is a people without future.)

It was Aimé Césaire, a poet and politician from the French-colonial
Caribbean island of Martinique, who enlisted that rallying call of the
great French military hero of World War I, Marshal Ferdinand Foch,
to instead denounce European colonialism..

As news from around the world reminds us daily that colonialism and
militarism are still rife, we hear similar voices, too, from Okinawa.
Listening to them, and remembering, will help to chart the future.
[PR]
by k_nikoniko | 2013-03-19 22:13 | 掲載記事(2011~)

首相官邸前抗議『ビッグイシュー オンライン』

『ビッグイシュー オンライン』に、6月29日の「首相官邸前抗議デモ」が掲載されています。
[PR]
by k_nikoniko | 2013-03-03 00:31 | 掲載記事(2011~)

フランス、オーガニックショップが大賑わい『ビッグイシューオンライン』

『ビッグイシュー オンライン』に、「フランス、オーガニックショップが大賑わい」が掲載されています。
[PR]
by k_nikoniko | 2013-03-03 00:25 | 掲載記事(2011~)

フランス新閣僚の半数が女性『ビッグイシュー オンライン』

『ビッグイシュー オンライン』に、「フランス、パリテから10年、新閣僚の半数が女性」が掲載されています。
[PR]
by k_nikoniko | 2013-03-03 00:21 | 掲載記事(2011~)

活断層と富士山噴火の記事が『ビッグイシュー』に掲載

3月1日発売の『ビッグイシュー日本』の特集「動く大地を生きる」で、変動地形学研究者・渡辺満久さん(東洋大学)の「活断層」、と火山研究者・小山真人さん(静岡大学)の「富士山噴火」の記事を書きました。
[PR]
by k_nikoniko | 2013-03-03 00:14 | 掲載記事(2011~)

「せんきょCAMP」記事掲載のお知らせ

本日1月15日発売の『ビッグイシュー日本』に、「せんきょCAMP」の記事が掲載されました。
[PR]
by k_nikoniko | 2013-01-15 12:20 | 掲載記事(2011~)

オーストラリアのウラン輸出

『ビッグイシュー日本』電子版に「オーストラリアのウラン輸出」の記事が掲載されました。
[PR]
by k_nikoniko | 2012-11-30 08:52 | 掲載記事(2011~)