フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
こんな国際恋愛も…という話を..
at 2017-12-08 09:23
福島県大熊町の復興についての..
at 2017-10-24 20:00
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


女は武器を使いたいか?

突然の首相辞任にはあっけにとらたが、次の総裁が女性かもしれないという動きにも唖然とする。
なにより驚いたのが、「人材より女性であることのほうが大事」とのコメント。
一国のリーダーは人材で決めてもらわなければ困る。
女なら誰でもいいなど、女たちは思っていない。

一度、「若くて女性」という理由で、ある依頼を受けたことがある。
それでしか評価されていないように感じ、ショックだった。

ただ、それを利用して上昇気流に乗る女性もいるのは事実だ。
女性がのし上がるには、大きく2つのタイプがあると思う。

ひとつは、いわゆる色仕掛けを使うタイプ。
「涙」を使うのかもしれないし、もっと大胆な手段で迫る場合もある。
こういうやり方は悲しい。チープだ。

もうひとつは、人間的な魅力で、周りをうなずかせてしまうタイプ。
色気がないわけではなく、だからといって、やりすぎず、はかなすぎず。
母でもなく、妻でもなく、愛人でもなく、という多様なキャラクターで、ガツリと人心をつかむ。
こういう女性は、男性だけでなく、女性にも圧倒的に支持され、息の長い活躍をする。

ところで、「女の武器」という言葉があるが、これを使うのは、前者のタイプだと思う。
しかし、「武器」を使わなければ人を説得できなかったり、魅了できないのは、卑怯な感じ。
「女性の武器」とされているモノやコトは、本来、大切な人、愛する人のためのものであり、武器と同格にされるべきものではないはずだ。

どのような分野であろうと、「武器」は用いないほうがいい。

話は飛ぶけれど、戦う場での男女平等について、どうしても賛同できない。
女は武器など持ちたくない。私はそう思っているけど、違うだろうか。
「男は戦争、女は平和」という考えはステレオタイプとの批判があるが、女性が平和を望む体質だとしたら、それは肯定的に受け入れたい。
戦闘的な女性がいてもいいが、その人たちを正当化するために労力は使いたくないかも。

それよりも、武器を持ちたがる男性や女性に、戦うことの意味を考えてもらいたい。
戦う場での男女平等を主張するのは、先進国の女性たちではないかと思う。
そして、犠牲になるのは、たいがい途上国の女性たち。
女性の権利を主張するとき、恵まれた国に暮らす自分たちだけがよければ、それでいいのだろうか。
武器を向ける相手が権利を蝕まれている女性だとしたら、やはり私は武器を持ちたくない。
自分が権利を守ったことで、他の女性が犠牲になるのは耐えられない。
[PR]
by k_nikoniko | 2008-09-04 13:36 | ジェンダー
<< 西欧視点ではない女性の言葉 人生を分かち合う人 >>