フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


寒いけど心は…

今日の札幌は寒い!
歩くたびにキュッキュと雪が音を立てる日は、めちゃくちゃ寒い。
部屋に戻って、ストーブをつけて、お酒を飲んだら、やっと体が温まった。
ちなみに、灯油・ガス・電気代を節約するため、夜型から朝型にライフスタイルを変えた。
今年は(というか、冬だけは)規則正しい生活を心がけようと思う。
2008年もあっという間に過ぎていく。この9日間、邪念?と戦い、やっと落ち着いた。
いままで溜め込んでいたことを吐き出したら、とても楽になった。
追い求めていたものは、自分にふさわしいものではなかったみたい。
居心地のいい場所に戻り、心地いい人と過ごそう。もう背伸びはやめた。

サルコジ大統領の再婚話が、日本人にどのぐらい関係あるのだろうか。
と首をかしげながら、今朝のワイドショーを観ていたら、ひとつだけ、彼の言葉に感動してしまった。
「私も人間で、普通の人と同じように大切なこと、それは恋愛生活で…」とのコメント(正確ではないかも)。
生活において大切なこと、それは愛。
なんて言葉は、ここ日本では、恥ずかしくてなかなか言えない。
フランスにいたらサラリと言ってのけるのだろうけど、どっぷり日本人になった今となっては、非常に言いにくい。
でも、先日、Cちゃんと話していて、そんな感情がムクムクとわきあがってきた。
何のために平和を求めるか、何のために戦争に反対するか、何のために格差社会を憂うか。
市民運動の目的って何だろう、と話しているうちに、クリアになってきたのだ。
戦争のない平和で平等な社会になっても、難しい問題ばかりについて議論して、深刻なドキュメンタリー映画ばかり観て、ひとり寂しく生きるのなら、ちっとも楽しくない。
愛する人を理不尽な戦争で奪われたくないから、愛する人が生き生き働き評価されて欲しいから、平和で平等な社会になってほしい。
賢い人たちの理屈はもうどうでもよくなってしまった。
ただ単に、“愛し愛されて幸福になりたい”。だから、声を上げる。
というのは、わかりやすいし、多くの人が望んでいることではないかと思う。

漠然とした理想を求めるのではなく、「自分の愛する人」を「イラクのある女性(男性)の愛する人」と置き換えたら、感情移入もできるのではないだろうか。
今年はこんな風に、自分の目の高さで、社会を考えていきたい。
[PR]
by k_nikoniko | 2008-01-09 23:42 | ひとりごと
<< パレスチナ人と札幌で さあ新しい年! >>