フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


戦時中の少年の寄せ書き

お盆で親戚の家に行ったら、おじの遺品のなかに、「思い出」と記した少年時代の寄せ書きノートがありました。
おじが死んで25年以上経つのに、どういうタイミングか、今日それをはじめて見せてもらいました。
終戦の2~3年前ごろ、少年飛行兵学校を卒業するときに友だちが書いたもののようです。
少年たちの年齢は15歳ぐらいでしょうか。
誰ひとりとして、「また会おう」といった類のことは書いていません。
戦闘機に乗った男の子の横に「さようなら」と添えてある漫画ちっくなイラスト。子供っぽい絵と、死を覚悟した別れの言葉のアンバランスに、胸が痛くなりました。
中学生とは思えないほどの達筆で、次のような一文もありました。
「大君の御旗の下に死してこそ人と生れし甲斐はありけり」
「行く所は一つだ。死して靖国の御社で会おう」
自筆の寄せ書きは、彼らの声が聞こえてきそうなぐらいの生々しさです。
おじから戦争の話しなど聞いたことはありません。
自分の父親世代は、子供たちと戦争について語らない人が多いといえます。
私もまた、子供たち世代に語るには知っていることが少なすぎます。
戦争は遠い国のこと、ではないと、この寄せ書きが教えてくれたようです。

「春雨や 我等のうれしき外出も 降りてすごすは 何ぞくやしき」
遊びたい盛りの少年たちの”くやしさ”は、春雨に対してだけではなかったのではないでしょうか。
[PR]
by k_nikoniko | 2006-08-14 20:16 | 戦争
<< W杯の次は高校野球に声援 イギリスのテロ再び(2006年) >>