フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
南スーダンPKO派遣差し止め..
at 2017-03-03 11:39
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-02-24 11:36
約126万人が義務教育未終了
at 2017-02-16 13:11
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


ジョーン・スコットの返答

2011年6月22日のリベラシオン紙電子版に掲載されたジョーン・スコットの「回答」です。
4人のフランスの知識人による「フランス流フェミニズム:弁解の発言」への回答。
*意訳しています。誤訳はたくさんあると思います。 

私はクロード・アビとその仲間たちから、耳が聞こえない愚かな盲目で、彼らがそう呼ぶ「フランス流フェミニズム」を断じて弁護しようと生みおとしたエレガントな散文を理解できない人だと責められた。彼らの文章に添えられていたイラストは、主題の本質を強調していた。足で「ブルシット」と書きながら、逆さまにした本を手にして読んでいる女性(知らない人のために、「ブルシット」はフランス語で「ナンセンス」、もしくはもっとしとやかに言うと「くだらない」の意味)。真面目な知性の対立に常備された領域を不当に奪う軽蔑の好例だ。ところで、彼らの著述への批判は、誤った読解や記述の歪曲ではなく、根本的な哲学的不一致に基づいている。

まず、そしてこれが最も重要なのだが、この短文の署名者がフランスの統一されたフェミニズムの表明を主張するのは不可能だ、と私は提唱する。歴史的領域において、フェミニズムが国家のアイデンティティーだと言い張るのは間違っている。フランス流フェミニズムなど存在しない。フランスにおいても、他と同様に、フェミニズムはつねに複数であり、激しい議論を通過する。

それから、性と権力に関して同意しない。男女関係は行動面に従属し、その関係は政治領域の外に位置すると彼らは断言する。私の考えでは、それとは逆で、家族、カップル-結婚していようともいなくとも-が権力関係を及ぼす内部の社会制度であると断言する。レイノーの言うように男女関係が「平等の特殊な形」で特徴づけられるなら、社会制度はそれでも階級構造にとどまる。誘惑のやり方に欲望の熱狂を混合させ、もしくは、「ギャラントリ(フランス特有の女性への心づかい)が、……丁寧さ、尊敬、寛容さによって性の不平等を補う」と示唆して(レイノーのように)、これらの著述家は、バラでぼかしながら、不平等な力関係で生じる問題を不透明にしようとしている。

これらの問題は闘争の中心であり、体に縮小された女性を見るのを拒否しつつ、分離された扱いだけでなく、平等な扱いの恩恵に浴したいと要求したフェミニストたちに代々引き継がれてきただ。あらゆる領域で女性と男性が平等に扱われることを、女性たちは望んでいる。共和主義者の批判によると、女性たちは普遍主義者である。アビとその仲間たちが弁護している差異主義は、フランス・フェミニズムが非常に長い間闘っている不平等に根づいている。もし誘惑が男女関係のカギの理論を表現するのであれば、政界と社会生活-カップル関係だけでなく家族も-のすべての領域での不平等は、回避できない結果になる。


[PR]
by k_nikoniko | 2011-08-01 01:00 | ジェンダー
<< フランス流フェミニズムか新保守主義か フランス流フェミニズム:弁護の発言 >>