フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


フランスの高学歴女性は…

フランス国立人口問題研究所のシンポジウム(2000年)、Olivia EKERT-JAFFE(国立人口問題研究所の研究員)「家族の変化がもたらす経済への影響」の資料より。

高学歴の女性は結婚相手を見つけられない。
といっても、40年以上前の、ベビーブーマーの母親世代の話である。
フランスのベビーブーマーは1946~1965年生まれで、その母親といえば、現在70歳前後ぐらいだろうか。
1981年の調査によると、その当時45歳の大卒女性の18%が独身だったという。
全体では大卒女性の7%が独身。
ただ、若い世代にとっては、高学歴が結婚の障害にはなっていないとのこと。

ベビーブーマー世代以降については、学歴の問題は明記されていない。
フランスの40歳前後の世代にとって、女性の社会進出は普通であり、男性の意識も変化し、「自分より給料の高い女はイヤ」という男性は減少しつつある。

また、フランスでは、結婚するか同棲を続けるかを決めるのは女性。
シングルマザーを選択するケースが多い英米とは、大きな違いがある。
1994年の調査によると、カップルで暮らしはじめる場合、結婚しているカップルは13%。
ほとんどのカップルが、同棲から関係を深めていく。
働いていない女性は少数派で、そのうち44%が既婚者。
仕事を持たない女性が結婚する、という結果になり、働いている女性は、結婚以外の同居生活を試みている。


[PR]
by k_nikoniko | 2005-12-12 10:18 | 男と女
<< フランスの婚活事業 フランスの家族手当 >>