フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
こんな国際恋愛も…という話を..
at 2017-12-08 09:23
福島県大熊町の復興についての..
at 2017-10-24 20:00
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


柏崎刈羽原発ができるころ…

高校時代、新潟県で過ごした。高校は柏崎までは電車で1時間ぐらい。中越地震のときは避難所になった。
高校3年のある日、政治経済の授業(1時間めだったと思う)がはじまってすぐ、先生が、「僕はいま、柏崎の原発反対の座り込みから戻って来たばかり…」とやや興奮気味にしゃべりだした。
ノンポリ不真面目な高校生の私は、「なんだこの先生…」と冷ややかに見てた。「運動してる先生なんて、イヤかも」とも思った。
話の内容はほとんど覚えていないけど、「柏崎、原発、反対運動」はしっかりインプットされた。
その後、事故が起こるたびに、あのときを思い出し、無関心だったことを後悔する。



[PR]
by k_nikoniko | 2013-09-28 13:25 | 原発・核
<< ロンドンで教えてもらった葛飾北斎 気候変動問題、二極対立を超えた... >>