フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
南スーダンPKO派遣差し止め..
at 2017-03-03 11:39
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-02-24 11:36
約126万人が義務教育未終了
at 2017-02-16 13:11
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


『週刊女性』に集団的自衛権について書きました

昨日8月19日発売の『週刊女性』の「戦争を知らない安倍首相へ」特集で、集団的自衛権について書きました。
f0016260_08365895.jpg
文字数の関係で記事に入れることができなかったので、以下をつけ加えたいです。

集団的自衛権は「日本を守る」のを趣旨に、「日本と密接な関係にある国」が攻撃されたときに武力を行使するのを認めるものです。
憲法9条に違反するのではないか、との意見に対しては、憲法前文「国民の平和的生存権」と13条「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」を持ち出し、これらの権利を守るために、例外的に許されるとの解釈で切り抜けようとしています。
この国には、憲法前文「国民の平和的生存権」と13条「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」を奪われている人がたくさんいます。
戦争で日本を守るのではなく、優先されるべき課題は、日常生活における「国民の平和的生存権」と「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」を保障することにあると思います。

関連記事:自衛力の増強と「戦犯」

[PR]
by k_nikoniko | 2014-08-20 08:40 | メディア掲載記事(2010~)
<< 差別撤廃委員会で朝鮮学校問題を指摘 洞爺湖G8サミットは… >>