フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


都議会のセクハラ野次はダメで日常生活ではどうよ

都議会のセクハラ野次、もちろん由々しきことだけど、一般人の会社や飲み会の席でのセクハラはここまで大騒ぎにならない。
でも、圧倒的に多いのは、日常生活でのセクハラ。
日々の暮らしで浴びせられるセクハラ発言は、マスコミに取り上げられないし、さほど問題にもされない。
だいたい、セクハラを放置している土壌があるから、都議会でもこんな発言が出ちゃうのでしょう。
こういうことを言う議員は、生活の場においても、同じような態度なのだと思う。
公の場というのを忘れて、つい口が滑っちゃっただけで。
「女性の味方」として、このセクハラ野次を批判する男性も多い。
だったら、日常のセクハラ撲滅にももっと協力してね。
それが、こうした公人によるセクハラをなくす一番の方法だと思います。

[PR]
by k_nikoniko | 2014-06-21 09:34 | ジェンダー
<< 「慰安婦」は国策セクハラだと思う イラクは今 >>