フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
こんな国際恋愛も…という話を..
at 2017-12-08 09:23
福島県大熊町の復興についての..
at 2017-10-24 20:00
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


海外メディアで報じた舛添候補の女性蔑視問題

AFP通信が流した記事が、海外メディアのThe Japan Times(日本)、The Gaurdian(イギリス)、Le Monde(フランス)、Al-Jazeera(アラブ)に掲載されました。

東京の女性たちが、が、日曜日に投票が行われる東京都知事選でリードする舛添候補が1989年に「生理があるので女性は政治に向かない」との発言に抗議し、セックス・ボイコット(パートナーとのセックスを拒否する非暴力抗議行動)をはじめた。

「舛添要一に投票する男とセックスしない女達の会」と名乗り、ツイッターで拡散する東京拠点のキャンペーングループは、先週スタートしてすでに約3000人がフォローしている。

誰が立ち上げたかはわからないが、プロフィールでは、「女性に対してそのような侮蔑的な発言をする舛添候補に抗議するため立ち上がった。舛添氏に投票する男性とはセックスをしない」とある。

舛添候補(65歳)は、2001年に政治の世界に入る以前、テレビのトーク番組で有名になった政治学者で、ジェンダーの役割分担に対して非常にはっきりしたスタンスで知られている。

1989年、舛添氏は男性誌で、女性は生理のときイラつくので政府の重要レベルに女性を起用するのは適切ではない、と語っている。「女は生理のときはノーマルじゃない。そんなときに国政の重要な決定、戦争をやるかどうかなんてことを判断されてはたまらない」と舛添候補は述べている。

東京都知事選の16人の候補者はすべて男性で、その多くが60代もしくはそれ以上である。

さらに、別の舛添候補が都知事になることに抗議するグループが、水曜日にサイトを立ち上げた。このサイトには、1日で75000のアクセスがあり、2800人が署名している。

「舛添氏は女性の敵。彼は日本を愛していない。愛しているのは自分だけだ」とコメントしがあり、ツイッター・キャンペーンでは、「私は高齢の男性ですが、舛添氏の考え方は許せない」との投稿も。

高学歴であっても、日本の女性の多くは、子どもができたら仕事を辞めて家事や育児をするという社会的圧力が強く残っている。

重要な政治的ポジションに就いている女性は非常に少なく、安倍内閣の19人の大臣のうち2人だけであり、企業の重役は男性に支配されている。

先月のスイスのダボス会議でのスピーチで、安倍首相は2020年までに、指導的地位に占める女性の割合を30%にすると掲げた。しかし、ほとんどの出席者は、この目標は達成できないとみている。


[PR]
by k_nikoniko | 2014-02-08 09:51 | ジェンダー
<< 日本のジェンダー問題、なにかオカシイ 「赤ちゃんポスト」設置と当時の... >>