フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
こんな国際恋愛も…という話を..
at 2017-12-08 09:23
福島県大熊町の復興についての..
at 2017-10-24 20:00
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


モンゴルでのウラン鉱山開発プロジェクト

芝山豊さん(清泉女学院大学教授)から、モンゴルのウラン鉱山開発プロジェクトのお話を聞く。
2013年10月26日、フランスのアレバ、モンゴルの国営企業MonAtom、日本の三菱商事の調印式が行われた。
その記者会見で、三菱商事はウラン鉱山近くに空港を建設すると述べている。
「ウランだけでは採算がとれないので、インフラもセットにする」と芝山さんは言う。
日本ではほとんど報道されなかったそう(私もあまり覚えていない)だが、アレバはサイトで英語版ニュースリリースを公開している。カラーの超美しいプレスキットもダウンロードできる。
調印式には、三菱商事からCEO、フランスからはアレバのCEOに加え、ファビウス外相も出席(ちなみに、ファビウス氏は、1980年代にHIVウィルス感染血液が問題になったとき、首相だった人物)。
フランスは社会党政権になっても、原子力政策は変わる気配がない。


[PR]
by k_nikoniko | 2014-02-01 10:41 | 原発・核
<< 選挙に行こうね 都知事選直後の2014年3月1... >>