フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


強制採決は日常で起きているのだよ

こんなときにジェンダーを持ち込むな、と言われそうですが、持ち込んでいいタイミングをいつもはぐらかされるので、こんなときに。

「俺の言う通りにしろ!」と女性に強制する男性はかなりたくさんいる。
DV、セクハラ、ストーカー。
捕まるのは氷山の一角でしかない。最悪の事態になってから、ほんの一部の強制が発覚するだけ。
自分の思い通りに従属させ、所有したがる男性の多くは、捕まらないで普通に生活している。

「言う通りにしなかった」と、強制させられた側が被害を受けるのもよくある話。
強制させられた側は何も悪くないのに。

強制採決は日常生活で起きているよ。

たとえば、今夜の献立を決めるのは私たち女性かもしれない。
でも、もっと重大な決断、「放射能汚染されていても食品を流通させる」といった決断は、男性たちが中心になって行う。
そうした決定によって、汚染食品がスーパーに並び、私たちはそれらを買わざるをえなくなる。
これも強制。

こんな社会だから、国会で難なく強制採決されてしまうのではないかと思う。

「言う通りになるなんてヤダ!」という声は握りつぶされる。

女性が「私の言う通りにしろ!」と強制したら、男性はどうするだろうか?
攻撃する、せせら笑う、逃げる、無視する。
まともに話を聞いてくれる人はどのくらいいるだろう…。

これって、政治家や官僚の反応と同じじゃない?

そもそも、この国では、女性も男性も、女性が「私の思い通りにしろ!」と強制することを想定していない。
逆に、「俺の思い通りにしろ!」と強制する男性は、女性も男性もイメージできる。
本来は、女性も男性も、相手を強制してはいけないのに、こんな風に刷り込まれている。

これって、何なんだろう? そこから考えるべきなのだと思う。

不均衡な力関係が根強く存在するこの国で、民主主義をどう語るのか。

強制されるのは、女性ばかりではない。「女性」を少数民族、障がい者、男性に置き換えてもいい。
でも、強制する側は、たいがい「男性」。置換できないこともないけど、それはレアケースだ。

ジェンダーを持ち込まないで、この国を立て直そうというのは、虫が良すぎる気がしてしまう。


[PR]
by k_nikoniko | 2013-12-18 10:01 | ジェンダー
<< 「慰安婦」を撮りつづける安世鴻... フラマンヴィルで重大な事故 >>